« 六甲山も春爛漫 | トップページ | 万博公園・・・桜を待ちかねた人で満開に! »

2015年3月30日 (月)

わが家の“菜の花畑”が満開に

Img_2815_2

各地で菜の花が満開になったというニュース。

♪菜の花畑に 入日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし・・・と歌われた一面の黄色い菜の花畑は、春の風物詩であるとともに日本の原風景。

しかし外国産の安いナタネ油に駆逐され、ほとんど絶滅していたが、最近は景観植物として少しずつ復活しつつある。

滋賀県から始まった“菜の花プロジェクト”は、菜の花を栽培して花を愛で、ナタネ油を学校給食に利用。廃食油は精製してBDFという燃料にして、トラクターやバスなどに使用する循環型農業。

排ガスは有害物質を含まず、かすかに天ぷらの臭いがする・・・というロマンある事業。大阪では阪急バスの一部車両にも利用されている。

菜の花プロジェクトみのお”は、2005年から大阪府箕面市で活動を始め、今年で10年目。現在も学校や公園、さらに遊休農地で菜の花を栽培している。

Img_2772

わが家の菜の花は、つぼみを食べるナバナ。ナタネ種に比べ開化時期が早く、2月ごろには次々と薹(とう)がたって花茎が伸びてくる。

Img_2033

それを摘み取って、さっと湯がいて・・・お浸しで、辛子醤油で、さらにはバター炒めにしていただく。ほろ苦さがなんとも言えない早春の味。

Img_2841

今年もたっぷり採れたナバナ・・・自宅用では食べきれず、ご近所さんにおすそ分けしたり、息子や娘に冷凍にして送った。

Img_2826

摘み残したら菜の花が咲いて・・・(*^_^*)

Img_2818

こちらは“わが家の菜の花畑”となって門先を飾っている。

坂本 洋

|

« 六甲山も春爛漫 | トップページ | 万博公園・・・桜を待ちかねた人で満開に! »

コメント

素晴らしいプロジェクトなんですねぇ!scissors菜の花は食べるのも見るのも食べるのもsmile大好きで、これから先は一日たりとも食卓に上らないと物足りないのですよねぇwink
病に倒れて以来、農家の友人が毎年、一筋の菜の花の苗を秋に植えてってくれますけど、少し隣の建物のせいで日陰になるものですから、あちこちから頂いた後にやっと我が家の初物です…でも、初物の菜の花パスタは最高でしたhappy01
今年はもう少し無心して三本畝にしたいなぁlovely

投稿: 空 | 2015年3月30日 (月) 07時22分

菜の花パスタは色も綺麗で、ほろ苦さがいいですね〜(*^^*)

投稿: 坂本 洋 | 2015年3月30日 (月) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61359629

この記事へのトラックバック一覧です: わが家の“菜の花畑”が満開に:

« 六甲山も春爛漫 | トップページ | 万博公園・・・桜を待ちかねた人で満開に! »