« 追い払う野鳥 殺しあう人間 | トップページ | 早くも梅が開花 »

2015年2月 5日 (木)

地球儀より歴史を俯瞰する外交を

Images_2

後藤健二さんが殺害されたのに引き続き、捕虜になっていたヨルダン軍兵士の殺害映像をイスラム国が公開・・・直ちにヨルダンは死刑囚の処刑を発表。テロと報復のエスカレートという最悪の事態になってしまった。

イスラム教の教えとは無縁の、残虐非道な行為に対しては、全世界から非難が浴びせられ、イスラム教徒も強く抗議している。

その裏で、イスラエルのパレスチナへの大量殺戮や、シリアのアサド政権の反政府勢力への残虐な攻撃はほとんど報道されない・・・。

イスラム国誕生のきっかけになったアメリカのイラク戦争・・・大量破壊兵器がなかったにも関らず、イラクをめちゃくちゃに混乱させた責任をアメリカは謝罪していない。

これら欧米諸国のご都合主義へのうっぷんや怒りが、イスラム国のエネルギーになっていることは紛れのない事実だ。

そんな中、安倍首相の中東訪問。“地球儀を俯瞰する積極的平和外交”・・・言葉は美しくても、近隣諸国に相手にされない安倍氏のスタンドプレーによって、戦後営々と築いてきた“平和国家日本”が危機に陥ってしまった。

昨日、高村副総理が、「後藤さんの行動は蛮勇」と批判したが、日本人が人質になっているこの時期に、「イスラエルを訪問することはテロリストに間違ったメッセージを与えることになるので慎重に」と安倍首相に進言すべきだったのではないか?

「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる」という、亡くなったワイツゼッカー大統領の言葉は安倍氏にこそふさわしい・・・中東でも極東でも、「地球儀を俯瞰」するより、「歴史を俯瞰」することから始めるべきだ。

坂本 洋

|

« 追い払う野鳥 殺しあう人間 | トップページ | 早くも梅が開花 »

コメント

あの私利私欲丸見えの選挙の為に、人質が拘束された事実を隠した罪、わざわざ火に油を注ぐような敵対国への税金を放出した援助と発言、「後藤さんと湯川さんを殺したのは安倍首相だ!」の意見が、あちこちから出ているけど、本当に私も「何かおかしい?!」とハラハラとした思いでした…(-.-;)まるで待ってました!というような報復宣言に、「戦犯!」の意識が拭えませんでした…(∋_∈)
あの人は日本をどうする積もりなのでしょうか?怖い!です。

投稿: 空 | 2015年2月 5日 (木) 08時39分

反省するどころか、改憲のための国民投票までしようというのですから、あいた口がふさがりません。

投稿: 山田隆志 | 2015年2月 5日 (木) 08時57分

そうですよね。
今朝も国会質疑で「自衛隊の増強が必要になるが、今では4次募集までかけないと集まらない、なんとするか?」などと、いざ、復讐
戦にむかわん、てな感じのあきれた質問を
している女性がいた。
こんな人を一刻もはやく追い落とすことですね。

投稿: あね | 2015年2月 5日 (木) 10時32分

自慢できるのはエリートの家系だけ・・・というおぼっちゃん。前のめりでそれいけどんどんと「官邸クーデター」。
少し前の自民党には、戦争体験をしっかり受け継いだ保守派がいたのだが、すっかり影が薄くなってしまった。こんな時こそ保守派が冷静に諭すべきだと思うが・・・(>_<)

投稿: 坂本 洋 | 2015年2月 6日 (金) 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61087325

この記事へのトラックバック一覧です: 地球儀より歴史を俯瞰する外交を:

« 追い払う野鳥 殺しあう人間 | トップページ | 早くも梅が開花 »