« 出遅れて、近場の甲山から奥池へ | トップページ | 梅雨時のファミリーにオススメの昆虫館 »

2015年7月 5日 (日)

自由も民主主義も捨てて、安倍自民党がゴリ押しする『戦争法案』

Img_4161_2

「なんか自民党、感じ悪いよね」というムードが急速に広まっている。

「夏までに成立させる」とアメリカに大見得を切った“戦争法案”を、ゴリ押しする安倍政権の強引さが際立ってきた。

戦後の日本をけん引してきた自由民主党・・・かっては党内に多様な意見(というか利害関係)が存在し、世論の変化に合わせながら振り子のようにバランスをとってきたのだが、今は安倍政権に異を唱えるのは村上誠一郎氏ただ一人。

氏に言わせれば、安倍氏に批判的な議員はいるけれど、執行部が怖くて表だって動けない。経済界も、安倍氏の歴史認識は困ったものだと思っているけど、株が上がっている以上異論を挟めない・・・と。

自由も民主主義も抑え込んで・・・これではまるで一党独裁の“将軍様の国”ではないか(>_<)

資本主義と社会主義が厳しく対立した冷戦時代・・・放っておけば「むき出しの資本主義」と「官僚主義」に陥ってしまう中、自らの弱点を克服する努力に勝った陣営が勝利を収めた。

曲りなりにも貧富の格差を社会福祉で埋め、表現の自由を保障した西側陣営・・・自民党って、「自由と民主主義」の政党ではなかったのか?

Page1

“ブラック”でなければグローバリズムに勝てない企業に民主主義は不要なごとく、“決められる政治”に必要なのは「独裁者」ってか?

ようやく盛り上がってきた“戦争法案絶対反対”の世論、しかし維新が醜くすり寄って『対案』だと・・・。

情けない状況だが、諦めるわけにはいかない。小さくても声を上げないとね!

坂本 洋

|

« 出遅れて、近場の甲山から奥池へ | トップページ | 梅雨時のファミリーにオススメの昆虫館 »

コメント

自民党幹部、戦争体験はないとしても、つい最近政権の座を奪われたという貴重な体験すら忘れてしまったのでしょうか。
「積極的平和」に解体してください。

投稿: 山田隆志 | 2015年7月 5日 (日) 08時28分

小異に拘らず、一致団結して法案を廃棄して欲しいのに、醜く自己主張する面々に嫌気が差します!

投稿: 空 | 2015年7月 5日 (日) 17時24分

それにしても自民党の劣化は凄まじいばかり・・・良質な保守政治家は絶滅危惧種になってしまったかのようです。

維新のすり寄りも見苦しい限り・・・結局ポスト橋下で自民に拾ってもらうためのパフォーマンスですよね・・・。

それでもこれでも、「他の内閣より良さそう?」なのか・・・(>_<)

投稿: 坂本 洋 | 2015年7月 6日 (月) 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61838817

この記事へのトラックバック一覧です: 自由も民主主義も捨てて、安倍自民党がゴリ押しする『戦争法案』:

« 出遅れて、近場の甲山から奥池へ | トップページ | 梅雨時のファミリーにオススメの昆虫館 »