« いただいた鉄瓶のその後は? | トップページ | 快晴・微風・・・絶好の雪山でユーターンとは »

2015年2月21日 (土)

チューリッヒ美術館展その後 春節祭

P2200030_2

印象派からシュルレアリスムまでの傑作70点以上を“いっき見”、と銘打ったチューリッヒ美術館展・・・モネ、シャガール、ピカソといった20世紀美術の巨匠たちの作品を一同に集めた大型美術展を見に神戸市立博物館へ。

Castellzurich

分からないなりに美術展に出かけるようになって5年ほど、やはり印象派以降の個性あふれる画家が好きだ。

Zurich_03

ゴッホの作品は2点のみ。“サント=マリーの白い小屋”は、南仏の輝く光の中でゴッホの心も輝いているようだ。

0185f2cd82b70ab5f2ba479ccf6c34fa7_3

絵の中に入ったように撮れるコーナーで、ちょっぴりアルル気分(^_^;)

Img_1_m

最も好きな画家の一人シャガール。“パリの上で”は、明るい優しさに包まれて空に浮かぶカップル・・・見ているこちらまで心温かくなる。

Img090

一方で“戦争”・・・シャガールの見た戦禍に苦しむ人々は、イラクやシリアの今の姿と重なってしまう(>_<)

P2200015

六甲下ろしがまだ肌寒い中、早くもチューリップが咲くプロムナードを歩いて南京街へ。

P2200032

旧正月を祝う春節祭が華やかに開催中。

P2200053

広場では二胡(にこ)という中国楽器の演奏や、中国人歌手による演歌など・・・♪川の流れのように・・・と、見事なものだ。

P2200059

正月休みを利用して日本観光に訪れている人々で街路は埋まっていた。高校生のお兄ちゃんたちがバッチリ決めてポーズを取り、それを日本人カップルがシャッターボランティア・・・いいね!

01b520b165643e69714bdbf44de78534291

お腹が空いた私は傍のお店でランチ。青島ビールとシュウマイでお昼からほろ酔い気分(*^_^*)

22日(日)には龍の舞いも見られるようだ。

坂本 洋

|

« いただいた鉄瓶のその後は? | トップページ | 快晴・微風・・・絶好の雪山でユーターンとは »

コメント

さすがに神戸は国際都市scissorsいい企画がありますねぇlovelyチューリッヒと言うのはスイスでしたか?ならナチスから亡命してたクレーの作品が多くあるのでは♪と思いますlovely
ゴッホの件の絵は全く知りませんでしたが、精神の明るさも感じられる良い絵ですねぇlovely
シャガールは私も大好きです!未だ名前も何も知らない時に美術の教科書で一目惚れしたのはルオーの「老王」とシャガールの不思議な絵でした(*^_^*)
愛妻ベラ一筋だったことも、心地良いエピソードでもありました…ナチスが、戦争の狂気が、彼らの芸術を迫害しました(`ヘ´)…戦争は悪です!決して起こしてはいけません!許しては駄目です!

中国の春節の行事が日本のそれと当たり前のように共存する神戸は素敵ですo(^-^)o

投稿: | 2015年2月21日 (土) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61170188

この記事へのトラックバック一覧です: チューリッヒ美術館展その後 春節祭:

« いただいた鉄瓶のその後は? | トップページ | 快晴・微風・・・絶好の雪山でユーターンとは »