« 田植えから二週間、少し成長した稲・・・しかし雑草も | トップページ | エンゼルトランペットが咲きだした »

2015年6月16日 (火)

スペース草で1970年代にタイムスリップ

20150614no117_2

豊中の高級住宅街として知られる東豊中に“スペース草”というギャラリーがある。インディーズ系のアート展や、ミニライブが行われている不思議空間だ。

6月14日の夜、田んぼの草抜きの後、友人のシンガーソングライター徳田建のライブを見に行った。

20150614no157

20150614no123

年中旅をして、日本全国のカフェやライブハウスで歌っている徳田つながりで、大阪は関目の“Miyo&Gonsuke”、豊橋からは“金藤カズ”、そして“佐溝力”が渋い演奏を披露していた。

20150614no131

その中で、「多分今日の最年長だと思いますが・・・」と現れた佐溝力さん、バイオリンの伴奏で歌い始めたのは“インスタントコーヒーラグ”。その昔、長距離トラックの運転手をしていたころ出会った田中研二さんの作品だと紹介。

田中研二さんといえば、今は亡き、友人でシンガーソングライターの“モモタロー貧苦(ピンク)”つながりで知り合った古くからの友人だ。

当時、私がやっていたロック喫茶“FREAK”(フリーク)は、アンダーグラウンドのフォークやロックを流す音楽喫茶で、「不良」青少年たちのたまり場だった(^_^;)

61hdpvkpbhl_sx355__2

その仲間たちが自主制作したのが田中研二のデビューアルバム“チャーリーフロイドのように”・・・幻の名盤だが、Amazonで買える(^_^;) その中の一曲が“憲兵伍長の伝説”。

20150614no135

バイオリンの伴奏で、腰に手を当てて歌う佐溝力さん・・・まるで大正デモクラシーのころの添田 唖蝉坊(そえだ あぜんぼう)ではないか(*^_^*)

Youtubeでぜひどうぞ!

Aisatu01

佐溝さんは、愛知県豊川市でホウロウ美術館を開いているという。娘の暮らす街の近く・・・ぜひ今度訪れたい。

269150_115783485182294_5589956_n

田中研二さんは、現在はオーストラリア在住で、Facebookで毎日辛口のコメントを投稿する傍ら、ライブにも参加しているようだ。

昔から理屈っぽかったが、さらに磨き抜かれ、筆鋒鋭い論考は、リベラル派の頼もしい論客だ。

SNSは思いがけないつながりを作ってくれる。でもそれは同窓会への招待状ではない。

坂本 洋

※Youtubeのビデオ、タイトルを間違えていました。“憲兵伍長の伝説”という歌です。お詫びして訂正いたします。

|

« 田植えから二週間、少し成長した稲・・・しかし雑草も | トップページ | エンゼルトランペットが咲きだした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61749513

この記事へのトラックバック一覧です: スペース草で1970年代にタイムスリップ:

« 田植えから二週間、少し成長した稲・・・しかし雑草も | トップページ | エンゼルトランペットが咲きだした »