2017年4月27日 (木)

同僚はウルトラマラソンランナー

Map_2

列島が行楽地に向けて民族大移動となるGWの真っただ中、5月2日~4日にかけて250kmのウルトラマラソン大会が行われるという。

場所は山口県の萩往還・・・毛利氏が慶長9年(1604)萩城築城後、江戸への参勤交代での「御成道(おなりみち)」として開かれ。日本海側の萩(萩市)と瀬戸内海側の三田尻港(防府市)をほぼ直線で結び、全長はおよそ53km。

1100146

江戸時代の庶民にとって山陰と山陽を結ぶ「陰陽連絡道」として重要な交通路であり、幕末には、維新の志士たちが往来し、歴史の上で重要な役割を果たしたそうだ。

Top_main_2

その歴史街道を舞台に、全国から健脚自慢が500人集い、昼夜を通して走り続ける超過酷なレースで、制限時間は48時間。

参加費は何と38,000円・・・これだけやるから走れって言われてもとてもできないよね(^^;)

我が同僚の送迎ドライバー、ヤマグチさんがこれに出場・・・彼は毎年参加を続け、今年が10回目。たぶんその世界では名の売れたランナーだろうと思う。

昨年は練習し過ぎて体調を壊し、不本意な結果に終わったということで、今年にかける意気込みはすごいものがある。一応の区切りをつけるつもりというから、ぜひ有終の美を飾って欲しいもの(#^^#)

42kmの普通のマラソンでもすごいのに、ウルトラマラソンは250km! 常人には信じがたい距離・・・大阪から浜松までぶっ通しで走るということだ(*_*) 世の中には凄ーーーい人がいるものだ。

坂本 洋

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

“反骨のジャーナリスト”郡山吉雄さん逝く

Img_7065_1_2

生き生き箕面通信」というブログを発信して来られた郡山吉雄さんが23日亡くなり、昨夜は通夜式。享年78歳・・・男性の平均寿命とはいえ、まだまだお若い。その辛口の硬派のメッセージを、もう聞くことも見ることもできないのは余りに残念でならない・・・(>_<)

世界最大の発行部数を誇る大新聞の記者として、長年活躍されたジャーナリスト。リタイヤ後は、悠々自適の身に安住することなく、永住の地箕面から、毎朝、時事・政治・環境問題など広範に渡る堂々たる論説を発信してこられた。

特に晩年は、極右に憑りつかれたかのごとき安倍政権の暴走に強い警鐘を打ち鳴らし、御用新聞と化したマスコミを鋭く批判・・・ご自身が在籍された新聞社への批判は特に熾烈を極めた。

B3a2627434c2872dfc624c69a5522ccb_3

郡山さんとの出会いは、世界的数学者で大道芸人としても有名なピーター・フランクルさんを箕面に招いた際だった。郡山さんの息子さんがピーターの弟子だと聞いて驚いたことを思い出す。

その後、箕面市長・市議選への関わりの中で、いろいろとご指導をいただいたが、不肖私は当然のことながら厳しいお叱りを頂戴することばかり・・・とにかくよく怒られた(>_<) 歯がゆさが我慢ならなかったことだろう。

そんな怖い郡山さんだったが、本当によく可愛がっていただいた。一緒に酒を飲み、政治を語るその眼は生き生きと輝き、まるで青年のようだった。

Ikiiki_2

昨年秋に末期ガンと診断され、毎朝欠かさず続けてこられたブログが滞るようになった。自らの決断で緩和ケア病棟へ入ることになり、ブログは2016年12月11日が絶筆となった。

亡くなる少し前の3月22日、Sご夫妻と一緒にお見舞いに行ったときは、かっての生気は失われていたが、穏やかな表情で迎えてくださって・・・最後のお別れができてうれしかった。

郡山さんの遺志を継ぐことなどとてもできないが、反骨のジャーナリストと同時代をご一緒できたことを心から光栄に思います。長年本当にお疲れ様でした<(_ _)>

坂本 洋

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

核保有国同士のチキンレースは止めてくれ(>_<)

000098680_640_2

北朝鮮建軍記念日の今日25日、核実験や弾道ミサイル発射など、安保理決議違反の行動に出た場合、アメリカは断固とした措置をとるという。

その中には、軍事的選択肢として先制攻撃も排除しない・・・米朝開戦かという恐ろしいシナリオがマスコミに踊っている。

空母カールビンソンが東シナ海を北上し、米韓合同軍事演習に加わり、それに自衛隊の艦船も合流・・・非常に緊迫した事態となっている。

シリアやアフガンと違って、朝鮮半島有事となれば北は国家存亡の危機・・・圧倒的軍事力を誇るアメリカに対し、勝ち目のない戦争を仕掛けられれば「死なばもろとも」しかない。

