« 国宝で世界遺産になった姫路城・・・漆喰の厚化粧で燦然と輝いていた | トップページ | 田植えから二週間、少し成長した稲・・・しかし雑草も »

2015年6月14日 (日)

初めての上級者向け・・・大普賢岳でヘトヘトに

P6130122_2

リハビリ用に、自転車とともに始めた山登りも3年が経ち、大阪近郊の主な山はだいたい登ってしまった。もちろん六甲山など何度登っても楽しいのだが、やはり新しい山に登ってみたくなるもの。

大峰山系の大普賢岳(だいふげんだけ)は、ガイド本によると「距離が長くクサリ場など危険な個所が多い上級者向け。中腹の和佐又ヒュッテに前夜泊が望ましい」とある。「早朝から登り始めれば日帰りも可」ということで、朝5時に家を出て、8時から登り始めた。ヒュッテのおばさんに不安そうな眼で見られながら、登山届を提出・・・かなりハードそうだ(^_^;)

P6130013

梅雨の晴れ間で天気は大丈夫。静かな山道はブナなどの広葉樹の明るい森・・・木漏れ日を浴びながら気持ちよく登る。

P6130068

途中から景色は一変し、巨大な岩が立ちはだかる。

P6130045

行者の修験場“笙ノ窟(しょうのいわや)”は宗教上の聖地とのこと。

P6130073

鷲ノ窟(わしのいわや)では、とがったくちばしが下を通る人間を睨んでいる。

P6130139

急坂の連続で、クサリ場やハシゴをよじ登る・・・さすがに修行の山だ。ふと横を見ると、イワタバコの可憐な花が。

P6130146

P6130170

巨樹が青空に伸びる・・・最も好きな光景だ。

P6130181

ようやく登りつめたところが標高1780mの大普賢岳の頂上。

P6130195

南は紀伊半島の台高山系がはるかに広がり

P6130186

北には大峰山系・・・左上のとんがり山が大日のキレットと呼ばれる岩場でその左が稲村ヶ岳か・・・昨年登った山が見える。

P6130207

のんびりと眺望を楽しんでいたら、後からきたおじさんに「ここから先が非常に長くキツイ岩場が続く。急がないと日が暮れますよ」と脅かされた。

結局、先導してくださることになり、いわれるままに後ろを付いていく。このおじさん、実は大ベテランで、晴れた日にはほとんどどこかの山に登っているという。

P6130199

大峰・台高山系に詳しく、GPSとカメラでログ(登山ルート)を記録し、ウエブサイトにアップするというヘビーな山オジサンだった(^_^;)

P6130209

なだらかな道で距離を稼ぎ、急な個所の前には休憩と水分補給。見どころや撮影場所も指示していただいて・・・個人ガイドのような・・・(^_^;)

P6130243

P6130258

長いコースで疲れが溜まった後半に、一度谷底まで下り、そこから最後のクサリ場とハシゴをよじ登る・・・

P6130270

これは確かにキツイ(>_<) このころには別の二人も加わって、おじさんのパーティーは四人に(^_^;)

P6130279

おかげで何とか危険個所を乗り越え、後はいたるところに巨樹がそそり立つ広葉樹の森散歩。趣味も同じで、大いに植物談義を楽しみながらの下山となった。

P6130296

フタリシズカがひっそりと道端にさいている。秋にはぜひもう一度来たいものだ。

坂本 洋

|

« 国宝で世界遺産になった姫路城・・・漆喰の厚化粧で燦然と輝いていた | トップページ | 田植えから二週間、少し成長した稲・・・しかし雑草も »

コメント

ウワァ♪
ラッキーな出会いでしたねぇo(^-^)o
大峰山脈は憧れの山でしたけど、今生には行けそうもありませんweep
せめてものブログで擬似体験出来て幸せです(*^_^*)
ありがとうございました(^o^)/

投稿: 空 | 2015年6月14日 (日) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61739600

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての上級者向け・・・大普賢岳でヘトヘトに:

« 国宝で世界遺産になった姫路城・・・漆喰の厚化粧で燦然と輝いていた | トップページ | 田植えから二週間、少し成長した稲・・・しかし雑草も »