« “泣いてもいいんだよ” 沖縄の友人から優しさに包まれたCDが送られてきた | トップページ | 豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう! »

2015年3月21日 (土)

山の辺の道・・・お彼岸に奈良の里山をてくてく散歩

P3200189_2

日本最古の街道とされる“山の辺の道”・・・大和盆地の東を、山裾を縫うように南北に天理から桜井まで通っている。汗ばむほどの陽気の中、里山の風景と神社仏閣を巡る歴史散歩を楽しんだ。

P3200016

天理駅を早朝に出発し、東に向かって歩く。黒い法被姿が目立ち、巨大な施設が林立・・・ここは日本最大の宗教都市なのだ。

P3200032

石上神宮(いそのかみじんぐう)・・・国宝の檜皮葺の拝殿は、鎌倉時代の建築で日本最古という。

P3200038

時節柄、願い事を書いた絵馬がびっしり・・・神様も大変だ(^_^;)

P3200072

平日でほとんど歩く人もなく、静かな古道を行く。道標が整備され、地図がなくても迷うことはない。

P3200081

石畳の道も残っていて風情がある。

P3200111

暗い坂道を下ると、いきなり明るい花が迎えてくれた・・・山茱萸(サンシュユ)が満開!

P3200102

思わず近づいてしばし見とれる。

P3200112

P3200150

あぜ道には野草が一斉に生えそろい、早春の光を奪い合って背伸び。菜の花畑は黄色い絨毯に。

P3200168

古墳と天皇陵が数多く残る大和は、古代日本の中心地。豪族が勢力を競った歴史を偲ばせる環濠集落も残る。

P3200188

お彼岸とあって、お地蔵さんも着飾ってひな壇に勢ぞろい。

P3200170

道端には農家の無人の店が・・・こういうの大好き! ついつい買い込んでリュックが重い(^_^;)

P3200248

弘法大師が創建したという長岳寺。本尊の阿弥陀如来三尊を間近で・・・いとうせいこう・三浦じゅんに倣って“見仏

P3200285

P3200286

相撲発祥の地とされる“相撲神社”もある。野見宿禰(のみのすくね)が当麻蹴速(たいまのけはや)を破ったとされる故事にちなんだものだ。

一方で、それまでは皇后の死に際し“人柱”を埋めていたのを改め、殉死の代わりに陵墓に埴輪(はにわ)を立てることを進言し、土師臣(はじのおみ)と称したとも・・・渡来人が文化をもたらしたわけだ。

P3200317

16kmのコースも、歴史街道故寄り道が多く、はや陽が傾いてきた。

P3200342

大和三山が霞の中に浮かぶ・・・なかなかいい眺めだ。

P3200351

ようやく大神神社(おおみわじんじゃ)へ。奈良地方最大の神社ということで風格十分。夕方にも関わらず多くの参拝客が柏手を打ち拝礼。

こういう時に“無宗教の無骨もの”は困ってしまう。他者の信心を邪魔しないように、自分は“見仏”や“見社”・・・なかなかねぇ~(^_^;)

P3200359

厳粛な雰囲気の中に紅白の緋袴(ひばかま)姿の巫女・・・これは確かに美しい(*^_^*)

22キロ、7時間半歩いて桜井駅へ。中身の濃い散歩だった。

坂本 洋

|

« “泣いてもいいんだよ” 沖縄の友人から優しさに包まれたCDが送られてきた | トップページ | 豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61313169

この記事へのトラックバック一覧です: 山の辺の道・・・お彼岸に奈良の里山をてくてく散歩:

« “泣いてもいいんだよ” 沖縄の友人から優しさに包まれたCDが送られてきた | トップページ | 豊中市議会に熊(熊野いそ)を再び放とう! »