« 2015年 新年のご挨拶 | トップページ | 新年早々桑田佳祐にノックアウト »

2015年1月 2日 (金)

雨ニモマケズって・・・

Poem2

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを 自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり そして忘れず

野原の松の林の陰の 小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば 行って看病してやり

西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず 苦にもされず

そういうものに わたしはなりたい

・・・余りにも有名な宮沢賢治の残したコトバ・・・知識や能力は何のために使うべきかを今も読む人に迫ってくる。

本来、政治家や学者が肝に銘じておくべきだと思うが・・・今では間逆になってしまったようだ。

たった一人で全国を飛び回り、「放射能汚染から子どもたちを守ろう!」と訴え、“とりあえず自民以外で!”を少しでも進めるため、ヨリマシ候補の応援に声をからす。

『放射脳』と馬鹿にされながらもめげず、権力には鋭く立ち向かい、弱い人々に寄り添う・・・「政治家が目的」ではないほとんど唯一の例外・・・山本太郎は『絶望の国のかすかな希望』だ。

坂本 洋

|

« 2015年 新年のご挨拶 | トップページ | 新年早々桑田佳祐にノックアウト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/60908106

この記事へのトラックバック一覧です: 雨ニモマケズって・・・:

« 2015年 新年のご挨拶 | トップページ | 新年早々桑田佳祐にノックアウト »