« 豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう! | トップページ | どれだけ沖縄をイジメ続けるのか・・・「取り戻す!」日本に、沖縄は入っているのか? »

2015年3月23日 (月)

多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ

P3220209_2

黒豆で有名な丹波篠山・・・北にそびえる山並みを“多紀アルプス”と称している。岩場のスリルと山頂からの360度の眺望、さらに吉野大峰山の僧兵に滅ぼされた山岳仏教の跡を偲び、静かな山歩きを楽しんだ。

P3220004

見過ごしそうな登山口に、民家の脇道から入る。

P3220026

いきなりの急坂を登ると明るい雑木林の尾根道になる。汗ばむような陽気で風もなく、静かな山道にシジュウカラの鳴き声が響く。

P3220034

大岳寺(みたけじ)跡・・・平安末期から鎌倉にかけて、山岳仏教が栄んだった時代、こんな山の中に巨大な寺院があったという。丹波修験道の中心で、一時は吉野大峰山より栄えたが、本山の大峰からの登山催促に応えなかったため怒りを買い、300人の僧兵によって焼き滅ぼされたという。

はるばる奈良から丹波まで、焼き討ちに来る僧兵というのにもあきれるが・・・宗教を巡る対立は昔も今も変わらない?

P3220073

三岳(御岳)山頂からは北摂・多紀・丹波の眺望が広がる。

P3220076

東の急な長ーい坂を下り、鞍部に県道が通る大たわへ。

P3220096

振り返ると三岳山頂が見える。広がる雑木林は、新緑や雪の季節も美しいことだろう。

P3220119

道路を渡って今度は“小金ヶ岳”を目指す。逆方向から下って来るグループなど、一気にハイカーが増えた。

P3220132

小金ヶ岳の魅力は荒々しい岩場・・・700mほどの低山ながら、険しいコースは“多紀アルプス”と呼ばれて多くの登山客を引き付けている。

P3220145

クサリ場・・・この危なさがいいんだよなぁ~(*^_^*)

P3220149

P3220174

よじ登ると断崖絶壁から絶景が広がる。

P3220199

こちらも360度の眺望が楽しめる。黄砂の影響で霞んでいるのが残念(^_^;)

P3220202

登山道が交差する山頂はハイカーの交流の場。みなさんお弁当を広げて情報交換と自己紹介で盛り上がっている。

P3220207

のどかな陽気で心も軽くなるようだ。

P3220215

みなさんと別れ、急坂の下山ルートに。岩場と崩落個所が多く、慎重に足場を選ぶ・・・これも楽しみの一つ。

P3220219

“福泉寺跡”・・・こちらも古の大寺院だったが、吉野大峰の僧兵に焼かれて、僅かに礎石が残るのみ。

P3220228

石仏がぽつんとたたずんでいた。

P3220242

雪景色は終わり、新緑にはまだ早い季節・・・寂しいけれど静かな山歩きもまた楽し。

今週からは桜だよねぇ~(*^_^*)

坂本 洋

|

« 豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう! | トップページ | どれだけ沖縄をイジメ続けるのか・・・「取り戻す!」日本に、沖縄は入っているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61323924

この記事へのトラックバック一覧です: 多紀アルプス・・・岩場と眺望と山岳仏教の跡を楽しむ:

« 豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう! | トップページ | どれだけ沖縄をイジメ続けるのか・・・「取り戻す!」日本に、沖縄は入っているのか? »