« 雨の日は本にどっぷり | トップページ | 欲しかった鉄瓶・・・何と! いただいてしまった »

2015年2月 1日 (日)

三峰山の霧氷は吹雪の中

P1310001_2

奈良と三重の県境にある三峰山(みうねやま)は霧氷で有名。“霧氷祭り”開催中ということで、早朝から多くのハイカーがやってきていた。

P1310007

杉の人工林の登山道はよく整備され、積雪も少ないが寒い。そして風が強い。

P1310012

山頂付近は雪化粧・・・これは霧氷が期待できるかな。

P1310017

P1310021

高齢者のグループが多いが、みなさんかなりの重装備。登山用ポールを持たないのは私ぐらいのもの。カメラがメインの私は手袋も薄い毛糸・・・これが拙かった(^_^;)

P1310028

尾根道に差し掛かると急に風が強くなる。吹き付けられた雪で枯れ木に花が咲いたよう。

P1310030

お地蔵さんも寒そうだ。

P1310051

積雪も深くなり、あたりは一面の銀世界に。

P1310060

P1310064

美しい景色だが、風がさらに強くなり、体感温度は冷凍庫の中(>_<) 指先が痛くなってシャッターが押せないほど・・・。

P1310073

ようやく標高1235mの三峰山山頂に到着。しかし吹雪いて何も見えない。

P1310082

一瞬だけ陽がさし、雪雲の中から下界が顔を見せた。若者グループから歓声が上がった。

P1310087

吹雪の中、手が凍えそう・・・早々に八丁平という広場へ移動。

P1310093

霧氷が重なって、エビの尻尾のようになるというが・・・とてもゆっくり見る余裕はない。

P1310095

P1310098

P1310100

天気が良ければ素晴らしい景色なのだろうが、風はさらに強くなり、吹き飛ばされそう。

P1310103

直ぐに何も見えなくなる。こんな環境で道に迷ったら確実に遭難だよね(^_^;)

P1310107

とても食事どころではなく、深い雪の中をアイゼン付けて早足でひたすら下山。指の感覚がなくなり、アイゼンの紐が緩んでも閉めなおすこともできない・・・参ったなぁ~(>_<)

P1310141

何とか無事下山。麓のみつえ青少年旅行村も吹雪きが舞っていた。

P1310144

薪ストーブが有り難い(*^_^*)

P1310145

ここで温かい豚汁とおでんでようやく一息ついた。

御杖村(みつえむら)には村営の姫石の湯という天然温泉がある。冷え切った身体を解凍するには熱い湯が一番だよね。

今までで一番寒い登山だったなぁ~。

坂本 洋

|

« 雨の日は本にどっぷり | トップページ | 欲しかった鉄瓶・・・何と! いただいてしまった »

コメント

百メートル標高が上がる度に 単純に考えて0、6度ずつ、風があれば体感温度が極端に下がりますからねぇ!
10度以上は低かったのでしょうか?
寒風に曝されても、行きたいのですよねぇsmile
分かります(^_^)v

投稿: | 2015年2月 1日 (日) 09時19分

空さん
霧氷も積雪も想定内。ただ吹雪が酷すぎました。
手の防寒対策を考え直さないといけないようです(^_^;)
昨夜、鉄瓶が届きました。年季を感じる重厚な立派なものですね。本当にありがとうございますm(__)m 大切に使わせていただきます。

投稿: 坂本 洋 | 2015年2月 1日 (日) 13時17分

使わないでいたので、錆が戻っていますshockお手数でも使ってやってくださいませ
昔は二重編みの毛糸の手袋が温かくて重宝されてましたが、今はフリースですかね?

投稿: | 2015年2月 1日 (日) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61066684

この記事へのトラックバック一覧です: 三峰山の霧氷は吹雪の中:

« 雨の日は本にどっぷり | トップページ | 欲しかった鉄瓶・・・何と! いただいてしまった »