« “さよなら原発”関西アクションに参加・・・世の中は忘れても放射能は消えない! | トップページ | 東日本大震災と原発事故から4年 »

2015年3月10日 (火)

過去と向き合う国 目をそらす国

As20150309002518_comm_2

ドイツのメルケル首相が来日し、安倍首相と首脳会談。“共通の価値観”を共有する両国・・・というが、映る風景は真逆のようだ。

ホロコーストの原罪を背負い、繰り返し繰り返しユダヤ人をはじめ欧米諸国に謝罪し続けるドイツ。片や“不都合な真実”から目を背け、時代錯誤の歴史修正主義にこだわり、世界から嘲笑と強い警戒感を持って見られる安倍政権。

近隣諸国の首脳には会ってもらえず、頼みのアメリカからは強ーーーい恫喝を受ける。それでは、と近づいたロシアのプーチン政権はウクライナ問題で世界から孤立。

そこで向かったのは世界から孤立するイスラエル・・・力んだ前のめりのパフォーマンスで、日本をテロの対象国に陥れた。

東日本大震災と福島原発事故に衝撃を受け、2020年までに原発を全廃する決断をしたドイツに対し、当事国である日本では、たった4年で早くも“脱『脱原発』”・・・成長のためには『原発』が欠かせないと、再稼働へ突っ走る日本。放射能を垂れ流しながら『原発輸出』に狂奔する・・・狂気の沙汰としか思えない。

第二次世界大戦の敗戦国でありながら、戦後の目覚ましい経済発展で世界の経済大国になったドイツと日本・・・これからは『脱原発』で世界をリードする絶好のチャンスだと思うが、アベノミクスに浮かれる首相にはその気はなさそうだ。

いつまでこんなグロテスクな歴史修正主義の原理主義男をのさばらせておくつもり? それでも世論調査では「他の内閣よりよさそう」って・・・情けない(>_<)

坂本 洋

|

« “さよなら原発”関西アクションに参加・・・世の中は忘れても放射能は消えない! | トップページ | 東日本大震災と原発事故から4年 »

コメント

批判はするけど、手を繋ごうとしない人たち…人に対する信頼感が持てないのか、彼らに取って左翼はステータスに過ぎないのか、疲れ果てているのか、現在のままで良いはずないのに、批判するだけで満足しているのかなぁ?と思うことすらある(-.-;)

投稿: | 2015年3月10日 (火) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61258083

この記事へのトラックバック一覧です: 過去と向き合う国 目をそらす国:

« “さよなら原発”関西アクションに参加・・・世の中は忘れても放射能は消えない! | トップページ | 東日本大震災と原発事故から4年 »