« 梅雨に似合うアジサイと花ショウブを見に万博公園へ | トップページ | 六甲山 森林植物園がお気に入り »

2015年6月 6日 (土)

日本は“戦争をしない国”で行きましょう!

Cgqegnku8aekw_d_2

3人の憲法学者すべて「憲法を逸脱している」と・・・「安保法制」は無理筋だ。

衆議院の憲法審査会の参考人質疑は、各党推薦の憲法学者から安保関連法案に対する意見を聴くもので、自民・公明推薦の長谷部恭男・早大法学学術院教授、民主党推薦の小林節・慶大名誉教授、維新の党推薦の笹田栄司・早大政治経済学術院教授が出席した。

長谷部教授は「集団的自衛権の行使が許されるという点については憲法違反と考えている」、小林名誉教授は「私も違憲と考えます。憲法9条に違反します」、笹田教授も「定義では踏み越えてしまったということで、違憲の考えです」と、きっぱりと「違憲だ」と言い切った。

D2d6f2042d0741369cdc7891b22bdb96

与党推薦の学者までが、集団的自衛権で自衛隊を海外に派遣するのは憲法違反と明言したわけで、安倍政権は足元をすくわれる形となった。

憲法9条がありながら、自衛隊という世界有数の軍隊を持ち、さらに日米安保で米軍駐留と核の傘の下にある日本・・・大きな矛盾を引きずりながらも、唯一の歯止めが海外で戦争をしない“平和国家”としてのナショナルブランド。

集団的自衛権を認めることはその根本を崩すこと・・・しかも憲法を変えずに、安倍内閣の閣議決定で・・・って、「さすがにそれは無理ですよ」と、学者としては当然の見解を述べたわけだ。

「もっと米軍に協力しないと、イザというときに米国が守ってくれない」って? それなら何のために米軍基地を提供しているわけ? 世界一居心地のいい米軍基地に思いやり予算をつけ、さらに辺野古に新基地まで建設しようと・・・。

戦後70年も経つのに、未だに『米軍の占領下』にあるという不都合な真実・・・『日本はなぜ基地と原発を止められないのか』(矢部宏治著)を読めば“つまびらかに”なる。ちなみに三宅洋平は「3回読んで、みんなに分かりやすく説明しよう」と提唱している。

株が上がっているから、景気がよくなりそうだから? ・・・いつまであの男に好き放題を許しておくつもり? 足元がえらいことになってるよ(>_<)

坂本 洋

|

« 梅雨に似合うアジサイと花ショウブを見に万博公園へ | トップページ | 六甲山 森林植物園がお気に入り »

コメント

原発再稼働差し止め裁判で第一審勝訴のニュースと同じくらいに感動しましたscissors 『司法は生きていた!』と同様、『学者も腐っていなかった~♪』と久しぶりに明るいニュースでしたo(^-^)o

投稿: 空 | 2015年6月 6日 (土) 06時43分

本当ですね。
「違憲でないという学者も多い・・・」と官房長官。しかし一人しか出てこない。まともな学者なら当然でしょう。

投稿: 坂本 洋 | 2015年6月 7日 (日) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61701262

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は“戦争をしない国”で行きましょう!:

« 梅雨に似合うアジサイと花ショウブを見に万博公園へ | トップページ | 六甲山 森林植物園がお気に入り »