« 日本中に自粛と同調圧力・・・これが自由と民主主義の国か? | トップページ | 断崖絶壁に深い雪 雪彦山はハードでヘビー(>_<) »

2015年2月13日 (金)

イマドキ中高生の昼食事情

20141201175651_v80jjnps_2

17歳を頭に、3人の子どもを育てるアラフォーのお姉さん・・・若さと元気の塊のようなシングルマザーだ。送迎に向かう車内での会話。

「今日は学校休みやけど、昼食はどうしてるの?
「冷蔵庫にあるもの食べたり、コンビニで“一人鍋”やラーメン買ってそれぞれ勝手にやってるから楽ですわ~。後でレシート見せてきっちり請求しますけど(笑)」

コンビニ全盛の世の中・・・便利だけど添加物だらけのファストフードは少し心配。一番下の中学生の娘さんに話すと、「そんなもん、私らが大きくなるころには何でも直す薬が発明されてるから大丈夫や。そのうちガンもなくなる」と・・・(^_^;)

まあ、無邪気なのはいいけど、この子たちが我々の年齢になるころはどうなっているか心配になる。

若い介護職にはいつも、「食べもの買うときは裏見んとあかんよ。成分表にはくさるほど添加物が書いてある・・・なるべく少ないものを選んだほうがいいよ」というのだが・・・(>_<)

「コンビニや外食ばかり食べてると濃い味に慣れてしまうからなぁ~」というと、「そういえば家の料理は味が薄いっていいますね」と・・・。

Pop

日本食が世界中で注目され、ユネスコの文化遺産に登録されたが、その足元で和食は“絶滅危惧種”に?

坂本 洋

|

« 日本中に自粛と同調圧力・・・これが自由と民主主義の国か? | トップページ | 断崖絶壁に深い雪 雪彦山はハードでヘビー(>_<) »

コメント

粗食でも純粋なものを食べて育った明治世代は丈夫で長生きして、育ち盛りの時に戦争で栄養不足が戦後は紛い物で暮らして来た大正昭和世代は病に冒され易かったですねぇweep
これだけが全てではないけれど、身近な人々を観てきた感想です!
…人が人らしく健やかに生きる為に「平和と家族への愛(=手料理)」が大切なものでは?と実感として思いますscissors
金に目が眩んだ、高度成長期、所得倍増政策、バブル、勝ち組負け組…色々ありましたけど、結局残ったのは弊害だけでしょう?経済的にだけ考えるとコンビニ&スーパーに依存した食生活は何?トレンディ?経済的?余暇の有効利用?…へっ!…プラスチックごみの増大、子供の不良化、家族の断絶等々、手を省いて得たつもりの余暇と一緒にとんでもないモンスター共が付いて来ますぜぇ!
…コホッ!あら、私としたことが、ホホホ…私もモンスターでしたsmileばあちゃんモンスター(o~-')b

投稿: | 2015年2月13日 (金) 08時41分

いやぁ〜舌好調ですね〜(≧∇≦)
団塊世代は成長期に粗食に耐え、添加物もないまともな和食で育ちましたが、団塊ジュニアは既にコンビニ世代・・・その子どもたちには和食は過去のもの。末恐ろしいですが、欧米からの逆輸入には弱い点が微かな希望でしょうか?

投稿: 坂本 洋 | 2015年2月13日 (金) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61128161

この記事へのトラックバック一覧です: イマドキ中高生の昼食事情:

« 日本中に自粛と同調圧力・・・これが自由と民主主義の国か? | トップページ | 断崖絶壁に深い雪 雪彦山はハードでヘビー(>_<) »