« 探鳥会も講演会もペケ・・・不本意な一日 | トップページ | デイサービス送迎車が脱輪 その時運転していた若者は? »

2015年3月16日 (月)

里は春、山上はまだ冬の眠りの六甲山

P3150023_2

“梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波”・・・『摂津名所図会』で謳われた神戸市東灘区の岡本。かっては村中に梅の木が植えられ、梅の名所として有名だったとのこと。

災害と戦争で当時の面影は全くなくなり、わずかに岡本公園梅林が残るのみ。

P3150004

P3150011

P3150015

海を見下ろす高台の梅林では、早朝からボーイスカウトが清掃活動をしていた。

P3150026

八幡神社横の登山道を登る。

P3150034

曇り空、今にも降り出しそうな生憎の天気で、ハイカーもほとんどいない静かな山道。

P3150028

松の木に細かい筋が入れてある・・・松ヤニを採る細工が残っている。

P3150043

梅が満開になった下界と異なり、まだ冬の眠りの中にある山道、わずかに馬酔木の花が咲いていた。

P3150053

神戸の海も霞んでいる。

P3150059

クマザサの生い茂る西おたふく山コース。時折ウグイスの鳴き声が春の訪れを知らせている。

P3150072

ブナは枝先に芽吹きを膨らませ、

P3150067

タラの芽は鋭い針を怒らせる。

P3150088_2

ヤシャブシの実は黄緑が濃くなった。

P3150084

冬枯れの中でも、少しずつ春の準備が進んでいる。

P3150080

いつもにぎわっている六甲最高峰・・・霧に霞んで寂しげだ。

P3150091

岡本からの登り道で追い越したおじさんにここで再会。ポリ袋の中はゴミで一杯になっていた。

謙虚さがにじみ出ているようなおじさんに、「お疲れ様です。僕もいつかはやらんとアカンと思っているんですけど・・・」と言い訳(-_-;) 頭が下がるなぁ~。

P3150098

台風被害で所々大規模な崩落が・・・。

生憎の天気で写真も映えず、魚屋道の下山は最速の一時間。

P3150105

有馬温泉はいつもと変わらぬにぎわい。金の湯の熱いお湯が心地よかった。

坂本 洋

|

« 探鳥会も講演会もペケ・・・不本意な一日 | トップページ | デイサービス送迎車が脱輪 その時運転していた若者は? »

コメント

有名な有馬温泉は六甲山山麓にあったのですね?いい年して知りませんでした(/_;),恥)
ブナの芽吹きが始まっているのですねぇ!
今年は間に合わないけど、来季こそ見に行きたいです~♪

投稿: | 2015年3月16日 (月) 09時31分

ふゆめがっしょうだん…写真絵本ですけど、ご存知でしたか?
年取るのは初めてなので(皆だけどsmile)戸惑うことばかりで
ついこの間まで山々を歩いていた感覚が抜けなくて苦労していますweep

投稿: 空 | 2015年3月16日 (月) 09時38分

リハビリは順調に進んでいますでしょうか。また山にお出かけになれるよう願っております。

植物の冬芽はどれも個性的・・・顔に見えたり、人形のようだったり。
常緑樹にはない面白さですね(*^_^*)

投稿: 坂本 洋 | 2015年3月16日 (月) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61288802

この記事へのトラックバック一覧です: 里は春、山上はまだ冬の眠りの六甲山:

« 探鳥会も講演会もペケ・・・不本意な一日 | トップページ | デイサービス送迎車が脱輪 その時運転していた若者は? »