« 早くも梅が開花 | トップページ | 白い山 碧い湖 黄色い菜の花 »

2015年2月 7日 (土)

六甲山上は霧氷の花盛り

P2060063_2

立春を過ぎて、早くも梅が咲き始めた下界を離れ、霧氷を求めて六甲山へ。

阪急神戸線御影駅を降り、白鶴美術館横から始まる石切道・・・近世から昭和初期まで、六甲山の花崗岩を切り出して、御影の浜から関西各地へ積み出していたという。“御影石”というブランドは今でも残っている。

P2060047

牛車に載せて山道を運ぶ・・・今では想像もできない苦役だったことだろう。

P2060032

石を割るノミの跡が生々しい巨石がごろごろ・・・往時をしのばせる光景が残っている。

P2060062

曇り空が晴れて、久しぶりの冬晴れ。青空が心地よい。

P2060083

中腹にかかると残雪が固まって氷りついている。この分では霧氷も期待できそう。

P2060077

ハイカーもいない静かな雪の道、小動物の足跡が点々と・・・。

P2060140

P2060141

山頂近くになると、枯れ枝に氷が張り付いてオブジェが。

P2060165

上り詰めると一気に白銀の世界。

P2060166

P2060177

P2060205

空気中の水分が枝に凍り付いて霧氷の花が!

P2060192

見下ろす神戸の海は光の春でキラキラと輝いている。

P2060193

自然のなせる芸術にしばし見とれるが・・・とにかく寒い(>_<)

堪らず、そばにあるカフェに逃げ込んでホッと一息。ストーブが有り難かった。

P2060223

“氷瀑”で有名な“紅葉谷ルート”は台風被害で通行止め・・・諦めて“有馬三山”への尾根道を下る。

P2060238

裏六甲だけに残雪が深く、アイゼンを付けても滑りそうになる。

P2060231

P2060244

P2060256

相変わらず誰にも出会わない静かな雪道、たっぷりと写真を撮りながら、なごりの雪景色を堪能。

P2060270

15キロほどの山道、後半になってからの有馬三山のアップダウンはかなりキツイ(>_<)

ようやく有馬温泉が見えてきた。暖かいお湯に浸かっての、“解凍”が楽しみだ(*^_^*)

坂本 洋

|

« 早くも梅が開花 | トップページ | 白い山 碧い湖 黄色い菜の花 »

コメント

本当に、冬山を歩いた後の温泉は「解凍」と言う言葉が実感出来ますよね~♪
でも、其処此処に春の気配が感じられて、冬を惜しむ気持ちと春を待ちわびる気持ちと交々の複雑な感じですねぇ!

投稿: | 2015年2月 7日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61096938

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山上は霧氷の花盛り:

« 早くも梅が開花 | トップページ | 白い山 碧い湖 黄色い菜の花 »