« ニュースを見るのが恐ろしい・・・ | トップページ | 積極的平和主義とは »

2015年1月29日 (木)

「普通の国」になんかならなくていい・・・

201501260007015a1_2

後藤健二さん解放の期限とされる28日を過ぎ、その後の進展が非常に心配だが、まだ朗報は届いていない。

Twitterでは「既に捕虜ではない」とか、「開放された」とする書き込みがあるようだが真偽は定かでない・・・。

フランスの新聞社へのテロに抗議して一気に世界中に広がった「I AM CHARLIE」を模して、「I AM KENJI」というボードメッセージが広がっている。マスメディアに独占されていた情報発信が、このようにネットワークで草の根的に広がるのが今の時代の特徴・・・その影響が大きいだけに、内容や使い方が心配になるが・・・。

戦後70年、軍隊を外国に出さず、他国で一人も殺さず・殺されずに来た日本が大きく変わろうとしている。憲法九条の解釈を変えて、アメリカと共に国際紛争に関るのだそうだ。

紛争解決のために軍事力を行使するアメリカの、後方支援ができるようにすることが「テロとの戦い」に勝利し、積極的に平和に貢献するという・・・本当にそれでいいのか?

「地球儀を俯瞰」すれば、日本は「辺境」・・・大陸の東の果てに連なる小さな列島であることが分かる。古来、大陸から逃れた人類の種族が流れ着いた「世界の果て」だったわけだ。

地震、火山噴火、台風に繰り返し繰り返し襲われ続ける島国・・・もうその先に逃れる地はない中で、つましくも生き続けてきた「特殊な国」、それが日本だ。

武力による威嚇・行使をしない「特殊な国」・・・それは日本人のDNAと合致しているのではないか? 朝鮮出兵、中国侵略から太平洋戦争・・・軍事力で海外に出て行った結果はみな惨憺たる結果に終わっている。安倍氏の妄想にお付き合いなど真っ平御免こうむりたい。

平和貢献に徹する・・・アフガニスタンで奮闘する中村医師によるペシャワール会という格好のお手本もある。

「平和ボケ」の「特殊な国」で行きましょう!

坂本 洋

|

« ニュースを見るのが恐ろしい・・・ | トップページ | 積極的平和主義とは »

コメント

賛成です!
為政者の都合の良い「普通」や「常識」に疑問を持たず、唯々諾々と進むのは危険です…お米の一粒一粒がしっかり立って美味しいご飯になるように、一人一人がしっかり立って「特殊な国」に なりましょう!scissors

投稿: | 2015年1月29日 (木) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61051783

この記事へのトラックバック一覧です: 「普通の国」になんかならなくていい・・・:

« ニュースを見るのが恐ろしい・・・ | トップページ | 積極的平和主義とは »