« 日本アルプス 木曽駒ヶ岳へ | トップページ | 山登りの後は松本市内を見物 »

2015年7月26日 (日)

木曽駒ケ岳 千畳敷カールのお花畑

P7240134

中央アルプスの主峰木曽駒ケ岳は、3000m近い高山にも関わらず、ロープウエーで一気に2600mまでワープでき、初心者でも気軽に登山が楽しめる。

特に夏場は“千畳敷カール”と呼ばれる、氷河の名残りの谷に咲き乱れる高山植物を目当てに多くの観光客でにぎわう。

スマホからの投稿では紹介できなかった「お花畑」をちょっぴりおすそ分け。(写真はクリックで拡大)

P7240059

一面に咲く黄色い花はシナノキンバイというそうだ。

P7240030_2

雨上がりのしっとりとした空気に溶け込んでいた。

P7240011_2

こちらはコバイケイソウ。

P7240013

あたり一面に見られるナナカマド・・・秋にはさぞかし紅葉が見事なことだろう。

P7240052_4

イワカガミの可憐なピンク・・・雰囲気あるなぁ~(*^^*)

P7240087

「お花畑」は、遊歩道が設けられ軽装で散策できるが、カールを超えて山頂へは本格的な登山道。険しい岩場に咲く花を見ながら登る楽しみがある。

P7240235

ハクサンイチゲ? 厳しい環境の中、短い繁殖期に精一杯背伸びして虫たちを招く。

P7240158

森林限界を超えて樹木はなく、僅かに地面にへばりつくようにハイマツが生える。

P7240253_3

40分ほど上ると乗越浄土(のっこしじょうど)と呼ばれる尾根にたどり着く。眼下に千畳敷カールが広がる。

日帰りコースなのだが、せっかくの中央アルプスを楽しむために山小屋で一泊。平日だが、夏休み中とあって小学生26名を引率するグループなどで大混雑。

P7240313

ようやく晴れて、夕日を見ようと崖の上へ・・・しかし寒い(>_<)

P7250356

翌土曜日は快晴! 朝4時起きで日の出を見に。

P7250401

南アルプス、3000メートル級の連山の向こうに富士山が! いやぁ~感動したなぁ~(*^^)v

P7250428

山小屋を出て木曽駒ケ岳山頂へ。

P7240292

荒地の片隅には「高山植物の女王」と呼ばれるコマクサが!

P7250441

標高2956mの頂上に立つと360度の眺望が開ける。西には一年前大噴火した御嶽山・・・かすかに白い噴煙が見える。

P7250473

北には、雲海の上にそびえる北アルプス連山・・・穂高や槍ヶ岳か。

P7250554

引き返して「宝剣山」へ。クサリ場をよじ登り、山頂の狭い岩の上に立つ猛者・・・若いねぇ~(>_<)

P7250547

こんな険しい岩場にもけなげに咲く花々には特に心惹かれる・・・これはイワツメクサ。

P7250525

ハクサンシャクナゲを見つけた。

P7250539

ミヤマキンポウゲが絶壁から身を乗り出して・・・

P7250585

カラマツソウの清楚な美しさには魅了される。

そこに行かないと味わえない景色や植物・・・これが私にとっての山登りの楽しみなのだ。

坂本 洋

|

« 日本アルプス 木曽駒ヶ岳へ | トップページ | 山登りの後は松本市内を見物 »

コメント

夜明けの山々は特に感動ですね。
言葉が出てこず、背筋がゾクゾクですよね。

投稿: 山田隆志 | 2015年7月26日 (日) 08時18分

イワツメクサは高校生の頃からの憧れlovelyでも、アルプスの方は行ったことがなく実物は観たことがありませんweep
カラマツソウはいつも観ても清楚で美しいですねぇ♪lovely

投稿: 空 | 2015年7月26日 (日) 18時06分

山田さん、わざわざ夜間に登ったり、寒さに凍えながらご来光を見に行く・・・少しわかる気がしました(^_^;)

空さん、イワツメクサは本当に岩の合間にきちんと詰まって生えていました(^_^;) カラマツもカラマツソウもいいですね。

投稿: 坂本 洋 | 2015年7月27日 (月) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61958416

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽駒ケ岳 千畳敷カールのお花畑:

« 日本アルプス 木曽駒ヶ岳へ | トップページ | 山登りの後は松本市内を見物 »