ありったけのミサイルや兵力を総動員して反撃に出ることだろうが、その全てを防御することなどできない。ソウルは火の海となり、中朝国境には膨大な難民が押し寄せ、半島は破局的事態となることだろう。

日本は、かっての朝鮮戦争のように対岸の火事を決め込めるのか? 日本列島には、54基もの原発が朝鮮半島に向かって標的のように並んでいる。通常のミサイルが一発でも当たれば原発は爆発し、列島はお終いだ・・・(>_<)

体制の存続のためにあらゆる手段を取る相手に対し、いかに米軍が強力でも限定的武力行使の効果は乏しい。

チキンレースは、どちらかが降りることが前提のゲーム。北もアメリカも降りられない場合の結果は? 

国際法を無視して、世界中に先制攻撃を繰り返してきたアメリカだが、核保有国には一度も攻撃したことはない。破滅的事態を招く恐れがあるからだ。

T_s0ek2adkyynitfuly9n5

地震じゃあるまいし、ミサイルから身を守るって? こんなお花畑で危機感を煽るより、平和的解決のために命懸けで外交努力をしろよなぁ~(>_<)

坂本 洋

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

ココロとカラダがよろこぶエベレストコーヒーって?

Img_2260

豊中駅近くにサパナという小さなコミュニティーレストランがある。運営するのはNPO法人TIFA(国際交流の会とよなか)・・・アジアを中心としたいろいろな国の日替わりシェフが、多国籍の家庭料理を提供する新しいスタイルのカフェ。

日曜日はお休みなのだが、昨日はサパナカフェが臨時営業。尊敬する友人のTさんが始めた、フェアトレードのエベレストコーヒーを飲みながら、産地ネパールの話を聞く集い・・・これは行かなくっちゃ。

Img_2252

Bn_reason

世界最高峰エベレストの麓、ネパール奥地ポカラ・・・厳しい山岳地帯の、限られた地域でのみ収穫される希少なコーヒー豆「エベレストコーヒー」は、珈琲道五十年の熟練焙煎士のお墨付き。あなたがまだ知らないコーヒーが、此処に在ります・・・という。

Img_2258_4

Tさんご夫妻が訪ねた工房では、現地のママたちが無農薬・完熟生豆のえり分け作業をしている。グローバル企業によるプランテーション栽培・安値買いたたきではなく、現地の人たちによる小さな工場で丁寧に作られる。

Coffee

国際交流を始めとして、平和や人権問題など八面六臂の活躍中のTさんに、もう一つ加わった「エベレストトレード」が輸入販売を手掛ける。「ココロとカラダがよろこぶコーヒー」って、いいよねぇ~(#^^#)

Everestcoffee

大手コーヒー会社とは違った、等身大の国際交流から生まれたエベレストコーヒー・・・その澄み切った味わいは格別だ(#^^#)。

Img_2262_3

あなたもいかがですか! 購入はこちらから!

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

新緑の里山歩いて、妙見山からエスペーロ能勢へ

Dsc09457_2

爽やかなお出かけ日和、新緑の里山歩きを楽しもうと妙見山へ。能勢の菊炭の原料に利用されたクヌギの台木が、ずんぐりむっくりの独特の形を残している。

Dsc09469

「日本一の里山」と、大層なキャッチフレーズが踊る黒川地区・・・杉やヒノキの植林ではなく、雑木林が四季折々の景観を見せてくれる。

Dsc09482

頭上を見上げると、一番小さいキツツキのコゲラ・・・ちょっとピンボケだ(^^;)

Dsc09528

冬枯れの里山に、パステルカラーの新緑が広がる・・・落葉広葉樹が見せる自然のキャンバスのようだ。

Dsc09521

山桜の巨木から、ハラハラと桜吹雪・・・。

Dsc09547

桜の森もエドヒガンは終わり、大島桜が散りはじめ・・・今シーズンは見頃を逃してしまった。

Dsc09599

見上げると逆さ虹・・・雨も降らないのに不思議な光景だ。

Dsc09622

妙見山にはブナの自然林が残る。新緑がうっすらと巨木に芽生えていた。

Dsc09636

新滝寺まで下り、奥の院へのハイキングコースに、「エスペーロ能勢」のポスター! 誰が付けたんだろうね( ̄▽ ̄) ハイカー御用達になるといいねぇ~(#^^#)

