« 百田氏の暴言は首相の本音・・・自民党に任せていてはえらいことになるよ | トップページ | 猫の手倶楽部 草抜きの打ち上げはBBQパーティー »

2015年6月28日 (日)

能勢町にある長谷の棚田・・・これぞ美しい日本!

Dsc00134_2

大阪府能勢町で無農薬の米作りを続ける猫の手倶楽部・・・私たちがお借りしている田んぼは能勢町の東の端の倉垣地区にある。

一方で西の長谷地区には、“日本の棚田百選”に選ばれた「長谷の棚田」がある。毎年この時期に訪れるのだが、梅雨の雨にしっとりと濡れた棚田は実に美しい。

Dsc00140

狭い耕地を広げようと、先人たちが数百年を掛けて山の斜面を階段状に切り開き、水路を通し田んぼにしたのが棚田。

Dsc00128

美しい景観は目的ではなく機能美としての結果・・・しかしコメ余り、農家の高齢化で維持管理ができなくなるところが続出。

Dsc00139

遅まきながら農水省が保存を決め、地域の人たちの協力でようやく残されているわけだ。

Dsc00142

今や貴重な日本の原風景となった棚田は、私もそうだが写真愛好家の訪れる観光地となった・・・地元の人々にしてみれば迷惑な話だろう。

大阪府には南の千早赤坂村に一か所残るのみ。こちらも見に行きたいものだ。

今日はこれから能勢町の田んぼで最後の草抜きをし、その後打ち上げのBBQパーティー。猫の手の田んぼも緑のじゅうたんになって美しいですよ(*^_^*)

坂本 洋

|

« 百田氏の暴言は首相の本音・・・自民党に任せていてはえらいことになるよ | トップページ | 猫の手倶楽部 草抜きの打ち上げはBBQパーティー »

コメント

至耕天の世界…何か神々しいものがありますよねlovely
新潟の山古士村だったかが有名でしたが、北越地震で大きなダメージを受けましたよね~!weep

投稿: 空 | 2015年6月28日 (日) 05時49分

狭い耕地を広げようと、大変な苦労を積み重ねた結果としての棚田・・・しかしいま崩壊の危機に立たされています。
放っておけば耕作放棄地となり、畔に穴が空いて水田にすることもできません。棚田はある意味日本農業の縮図といえるかもしれませんね・・・。

投稿: 坂本 洋 | 2015年6月28日 (日) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61804773

この記事へのトラックバック一覧です: 能勢町にある長谷の棚田・・・これぞ美しい日本!:

« 百田氏の暴言は首相の本音・・・自民党に任せていてはえらいことになるよ | トップページ | 猫の手倶楽部 草抜きの打ち上げはBBQパーティー »