« 能勢の里山で山菜パーティー | トップページ | 万博公園は春爛漫 »

2015年4月29日 (水)

民主主義からの逃走

Syunoukaidan_2

自衛隊の米軍への傭兵化と、TPPでの大幅な妥協という“貢物”でようやく実現したオバマ大統領への“お目通り”、バラクとの“親密な関係”や、連邦議会での“栄えある演説”などが叶い得意満面のことだろう。

日本の軍事力や経済力を取り込みつつ、世界での影響力を維持したい米国にとって、安倍氏の忠犬ぶりはさぞかし“美味しい”ことだろう。

一方で、先の大戦の責任を否定する歴史認識や、中国・韓国との関係悪化は悩みの種。

そんなアメリカの足元を見透かしながら、側近が巧妙に仕組んだシナリオ通りに、ルビの振られた原稿を、かん高い声で紅潮した顔で読み上げることだろう。既に従軍慰安婦問題では、巧妙に責任のすり替えが仕組まれている。

“存在の耐えられない軽さ”から、能天気に飛び出すコトバの数々・・・“積極的平和主義”って? 

国の最高法規である憲法には、“国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。”とある。

公務員は憲法遵守義務があるのに、国会を無視して安倍内閣でなんでも変えてしまう・・・。

本来の“積極的平和主義”とは、“平和ボケ”を脱し、遅まきながらも“武力に寄らない国際平和貢献”にまい進することではないのか!

自衛隊は専守防衛に徹し、絶対に国外へは出さない。その代わりに“国際貢献部隊”を創設して、“国境なき平和部隊”として世界中に飛び出していく・・・こちらこそ多くの国民の納得が得られる日本の進むべき道ではないのか・・・。

民主主義を否定する安倍政権に対し、マスコミも世論もさして異論を挟まない。

市場原理主義の荒波に乗り出し、世界を相手に競争するには「トップダウンが欠かせない」という風潮が広く蔓延し、企業内では既に民主主義は死んだ。

次は国家も企業にならないとグローバリズムで生き抜けない・・・というわけか。

「世界一、企業が活動しやすい国日本」は、“豊かな北朝鮮”というわけだ(>_<)

こんな男に未来を託して、本当にいいのか?

アベノミクスとハシズム・・・独裁者に、浮かれてヤンヤの喝さいを送っている場合やなかろうが・・・(>_<)

坂本 洋

|

« 能勢の里山で山菜パーティー | トップページ | 万博公園は春爛漫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61510044

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義からの逃走:

« 能勢の里山で山菜パーティー | トップページ | 万博公園は春爛漫 »