« 土俵が乾かないため稽古ができないって? | トップページ | 荒汐部屋 ようやく土俵が使えるように・・・ »

2015年3月 3日 (火)

幼い子どもが行方不明に

01c2e5f26004613b5897dcc1bc063887d_2

マスコミで大きく報道されている通り、2月28日(土)の夕方から、6歳の子どもが行方不明になっている。

託児施設の職員が気が付かない間に外に出てしまったらしく、裸足で薄着のまま・・・既に2日以上が経過しているだけに非常に心配な状況。

職場のすぐそばでの出来事だけに、情報提供を呼びかけるチラシがあちこちに貼られている。

場所は豊中市にある服部緑地に隣接する住宅地、車の往来は盛んだが、人通りはほとんどない。もっとも、緑地は朝早くから暗くなるまで、散歩やジョギングする人でにぎわっているので、幼い子どもが裸足でうろうろしていたら直ぐに目につくことだろうが・・・。

現場には報道各社の車が集まり、昨日は緑地の中を大勢の機動隊員が棒を手に捜索。集落を私服警官が聞き込みをするというものものしい状態になっていた。

軽度の障害があり、今までも何度か勝手に外に出ようとしたことがあったという・・・そのあたりの対策が十分だったのかどうか・・・。

もう20年以上前のことになるが、障がい者の作業所の人たちを能勢の里山にお連れしたことがあった。山菜パーティーを楽しんで、さあ帰ろうというときになって一人の女性が居ない! 彼女の場合も、じっとしてられなくて勝手にどこかにいってしまう・・・わかっていながらの不注意。

真っ青になって周辺を捜したが手がかりはなし。警察や消防団にもご協力をいただいて山狩り・・・大事になってしまった。

一晩中広範囲に探し回ったが分からず・・・胸が痛くなる思いのまま夜が明けた。

すると、山の上からゆっくりと彼女が下りてくる! 信じられないが本当だ。どこにいたかはわからないが、とにかく無事見つかった! 思わず涙が込み上げてきた・・・。

彼女の場合は幸い無事見つかったが、失踪はちょっとした不注意や偶然が重なり起こってしまう。男の子が一刻も早く見つかるよう祈るばかりだ。

坂本 洋

|

« 土俵が乾かないため稽古ができないって? | トップページ | 荒汐部屋 ようやく土俵が使えるように・・・ »

コメント

心配ですね…(-.-;)幼い子に限らず、お年寄りも目が離せないですよね?私も、祖母の介護して(逆に介護の教育を受けていた?(o~-')b時は、認知症ではなかったのですが、意識の中から離れたことがなく、目が離せませんでした。幼い子と同じだったと思います。
あの頃から段々に、地域で見守る空気が希薄になってきたことを残念にも思います…私の時は、未だそういう空気に助けられて祖母を無事あの世の小学校に送り届け、感謝しています♪

投稿: | 2015年3月 3日 (火) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61222335

この記事へのトラックバック一覧です: 幼い子どもが行方不明に:

« 土俵が乾かないため稽古ができないって? | トップページ | 荒汐部屋 ようやく土俵が使えるように・・・ »