« Message for peace 豊中から世界へ | トップページ | 地球儀より歴史を俯瞰する外交を »

2015年2月 4日 (水)

追い払う野鳥 殺しあう人間

P2020012_2

自然界にエサが少なくなるこの時期、庭に置いたエサ台は大賑わい。

P2020019

慎重なスズメが一羽二羽・・・と飛んできて、狭い台の上はスズメたちで一杯に。

P2020006

群れだから仲良く食べるかというと、決してそうではない。しょっちゅういがみあってケンカしている。

P2020017

しかしその“紛争”が激しくなってとことん闘うわけではない・・・いまいがみ合った同士が並んでエサをついばむ。

P2020032

そんなにぎやかなエサ台にヒヨドリがやってきて、大きくくちばしを開けてスズメたちを一喝・・・悠然と好物のミカンを食べ始める。

雑穀が主食のスズメ、果物を食べるヒヨドリ・・・それぞれ食べるものが違うわけだから、別に追い払う必要はないと思うが(^_^;) 縄張り意識が強いのだろう。

P2020030

大きなヒヨドリとエサが競合するのがメジロ・・・ケンカでは勝ち目はないが、決して諦めずヒヨドリの隙をうかがって傍の茂みに。すばしっこい動きでミカンに取り付き、ちゃっかり果肉をゲットしている。

自然界の生存競争は厳しい! 

弱肉強食の食物連鎖の中、勢力誇示と縄張りの維持が生存競争には欠かせない。

しかし、人間以外の生き物は無駄な争いなどやっている余裕はない。競争相手や敵は追い払えばいいわけで、決して追いかけて殺すような無駄なことはしない。

弱い生き物たちも、巧妙に強い敵から逃れ、隙間に隠れながらちゃっかり獲物をくすねたりしている。

しかし人間だけは・・・徹底的に敵を追いかけ、殺すだけでなく根絶やしにまでしようとする・・・愚かなことだ(>_<)

坂本 洋

|

« Message for peace 豊中から世界へ | トップページ | 地球儀より歴史を俯瞰する外交を »

コメント

本当にヒヨドリは交通整理のお巡りさんよろしくぴぴびピピピと笛を吹き、仲よく(かな?)餌を漁っているスズメ達を追い払うのですよね?…「アメリカみたい…」と思うことも?…あ、独り言です~smile

投稿: | 2015年2月 4日 (水) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61082257

この記事へのトラックバック一覧です: 追い払う野鳥 殺しあう人間:

« Message for peace 豊中から世界へ | トップページ | 地球儀より歴史を俯瞰する外交を »