« 小さな図書館が2周年 | トップページ | 人の駅・・・“結みのお”は市民活動の交流広場 »

2015年3月26日 (木)

ちらほらと桜が開花・・・いよいよ春本番へ!

P3250007_2

開化宣言を待たずに、近所の千里川沿いの遊歩道で桜がちらほらと開化。2週間に一度の図書館への散歩で、華やぐ春を先取りしてきた。

P3250010

ご近所の桜の名所も全体ではまだつぼみ。そんな中、寒の戻りの北風に揺れながら、数輪がピンクの花びらを開いていた。

P3250012

カンヒザクラ(寒緋桜)は既に満開。

P3250015

鮮やかな真紅が、モノトーンの風景の中際立っている。

P3250095

こちらはハナモモ・・・桃の節句用に切り花として出荷された残りのようだ。

P3250082

いつの間にかレンギョウも咲きだして・・・

P3250109

ユキヤナギが、今を盛りと霧氷のように盛り上がっている。

P3250116

終業式を終えたばかり? 全ての命が躍動する季節・・・子どもたちも待ちきれないように公園へ。

P3250142

川の中州のヤナギが、新芽を嫋やかに風になびかせている。近年、春一番に芽吹くヤナギをことの他いとおしく思うようになった。

P3250157

モズが枯れ枝に止まって・・・獲物を狙っているのか。

ゲートが設置され、返却も貸出も自動化された図書館・・・便利なような味気ないような・・・人間が無口になるに反比例して、機械がやかましくなるなぁ~(-_-;)

坂本 洋

|

« 小さな図書館が2周年 | トップページ | 人の駅・・・“結みのお”は市民活動の交流広場 »

コメント

前にも書いたかも知れないのですが、図書館司書になるのが夢だったことがあり、理想の図書館なるものを、つい思い描いてしまいますsmile
…機械化は、無い!ですよね!(;_;)

投稿: 空 | 2015年3月26日 (木) 09時34分

今までは、カウンターのスタッフに「返却をお願いします」と声を掛けるなど、少しは会話が有りましたが、今では無言で貸し借りが可能です。
レンタルショップと同じですね。
味気ないし、確実にコミュニケーションは減ることでしょう。
雑務が減って、司書さんは本来のリファレンスに専念できる? いやぁ〜首になることでしょう>_<
文化や教育を効率や成果主義に任せてはダメだと思いますが・・・

投稿: 坂本 洋 | 2015年3月26日 (木) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61338762

この記事へのトラックバック一覧です: ちらほらと桜が開花・・・いよいよ春本番へ!:

« 小さな図書館が2周年 | トップページ | 人の駅・・・“結みのお”は市民活動の交流広場 »