Dsc09639

Dsc09648

能勢町の地黄地区・・・のどかな田園風景が何とも心地よい。

Dsc09650

旧の能勢街道を降りたところが今日のゴール。

Dsc09652

Dsc09659

多国籍料理で、ペコペコのお腹にエネルギーを補給。

Dsc09660

窓から広がる景色も少しずつ緑が増えてきた。GWは通常通営業・・・能勢町がオススメですよ(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

山行きの相棒 DOBBY

Img_7047_2

糖尿病の薬代わりに山登りを始めて5年、もっぱら単独行の私だが、このほど可愛い相棒ができた。DOBBY・・・おもちゃのようなドローンだ。

手のひらに乗るサイズで、200g以下・・・航空法の規制を受けずに飛ばすことができる。

20170420_100829358

操縦はiPhoneでできるのがいいね(#^^#)

カメラも付いていて、それなりの画質で静止画とビデオ撮影ができる。

早速近くの公園で練習しているのだが、ゲームなどしたことがない不器用な私にとっては難しい(>_<) 何度か樹木に当てて墜落も・・・。

20170420_101220443

少し慣れてきて、このような写真が撮れるようになった。山頂に立った際、上空から別の視界での撮影ができるようになりたいと思うが、ミスをしてがけから落とせばパー・・・(>_<)

もっと上手に操縦できるよう練習中なのだが、ええ歳したオッサンが公園で遊んでいるのは恥ずかしいなぁ~(^^;)

猫の手倶楽部の田んぼでも、田植えや草抜きの様子を空撮したいとも・・・乞うご期待!(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

鯉“泳ぎ”の季節

Dsc09259_2

豊中市の天竺川の上空を鯉が泳いでいる。数年前から、地域のみなさんの手でこの時期に取り組まれるようになり、さわやかな風物詩となりつつある。

Dsc09255

これを写した19日は、列島を台風並みの低気圧が通過していった影響で、強い風に煽られて気持ちよさそうだ(#^^#)

Dsc09273

Dsc09279

昔は子どもの日に合わせ、家々に鯉のぼりが上げられたものだが、団地やマンションではそれもままならない。

押し入れに眠っている鯉のぼりを持ち寄って、川に渡したロープにつるせば鯉たちもうれしそうだ。ただ・・・都会の三面がコンクリートで覆われた「川」では窮屈だよなぁ~(^^;)

20150501no012

20150501no022

二年前、高知県の黒潮町を訪れた際、広々とした田園風景の中を流れる川の上を悠々と泳ぐカツオと鯉の川渡し・・・これは素晴らしかった。(#^^#)

Dsc09295

いよいよGW間近、百花繚乱と新緑の季節・・・服部緑地ではチューリップが満開だ。

Dsc09303

連休とは無縁の介護業界だけれど、休みの日にはじっとしてはおれないなぁ~(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

戦場からしか見えない戦争のリアル・・・西谷文和さん

Dsc09320_2

憲法で戦争を放棄した日本だが、安倍政権は国の基本法を無視するかの如く、米軍に追随して戦争する国に前のめり・・・トランプ政権の瀬戸際政策によって、朝鮮半島有事が現実の脅威になりつつある(>_<)

そんな中豊中で、政党や組織の枠組みを超えて共同行動を積み重ねてきた市民グループが緊急集会を開催。「戦場ジャーナリスト」として、命懸けで世界を取材し続ける西谷文和さんを迎え、戦争と日本政府の関わりを話していただいた。

Dsc09325

200名近くで満員の会場、西谷さんは自ら取材したアフリカ・中東の「戦場のリアル」を、映像とともに凝縮して熱く語る。

Dsc09347

「戦争法」で無理やり可能にした「駈けつけ警護」だが、南スーダンって?

Dsc09341

何もないところに紛争は起きない。油田利権を巡る種族対立の背後にアメリカがいる。

しかし、欧米は派遣していない・・・アフガン、イラク戦争の泥沼で懲りた米軍は、日本や韓国にそれをやらそうと・・・。

Dsc09343

従来から民間支援を続けてきた日本のNGO・・・自動車修理技術や道路整備など、現地の事情に寄り添った支援でなければ根付かない。

軍服を着た自衛隊では上手くいかず、結局撤収することに・・・全員の無事帰還を願うばかり。

Dsc09344

戦争には理由がある。グローバル企業の利権獲得を隠すために、ウソやでっち上げから始まる・・・イラク戦争のきっかけになったクエートの少女の証言は、後にウソだったことが判明。フランスでの同時多発テロも、オランド政権の行き詰まりを隠す宣伝に利用された。

Dsc09366

ウソで始まる戦争は儲かる・・・GPS誘導ミサイルは一発一億円。戦闘機は数十億から百億円以上・・・壊せば壊すほど儲かる企業がある。そんな殺人兵器の開発・輸出を、「成長戦略」の柱にしようという安倍首相・・・これでいいのか!

