« 海の見える公園で梅を見る人たちを写す | トップページ | 土俵が乾かないため稽古ができないって? »

2015年3月 1日 (日)

装備を買って雪の蓬莱山に再挑戦

P2280031_2

琵琶湖の北にそびえる比良山系の蓬莱山、日本海からの冷たい湿った風が大量の雪を降らせる。深く積もった雪に歯が立たず、先週は途中でUターン(>_<)

P2280004

10本爪のアイゼンとスノーポールなど、雪山歩きの装備を買って再挑戦。

P2280035

はるかに見える蓬莱山、このあたりからなだらかな尾根道になるのだが雪は深い。

P2280060

踏み跡を慎重に選びながら進む。時折ズボッと踏み抜いた穴が残る。

P2280084

風もなく穏やかな林の中、枝先には新芽が出番を待っている。

P2280097

陽が差すと、白いキャンバスに自然のオブジェが映し出される。

P2280118

既に季節は春・・・溶けだした雪が所々クレバスを作っている。

P2280124

振り返ると、西には比叡山が霞んでいる。

P2280136

東に山頂が見えてきた。

P2280169

琵琶湖に向かって深く切れ込んだ絶壁・・・雪崩よって崩落が進んでいるようだ。

P2280192

P2280198

柔らかな曲線が美しい・・・これも大自然のアートだよね(*^_^*)

P2280242

小女郎ヶ池で昼食。冬山の名残を楽しもうと、たくさんのハイカーがやってきていた。

P2280253

ここで和カン(輪カン)というカンジキに履き替え・・・昔ながらの雪山歩きの道具が意外と重宝されている。これだと柔らかな新雪の上でも歩くことができる。

P2280255

琵琶湖に向かって張り出す絶壁を覗き込み、

P2280266

見上げる山頂の雄大な景色に見とれ、雪山を満喫・・・なにより天気に恵まれた。

P2280271

P2280274

P2280279

P2280317

ようやくたどり着いた蓬莱山の山頂は、琵琶湖バレーというスキー場。

P2280333

ゲレンデに作られたジャンプ台では、スノーボードの若者が大空にジャンプ! 琵琶湖に向かって飛ぶ・・・というのが魅力なんだろうね(*^_^*)

P2280340

スキー場の横を通るのは山ガール山ボーイたち・・・一世代上だよなぁ~(^_^;)

P2280378

未熟者にも雪山の魅力を堪能させてくれた天候に感謝感謝!

坂本 洋

|

« 海の見える公園で梅を見る人たちを写す | トップページ | 土俵が乾かないため稽古ができないって? »

コメント

無事に生還出来て良かったです~♪
暖かくなれば、雪崩の心配が出てきて、自然は一刻一刻変化していて、生き物だ!と思ったことがありますshock

投稿: | 2015年3月 1日 (日) 10時19分

たまたま好天に恵まれましたが、山の天気は変わりやすいので無理は禁物ですよね。
確率的に言えば、交通事故に会う方が山での遭難よりはるかに高いのでしょうが・・・(^_^;)

投稿: 坂本 洋 | 2015年3月 1日 (日) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61211389

この記事へのトラックバック一覧です: 装備を買って雪の蓬莱山に再挑戦:

« 海の見える公園で梅を見る人たちを写す | トップページ | 土俵が乾かないため稽古ができないって? »