« NO! といえる若者たち・・・梅田ヨドバシカメラ前に2700人 | トップページ | 白紙撤回すべきは“戦争立法” »

2015年7月17日 (金)

“戦争立法”が衆議院を通過してしまったが・・・

D75fea60d98cb1ccf03f9b77b2a26956_2

日を追って高まる反対運動を無視して「安保関連法案」が16日、衆議院を通過・・・参議院で可決されなくても、2/3を越える議席を持つ衆議院で自公が再可決できる60日ルールがあるため、この法案は成立する見込み・・・と。

「多数派の横暴」という声が叫ばれるが、そうではなく「少数派によるクーデターだ」と指摘する意見・・・私も全くその通りだと思う。

民主主義とは国民が主人公、議員は代理人に過ぎない。国民の圧倒的多数が反対、もしくは疑問を持ち、慎重な対応を求めているにも関わらず、国民多数の声や意見を全く無視して法案を強行可決・・・これのどこが民主政治なのだ?

小選挙区マジックによって、絶対多数を得てしまった安倍政権だが、多くの国民は全権委任したつもりは全くないはず。民主党政権に対する幻滅の裏返しと、決められない政治に対するうっぷん晴らし、さらにはアベノミクスによる景気への期待・・・それらが合わさっての支持に過ぎない。

いつの世論調査でも、上位に来るのは「他の内閣より良さそう」であり、政策では「景気」や「福祉」・・・「安保法制」など誰も望んでいないし、そもそも「集団的自衛権」など全くの「想定外」だ。

それら全てを無視し、立憲主義を蹂躙して代理人が強引に国のカタチを変えようとする・・・これはクーデター以外の何物でもない。

「強行可決しても、三連休を過ぎれば多くの国民は忘れるはず・・・」とうそぶく政府高官・・・国民もとことん舐められたものだ(>_<)

11742842_845733832169887_3778659472

政治家という以前に、人間として信用できない男にトップを委ねたツケが重くのしかかる。

けれども、今まで政治に距離を置いていた若者が危機感を持って動き始めた。

「戦争に行くのは大声で吠えている政治家ではなく、俺たち若者だ」・・・「当事者抜きに自分たちの未来を勝手に決めることは許さない」・・・しなやかに、したたかに、勇気を持って動き出した若者たち・・・この動きはもう止められない。

「とにかく支持率を下げること」と内田樹さん。「アベでは参議院選挙は戦えない」と浮足だたせることから始めよう。こちらは大きな後方支援になるはず。

今日は台風で無理はできないけれど、安倍政権に対する抗議はずうっと続く。

Abeseijinino_2

18日(土) 午後1時 全国一斉に「アベ政治を許さない」のボードを掲げよう!

午後5時から、大阪扇町公園で集会とデモ

19日(日)午後4時30分~ うつぼ公園でSEALDs 関西の集会とデモ

おじさんも、可能な範囲でともに動きたいと思う。

坂本 洋

|

« NO! といえる若者たち・・・梅田ヨドバシカメラ前に2700人 | トップページ | 白紙撤回すべきは“戦争立法” »

コメント

主権者である国民の声に耳を傾けない、最高法規である憲法に従わない、首相自ら「国民の理解を得られていない」と言いながら採決を強行する、もはや立憲主義でも民主主義でもない蛮行。「生活の中で息をするような運動を」(内田樹)

投稿: 味噌カツライダー | 2015年7月17日 (金) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61899319

この記事へのトラックバック一覧です: “戦争立法”が衆議院を通過してしまったが・・・:

« NO! といえる若者たち・・・梅田ヨドバシカメラ前に2700人 | トップページ | 白紙撤回すべきは“戦争立法” »