Dsc09406

森友学園問題や、大臣の不祥事が続いても高止まりの支持率・・・絶望的な状況に見えるが、現実にはアベノミクスは格差を飛躍的に拡大し、新たな段階の安全保障とは、アメリカ軍の身代わりに自衛隊を投入しようということ。

意図的に流される「どうでもいいニュース」にうつつを抜かしていると、えらいことに・・・(>_<) 

忘れない あきらめない だまされない これが大切と西谷さん。これしかないよね。

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

能勢町議会選挙に立候補した大平喜代江さんのポスター貼り

Dsc09225_2

米作りの猫の手倶楽部で30年通い、今年からはエスペーロ能勢という古民家カフェがオープンした能勢町・・・豊かな自然が残る純農村地域は、貴重な大阪の宝物。その能勢町で町議会議員選挙が始まった。

Dsc09217

Dsc09220

女性の政治参加を応援する連れ合いは、つながりのネットワークから出会った大平喜代江さんの選挙ボランティアに駆け付けた。

Dsc09242

定数12名の能勢町議会、唯一の女性議員として活動してきた大平さんは、元校長先生・・・つちかってきた知識と経験を活かし、「女性の視点を能勢町へ!」と再選を目指す。

Dsc09233

組織ではなく、市民が支える議員、特に数少ない女性議員を増やそうと、数々の選挙に関わってきた私だが・・・広ーーーい町内の掲示板を探してうろうろ。棚田の美しい景観に見とれてしまう(^^;)

Unnamed

Dsc09231

50か所の掲示板を二組で分担。能勢町在住の友人と二人で貼って、何とか午前中に終了・・・しかし、一か所貼り忘れがあった。私としたことが・・・申し訳ありませんでしたm(__)m

Dsc09234

12名のポスターしか貼ってない・・・無投票かと思われたが、午後になって13番目の立候補者が現れ、選挙が行われることになった。

地縁血縁が色濃く残る「ムラ型選挙」・・・地域のしばりも強い。男性中心の議会に、女性の視点で風穴を開けて欲しいもの。

Img_7053

ポスターを貼り終えて戻る途中、偶然に選挙カーに遭遇。「がんばってください!」と手を振ると、「ありがとうございます!」と一オクターブ高くなったウグイスさんの声が帰ってきた(#^^#)

Dsc09249

連れ合いは選挙カーにも乗り込んで、できる限りのお手伝い。私は義母の食事作りなど「後方支援」に努めることに。

再選はもちろん、ぜひ上位当選を目指して欲しいもの(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

シングルマザーの一人っ子が中学生に

Sodatekata_2

若い介護職の女性はシングルマザー、一人息子と暮らしている。

私も母子家庭だったので、折々に子育ての相談に乗ってきた。もちろん専門家ではないので、経験に基づくアドバイスぐらいしかできないのだが(^^;)

小学校低学年のころは可愛いだけ・・・聞いていて微笑ましいばかりだったが、高学年になるといろいろ悩みが出てくる。

朝起きない、いうことを聞かない、宿題をしない、祖父母に悪態をつく・・・まあ、反抗期だからねぇ~(^^;) 気のやさしい彼女が怒っても全く効き目がない。

親に反抗するということは、それだけ成長した証だから・・・無理に押さえつけずに、任せるのがいいのでは? 心配しながらも見守ることしかできないからねぇ~。ただし、本当に叱らなければならない時には本気で・・・などと。

息子にとって母親は絶対的な存在。どんなに反抗しようと、マザコンの引力からは逃れられないのだ・・・私がそうだった(^^;)

先生に逆らってばかりいた息子さん、小学校の卒業式前日に若い担任から電話がかかってきた。「またなにか問題を・・・」と心配する彼女だが、「先生から君がクラスをまとめてくれって頼まれた」と・・・悪さばかりしていたが、見るところはちゃんと見られていたわけだ(#^^#)

そんな息子さんがこの春中学生に・・・卒業式、入学式はウルウルだったことだろう。

「中学時代は荒れるよ」と脅しておいた( ̄▽ ̄)

急速に親離れが強まり、いろんな友だち付き合いが広がり、思春期にも・・・心配事はつきないけれど、心配しながらも見守る他ないんだよねぇ~(^^;)

Gatag00008388_3

さしあたって、弁当作りが増えて朝がまた忙しくなったが、弁当についてコミュニケーションが増えたそうだ。「弁当男子」っていうのもいいかも・・・とアドバイス。

そろそろ子離れの時期。仕事と家事の他、自分の世界を見つけないと・・・ね(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«エスペーロ能勢は野の花の春