« 里は春、山上はまだ冬の眠りの六甲山 | トップページ | 巷の“嫌中”論 »

2015年3月17日 (火)

デイサービス送迎車が脱輪 その時運転していた若者は?

5290770_2

朝の送迎を終えて帰宅すると、家の近くで軽自動車が脱輪して動けなくなっていた。見ると義母を迎えにきた送迎車で、若い男性が傍に・・・通りがかった人と一緒に持ち上げようとしたが動かない。

「これはジャッキを使わんとあかんなぁ~。ジャッキを出して!」というときょとんとしている。「事業所に連絡して誰かに来てもらわんと・・・」というと初めて、「そうですね」と携帯を取り出した。

危機感の無さにあきれながら、私の車からジャッキを持ってきて、はまっている前輪の後ろに掛け、ジャッキアップ。

Jackup_by_pantagraph1

「上がりますね!」って、当たり前やろ(>_<)

持ち上がった前輪の下にブロックをかまして、お兄さんに運転させようかと思ったが・・・私がやることにした。

なんなく脱出できて、「このカーブは狭いから通らんほうがええで」とアドバイスをして運転席を代わった。

既に義母は別の車が迎えに来てデイへ向かっており、これで一件落着(^_^;)

不器用な私、若いころは未熟な運転で難儀したが、焦って必死になって何とかしようとしたものだが・・・悪びれず、思考停止状態でたたずむお兄さんには、あきれるというか逆に感心してしまった(-_-;)

若い経験不足(?)なスタッフを、一人で高齢者の迎えに出す事業所に驚く。何かあるとすぐ「命を預かっているんだから」と緊張感を強要するくせに、運転手をケチってスタッフに送迎させるなんて・・・勝手なものだ。でもそんな事業所が増えている。

帰宅した義母を通じて、丁重なお礼をいただいたが・・・ちょっと心配になるなぁ~(-_-;)

坂本 洋

|

« 里は春、山上はまだ冬の眠りの六甲山 | トップページ | 巷の“嫌中”論 »

コメント

そうですよね!二重三重にフォローされていても、不安感に襲われるのが、弱者の私達です。その中を職員さんたちスタッフは必死でかけずり回っていますのに、経験不足な初心者を一人で任せざるを得ないのでしょうが、何かが足りないように思いますね?

投稿: 空 | 2015年3月17日 (火) 08時42分

送迎の途中、信号無視のバイクにぶつかり、フロントガラスが割れ、交代要員もないのでそのまま運転席から顔をだし、なんとか無事に施設に帰った覚えがあります。
冷や汗ものでしたが、危機管理など、夢うつつのうわごとのようなもんですね。

投稿: 山田隆志 | 2015年3月17日 (火) 08時54分

人材が全ての介護現場で、人件費を切り詰めて利益を増やそうという流れが強まっています。ただでさえ離退職が激しい業界・・・育てるどころか使い捨てに・・・。まともな人は燃え尽きていきます。
結局利用者にしわ寄せが行くのですが・・・(>_<)

投稿: 坂本 洋 | 2015年3月17日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61293635

この記事へのトラックバック一覧です: デイサービス送迎車が脱輪 その時運転していた若者は?:

« 里は春、山上はまだ冬の眠りの六甲山 | トップページ | 巷の“嫌中”論 »