« 須磨アルプスで崖下から手を振る女性たち・・・はて? | トップページ | 車道を減らし歩道に・・・京都四条通りの実験 »

2015年5月26日 (火)

若葉の季節は虫の季節・・・

庭のツバキの木に毛虫が大発生。そして早くも蚊が・・・いくら自然が好きでもこれはねぇ~(>_<)

田舎育ちで植物好きの私、虫たちも好き・・・とは言えないが毛嫌いするほどでもない。家の中に蟻が一匹でも入っていようものなら大騒ぎする連れ合いとは違って、私は別に気にならない。ほとんどの虫は、人間とは住み分けをしているので実害はないのだ。

もちろん農薬や殺虫剤も使わず、たまに発生した毛虫などは軍手で処理している。

ところが今回は、樹高3mほどのツバキの木がおびただしい毛虫に覆われてしまった。さすがにどうしようもないので殺虫剤を散布・・・。

若葉は虫たちにとって大切な食糧。蝶は柑橘類、蛾はツバキなどと卵を産み付ける木が決まっている。一本だけあるサンショウの木も、毎年この時期になるとアゲハ蝶の幼虫に丸裸にされてしまう(^_^;)

Img_7613_1024

若葉のころは、新しい命が誕生する時期でもある。柔らかい葉っぱは幼虫たちのエサになり、その幼虫は卵から孵った野鳥のヒナにとって栄養価の高いエサ・・・渡り鳥がはるばる何千キロもの海を越えて、繁殖のために日本列島にやってくるのには理由があるわけだ。

人間の勝手な都合で、「自然は大好きだけど、虫はイヤ!」というのは、食物連鎖を破壊する暴挙だと思うのだが・・・「虫は殺さず、蚊は追いやるだけ」とはさすがに行かないよねぇ~(^_^;)

早くも発生した蚊・・・これから暑く長ーーい夏が始まるが、昨年大騒ぎしたデング熱も心配。さて、蚊対策はどうすればいいのだろう・・・(>_<)

坂本 洋

|

« 須磨アルプスで崖下から手を振る女性たち・・・はて? | トップページ | 車道を減らし歩道に・・・京都四条通りの実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61646335

この記事へのトラックバック一覧です: 若葉の季節は虫の季節・・・:

« 須磨アルプスで崖下から手を振る女性たち・・・はて? | トップページ | 車道を減らし歩道に・・・京都四条通りの実験 »