« 山の辺の道・・・お彼岸に奈良の里山をてくてく散歩 | トップページ | 多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ »

2015年3月22日 (日)

豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう!

P3210130_2

統一地方選挙を一月後に控えた21日、豊中市議に再選をめざす熊野以素(くまの いそ)議員を励ます集いが行われた。

数少ない無所属・市民派の女性議員、しかも福祉と子育て・教育の専門知識を持つ論客として、圧倒的な存在感を示してきた熊野さん、「ぜひ再び議会で活躍を!」 と、多くの人々が応援に駆け付けた。

P3210034

政党や党派に属さない無所属だと質問時間はわずか10分・・・限られた時間の中に具体的な介護現場の生の声を盛り込み、思いを込めて熱弁・・・聴くものの心を打つ。

P3210070

高校教師として30年のキャリアを持つ熊野さん、ボードを前に議会の様子の特別授業・・・

P3210109

議論のない議会、質問さえも職員任せの議員もいる?

P3210151

膨大な資料を読み込み、職員と十分な議論を重ね、現場の切なる声を届けながら少しずつ改革を進めてきた。

P3210169

豊中市に限らず、どこも財政難に苦しむ自治体・・・今や、外部委託から行政の仕事をどう守るかに汲々としているところも多い。

そんな流れの中、次々と切り捨てられる福祉や子育て予算・・・「改革のための改革」? と、本末転倒する主張を意気揚々と語る若手議員も増えた・・・弱者イジメが世にはびこるのが心配になる(>_<)

しかし、行政の仕事は「本当に困っている人を放っておかない」ことのはず。その意味でも女性議員がもっと増えないとね・・・36人中たった6人では(>_<)

P3210182

“体動かし”で背伸びと指体操・・・お茶ブレークで一休み。

P3210267

後半は“手作り選挙”に向けての事務局からのお願い・・・前豊中市議の坂本やすこが、選挙はがきやポスター貼りのマニュアルをもとに詳しく説明。

P3210269

P3210277

政党や組織に頼らない市民派の選挙は全て手作り・・・頼りになるのは小さな市民のつながりだけ。でもそれだけにやりがいもあり面白い(*^_^*)

P3210292

応援コーナーでは、熊野さんが心から尊敬する恩師の暖かいメッセージがあり、緊急通報装置や高齢者マンション問題などでの熊野議員の活躍を称える声が・・・「こんな現場を分かった議員はいない!」に一同納得。

P3210319

教え子たちのつながりも心強い・・・教師の強みだよね。

数十年を経ても、当時のままの“熱血先生”は健在・・・「先生、ガンバッて!」と熱いエール。

P3210358

長年連れ添ってこられた夫さんが、“婦唱夫随”の内幕を暴露・・・「このエネルギーは家の中には納まりきらない、ぜひ議会で大いに発散を!」と。

P3210393

最後に三重県から駆け付けたという友人の音頭で“一本締め” よーーーいパーン!

30%と低すぎる投票率の豊中市、その分組織候補が実力以上に多すぎる。36人中公明党が9人も! これは日本一の公明党占有率では?

近年、若手議員や候補の派手な動きも目立つ。格差社会が広がる中、生活保護バッシングに執念を燃やす・・・他に追及することがあるやろ(^_^;)

この20年以上、市民による手作り選挙をプロデュースしてきた私だが、ストレスでドクターストップが掛かって後方支援に。後援会長として奮闘する連れ合いにぜひお力を m(__)m

坂本 洋

|

« 山の辺の道・・・お彼岸に奈良の里山をてくてく散歩 | トップページ | 多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61318233

この記事へのトラックバック一覧です: 豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう!:

« 山の辺の道・・・お彼岸に奈良の里山をてくてく散歩 | トップページ | 多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ »