« 多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ | トップページ | 小さな図書館が2周年 »

2015年3月24日 (火)

どれだけ沖縄をイジメ続けるのか・・・「取り戻す!」日本に、沖縄は入っているのか?

B63reapccae_wsm_2

翁長沖縄県知事が、辺野古基地建設に向けての工事に待ったをかけた。県が現地調査を行い、その結果次第で埋め立て承認を取り消すこともあり得るという思い切った内容だ。

“辺野古基地は許さない”というオール沖縄の強い意志に逆らって、前知事が退任直前に“最後っ屁”のように勝手に認めた埋め立て承認・・・これに対する、行政としてのギリギリの重い決断をしたものだ。

住宅街のど真ん中にあり、“世界一危険な飛行場”といわれる普天間基地。移転は当然だが、「最低でも県外」というのも合わせての沖縄の強い意志だ。そんなに必要なら本土に造ればいい・・・。

安倍政権は、これまでも強引に辺野古への基地建設を求めてきた。金で頬を張るような露骨な利益誘導を行い。反対する翁長知事には会おうともしない・・・わがままな“小皇帝”らしい、大人げない恥ずかしい対応だ。

どこまでアメリカに従属し続けるつもりか・・・「『日本を取り戻す』という言葉の中に、沖縄は入っていますか」と・・・これはまた、我々本土の人間にも向けられた言葉だ。

「押しつけ憲法」を改訂し、「戦後レジュームからの脱却」を掲げ、「ニッポンを取り戻す」と威勢のいい安倍首相・・・それなら、真っ先に取り戻すべきは『主権』だろう! 

沖縄だけでなく、首都東京は巨大な米軍基地に取り囲まれ、上空を日本の飛行機は飛ぶことができない。旅券もビザもなしに自由に出入りするアメリカ人・・・日本に何人のアメリカ人がいるか外務省は全く把握もできない・・・未だに「占領状態」にあるのが現実なのだ。“日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか”(矢部宏治著)

尖閣諸島を巡る中国との軍事衝突に備え、米軍の支援を得るためにも辺野古基地が必要って? 

今や“戦略的パートナー”となった中国との戦争など、アメリカは絶対にするつもりはない。子分の「破格の貢物」はありがたく受けるが、「図に乗るなよ!」との恫喝も付いている。

イジメとネグレクトに悩みながら、沖縄の人々の孤独な闘いは続く・・・我々にできることは、『安倍にNO!』だよね!

坂本 洋

|

« 多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ | トップページ | 小さな図書館が2周年 »

コメント

法治国家!と口を開けば判で押したように繰り返す大臣たち…自分で矛盾に気付いてないのかしらねぇ?

投稿: | 2015年3月24日 (火) 17時32分

全く・・・勝手なものですよねぇ~(>_<)

投稿: 坂本 洋 | 2015年3月24日 (火) 19時15分

取り戻したいニッポン、というのはいつの時代のことをいっているんでしょうか。まさか「八紘一宇」が声高に叫ばれた時代のことではないでしょうね。

投稿: 山田隆志 | 2015年3月24日 (火) 21時18分

山田さん
首相の取り巻きたちは保守というより極右・・・戦前の皇国史観に戻りたいようですよね・・・(>_<)

投稿: 坂本 洋 | 2015年3月25日 (水) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61328759

この記事へのトラックバック一覧です: どれだけ沖縄をイジメ続けるのか・・・「取り戻す!」日本に、沖縄は入っているのか?:

« 多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ | トップページ | 小さな図書館が2周年 »