« 野鳥観察の季節 | トップページ | カワセミ、アオバト、コゲラ・・・アイドルたちが初参加の友人をお出迎え »

2015年1月10日 (土)

能勢の剣尾山の雪景色をどうぞ

P1090006_2

最近は雪が降っても犬が喜ぶことはなくなったようだが、山好き写真好きの私にとっては嬉しい季節。遠くまで出かけなくても雪景色が楽しめると、能勢の剣尾山へ出かけた。

低山の里山だが、所々に巨岩が転がっているのが魅力・・・古来から行者信仰で賑わってきたようだ。“大日如来坐像”は見上げるような岩肌に彫られている。

P1090046

しめ縄を巻かれた大木がそそり立っている。

P1090063

スパッと鉈で割ったような岩壁・・・自然への畏敬の念を抱くのにふさわしい山だ。

P1090050

“理源大師坐像”はロープをよじ登らないと拝めない場所に。

P1090095

突然平らな岩場がせり出し、眼下に能勢の集落が開ける。減反の田んぼに太陽光発電のパネルが広がっていた。

P1090103

“風の峠”というオシャレなネーミングの尾根を過ぎるころから雪が深くなってきた。

P1090139

道端にはワニが雪の中で眠っている(*^_^*)

P1090156

“六地蔵”も傘が欲しそう・・・。

P1090174

平安・鎌倉時代、剣尾山には“月峰寺”というお寺が栄えていたという。重機もヘリも無い時代、どのようにしてこんな山の上に巨大な寺院を建造したのか・・・すごい話だ。

P1090188

粉雪が舞い、あたりは一面の銀世界。

P1090191

普段とは違った風景に見とれながら、ひたすらシャッターを切る。

P1090198

剣尾山の山頂に着いたときには私独りだったが、やがて団体さんがやってきた。雪の中でぜんざいパーティーを始めるという(*^_^*)

P1090206

早々にお暇し、北側の尾根道を下る。雪は20センチくらい積もり、アイゼンを付けていても時折滑ってしまう。

P1090219

P1090223

P1090254

P1090260

素晴らしい景色を楽しみながら、ゆっくりと静かな雪道を歩く。

P1090267

標高が700mほどと低いので、霧氷や樹氷は望めないが、風で吹き付けられた雪が枯れ木に花を咲かせたよう・・・自然のなせる芸術だよね。

P1090271

5時間ほど歩き、麓の能勢温泉へ。

冷え切った体に熱いお湯が有り難い(*^_^*)

坂本 洋

|

« 野鳥観察の季節 | トップページ | カワセミ、アオバト、コゲラ・・・アイドルたちが初参加の友人をお出迎え »

コメント

不見識で、能勢と言う地名は初めて知りました!どの辺りを指すのですか?
標高700m位で、この雪景色は日本海側でしたでしょうか?

投稿: | 2015年1月10日 (土) 07時39分

空さん

大阪府の最北端で京都府や兵庫県との県境にあります。中山間地の農村地帯、猫の手倶楽部の田んぼも能勢町にあります。
大阪の北海道といわれるほど、冬の冷え込みは厳しく、近畿の最低気温を記録することもしばしば・・・。

若狭湾からの雪雲が流れ込み、標高の割にはこのような雪景色が楽しめることもあります。
福島の寒さとは比べ物にならないでしょうが(^_^;)

投稿: 坂本 洋 | 2015年1月10日 (土) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/60949862

この記事へのトラックバック一覧です: 能勢の剣尾山の雪景色をどうぞ:

« 野鳥観察の季節 | トップページ | カワセミ、アオバト、コゲラ・・・アイドルたちが初参加の友人をお出迎え »