« 大寒に 小さい春の ナバナかな | トップページ | 激減したロシアからのお客さん・・・ただし野鳥のお話 »

2015年1月21日 (水)

とうとう“テロの標的”となった日本

000038425_2

イスラム国に拘束された二人の日本人の衝撃的な映像によって、日本中に激震が走った。とうとう「平和国家日本」も直接テロの標的にされるようになってしまった。

テロリストのメッセージを見ると、従来の身代金目当ての誘拐とは異なり、明らかに日本の立ち位置の変化に対する警告であり、安倍首相のイスラエル支援に合わせたタイミングといい、イスラム国の情報戦略の「実力」を伺わせるものとなった。

「地球儀を俯瞰する外交」、「積極的平和主義」・・・ことばは美しくても、その実態は米軍の下請けとなって世界中に出て行くということ。

「平和ボケ」とののしられようと、70年間軍隊を出さず、外国で一人も殺さず・殺されず・・・経済大国でありながら軍事行動に参加しない「平和国家」を止めるということだ。

全てのテロの根底には、貧困や格差とともにイスラエルのパレスチナ侵略がある。欧米諸国の思惑で、長年住んできたパレスチナ人を追い出し、一方的にイスラエルを建国。住むところを奪われた人々の抵抗をブルドーザーと銃で踏み潰し、僅かに残った自治区にも、入植という形で侵略を繰り返す・・・。

それを支援するアメリカ、黙認する欧米諸国に対する反発が、尽きないテロのエネルギーとなっている。

そんなイスラエルに対し、日本は手を汚していない数少ない先進国。石油欲しさもあって、等距離外交を続けてきたが、安倍首相の集団的自衛権行使容認によって旗幟鮮明になってしまった・・・いくら声明で、「2億ドルの支援は平和的なものだ」といっても・・・。

二人の解放を願うばかりだが・・・状況は非常に厳しい。

「テロに屈しない」ことと、「テロとの戦い」はイコールではない。軍事力でテロリストを叩いても、報復の連鎖がエスカレートし、世界中に拡散するだけだ。

武器で平和はつくれない。暴力で抵抗を屈服させることはできない・・・。

今回の事件は衝撃を与えたが、中東で“ええかっこ”している安倍首相は、沖縄の辺野古ではイスラエルと同様、抵抗する住民を暴力で追い出そうとしている・・・アメリカにいい顔をするために、気に食わない人々を押しつぶす・・・これは決して遠い国での話しではない(>_<)

坂本 洋

|

« 大寒に 小さい春の ナバナかな | トップページ | 激減したロシアからのお客さん・・・ただし野鳥のお話 »

コメント

全くです!

投稿: 空 | 2015年1月21日 (水) 07時32分

この前のフランスの事件の時もそう感じたのですが私は戦争とテロは同じだと思っています。
テロが悪くて空爆で多くの人を殺すのは正しいなどという理屈が通るでしょうか?
一方的に西欧諸国が正義でイスラム国が悪であると浮かれていては平和への道を誤ることになります。(報道の論調を見ていて残念に思います)
さて、我々に何ができるかということですね。どちらか一方の立場に立っていてはもつれてしまった糸を解くことはできません。
白か黒かでしか行動しない鈍感な政治家どもはともかく、紛争地域から遠く離れた国の一市民としては非暴力(反戦反テロ)の旗をいまこそ高く掲げるべきでしょう。

投稿: 本町住人 | 2015年1月21日 (水) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61006963

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう“テロの標的”となった日本:

« 大寒に 小さい春の ナバナかな | トップページ | 激減したロシアからのお客さん・・・ただし野鳥のお話 »