« 一目百万本のツツジ・・・葛城山は燃えていた | トップページ | 新緑がまぶしい能勢町へ »

2015年5月10日 (日)

「辺野古に基地建設は不可能!」は、オール沖縄の強い意志

Onaga_2

中谷防衛大臣と会談した翁長知事、「辺野古への基地建設は不可能!」と言明・・・守るべき国民の中に、沖縄は入っていない現実を突きつけた。

訪米土産に、国会を差し置いて、自衛隊を世界中で米軍支援を可能にする安保法制整備を約束した安倍首相、辺野古への新たな基地建設も“粛々と”推進すると・・・こちらは憲法を越える「日米合同委員会」で決められた既定の方針。

祖父がなしえなかった改憲に執念を燃やす安倍氏だが、戦後70年も経つのに、未だに外国軍隊の被占領下にある事実を直視することができない。“押し付けられた”安保条約、米軍基地、日米地位協定、ガイドライン、首都東京を航空機が自由に飛べない空域の存在・・・こちらを変えることが先だろう(>_<)

冷戦終了後も沖縄に集中する米軍基地・・・台頭する中国を新たな仮想敵として、「普天間の負担軽減」という口実で「辺野古に新基地」を造るという。

海兵隊の基地が沖縄になければならない理由はなく、専門家はグアムへの移転を提言している。ところが、沖縄には冷たい日本政府も米軍には手厚い思いやり予算で、辺野古基地をプレゼントしようという・・・いったいどっちを向いているのか・・・沖縄の怒りは臨界を越えようとしている。

Henokokikin_2

新基地建設を許さない人々が設けた「辺野古基金」、早くも一億円を超える基金が寄せられつつあるが、宮崎駿氏が共同代表を引き受けるというニュース。菅原文太氏の遺志を引き継ぐ文子氏ともども、大きな励ましとなることだろう。

かっての沖縄返還は、激化する一方の反基地闘争を恐れた米国が妥協したもの。辺野古基地反対運動もいまそうなろうと・・・。

沖縄は、頼りない日本政府を越えてアメリカの世論に直接訴えようとしている。これを黙って見ているわけにはいかないよね。

坂本 洋

|

« 一目百万本のツツジ・・・葛城山は燃えていた | トップページ | 新緑がまぶしい能勢町へ »

コメント

二十数年前から不穏な動きを見せている各地の火山群はこのところ一段と不気味な気配がshocksweat01
なんだか全国の火山群が原発再稼働や辺野古に異義を申し立てているように思えてなりません!

投稿: 空 | 2015年5月10日 (日) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61566528

この記事へのトラックバック一覧です: 「辺野古に基地建設は不可能!」は、オール沖縄の強い意志:

« 一目百万本のツツジ・・・葛城山は燃えていた | トップページ | 新緑がまぶしい能勢町へ »