« 暴走列車は急停止・・・次は安倍改憲特急をどう止めるかだよね | トップページ | また薬が増えた・・・(>_<) »

2015年5月21日 (木)

縄文杉トレッキングフォト

P5160596_2

憧れの縄文杉を見るために屋久島へ。土砂降りの雨の中、往復25キロの登山道を8時間半・・・ひたすら歩いたハードなハイクは達成感たっぷり(*^_^*) (写真はクリックで拡大)

P5160456登山口行きのバス、始発は5時にも関わらず既に満員。この日は観光バスも合わせて6~7台が着くという。

P5160457

ここから始まる縄文杉トレッキング。

P5160462

トロッコの線路が登山道。

P5160469

トンネルを通ったり

P5160478_2

鉄橋を渡ったり・・・スタンドバイミー気分(^_^;)

P5160500

周りは一面の緑。

P5160503

苔むす森は“もののけ姫”の世界。

P5160505

雨が時折激しく降るが、しっとりと湿った空気が心地よい。

P5160520

延々と続くトロッコ道も、次々と変わる景色で飽きることはない。

P5160536

線路が終わると、いよいよ本格的な山道が始まる。

いきなりの急坂が始まるが、木道が整備され危険個所は少ない。

P5160562

有名なウイルソン株に到着。発見したアメリカ人の植物学者の名が付けられている巨大な切り株。

P5160572

中は広い空洞になっていて、こんこんと清水が湧き出している。

P5160581

縄文杉が発見されるまで最大とされていた大王杉・・・樹齢3,000年とも。

P5160584

二本の杉の枝が途中でつながっている“夫婦杉”。

所々に残る巨大な杉はいずれも樹齢千年以上。ちなみに、千年未満の杉は“屋久杉”とは呼ばず“小杉”と呼ぶそうだ。

P5160589

とうとう縄文杉に到着(^O^)/

ごつごつとした木肌、巨大な幹回り・・・圧倒的な存在感に呆然と・・・。

P5160599

保護のため近寄ることはできず、デッキから眺めるのみ。

Img_2943

続々と登ってくるハイカーたちで狭いデッキは直ぐに満員。雨はますますひどくなり、早々に下山にかかる。

P5160605

狭い登山道、登ってくる人を優先しながらの下山はすんなりとはいかない(^_^;) 激しい雨で所々沢があふれている・・・取り残されたら大変だよなぁ~。

P5160610

ようやくトロッコ道に戻り、昼食。ふと傍の川を見るとヤクシカが! 愛らしい眼でこちらを見た後、激流を渡って消えていった。

P5160634

P5160670

P5160686

帰り道は、深い森と苔ワールドをゆっくりと楽しみながら下る。

P5160707

1923年(大正12年)に引かれた森林鉄道。

P5160709

屋久杉伐採でにぎわい、人口500人の村があったという。

P5160710

トロッコ鉄道は村人の足でもあった。

P5160713

屋久杉を切りつくして伐採事業は終了し、1970年に村は廃村に。

P5160717

わずかに残った屋久杉がユネスコの世界自然遺産に登録され、今は登山客が全国から世界から訪れるように。

土砂降りの雨の中、遠路はるばるやってくるたくさんの登山客(私もその一人だが)・・・単なる登山というより、むしろ巨樹信仰に近いのかも知れない。

坂本 洋

|

« 暴走列車は急停止・・・次は安倍改憲特急をどう止めるかだよね | トップページ | また薬が増えた・・・(>_<) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61622008

この記事へのトラックバック一覧です: 縄文杉トレッキングフォト:

« 暴走列車は急停止・・・次は安倍改憲特急をどう止めるかだよね | トップページ | また薬が増えた・・・(>_<) »