« 小学生の“鳥博士”ぶりにビックリ! | トップページ | ニュースを見るのが恐ろしい・・・ »

2015年1月27日 (火)

マイ 火鉢ライフ

01270979b8f57d5f96179c5d49a1cf558_2

今シーズンから登場したわが家の火鉢、湯沸しにスポット暖房に、そして餅焼きに・・・それなりに活躍している。何よりも、赤く燃える炭火がなんとも心地よい(*^_^*)

Hibashi

「火箸が売ってない」と書くと、早速FBつながりの友人が買い求めてプレゼントして下さった。有りがたいことだm(__)m

後は鉄瓶が欲しいんだけど・・・メチャ高いからねぇ~(^_^;)

炭をいろいろ試しているが、黒炭・白炭・マングローブ炭、そしてオガ炭などがあるようだ。

Dsc_0065_2

池田の菊炭、岩手切炭など、炭といえば黒いこの炭。

Img10622053053

白炭と呼ばれるのが有名な備長炭・・・高温で焼くため非常に固く火持ちが良い。

ただ、どちらも普段使いの炭としては高価で、しかも着火に時間がかかる。

Binchotanmorisita3

バーベキュー用としてホームセンターで売られているマングローブ炭・・・何より安く、簡単に火がつく。ただし、炭焼きが不十分で煙や臭いがひどいのが多い(>_<)

413qbtmkefl

そこでこのオガ炭という“オガくずで作った備長炭”を試してみた。

本物の備長炭より格安で臭いもない・・・でもやっぱり見栄えがねぇ~(^_^;)

20130513_123145

結局、岩手切炭に落ち着きそうだ。

ちなみに、『一酸化炭素警報機』というのもあるようで、こちらも常備しないとね。

田舎育ちの私、子どものころはカマドで飯を炊き、七輪で煮炊きするのが日課だった。サンマの塩焼きなど、「料亭並みの贅沢」だったわけだ(^_^;)

朝火を付けると、一日中持つ練炭火鉢も重宝したものだ。冬には豆炭アンカをタオルで包んで布団に入れて・・・「不便さ」を懐かしく思い出すが、スローライフとしてまた見直されつつある。

Img_1800

もう直ぐ節分から立春・・・正月飾り用の梅のつぼみが開いた。今年は梅の開花が早そうだ。

坂本 洋

|

« 小学生の“鳥博士”ぶりにビックリ! | トップページ | ニュースを見るのが恐ろしい・・・ »

コメント

昔、学校の石炭ストーブに使ったらしい鉄瓶を骨董屋さんで求めたのですが、錆びを取るには毎日使うことが必須ですけど、震災以来は地元の薪も炭も使えずで(;_;)
もし、手入れをいとわないのなら、古くてもいいのなら差し上げますが、福島のはお嫌でしょうか?

投稿: 空 | 2015年1月27日 (火) 07時45分

空さん
ありがとうございます。福島のものがイヤだなんてとんでもないです。
高価なものですので、頂いていいのか・・・恐縮します(^_^;)

投稿: 坂本 洋 | 2015年1月27日 (火) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61042017

この記事へのトラックバック一覧です: マイ 火鉢ライフ:

« 小学生の“鳥博士”ぶりにビックリ! | トップページ | ニュースを見るのが恐ろしい・・・ »