« 木曽駒ケ岳 千畳敷カールのお花畑 | トップページ | デイサービス送迎中の事故急増・・・ »

2015年7月27日 (月)

山登りの後は松本市内を見物

Dsc00917_2

中央アルプスの木曽駒ケ岳で、雲海に浮かぶ富士山と高山植物を満喫した次の日、足を延ばして松本市内を見物。

Dsc00921

巨大な大阪城を見慣れている大阪人からすると、ずいぶんこじんまりとした松本城・・・しかし鉄筋コンクリート造りの大阪城とは違って、戦国時代から残る日本最古の五重天守閣は風格がある。

Dsc00928

国宝の松本城を、世界遺産に登録しようと運動が行われている。

Dsc00937

黒光りした床と削り跡が生々しい太い柱・・・改めて木造建築の美しさを体感することができる。

Dsc00975

夏休み中の日曜日とあって、猛暑日にも関わらずすごい観光客・・・外国人も多い。

Dsc00959

場内には鉄砲の展示が充実・・・種子島に伝来した最新兵器は大阪堺に伝わり、信長によって国盗り物語の主役へ。松本城はその時代に整備されたという。

Dsc00982

Dsc00986

最上階からは松本市内が一望の下。特に西の中央アルプスの眺望は素晴らしい(*^_^*)

Dsc01011

Dsc01015

そんな歴史に残る名城も、明治維新で廃城・・・民間人に二束三文で売り払われ、崩壊の瀬戸際へ。

Dsc01037

篤志家の尽力によりかろうじて保存修復がなされ、21世紀に世界遺産を目指すまでに・・・よく残ったものだ(^_^;)

Dsc01055

綺麗に整備された街路樹に赤い実が! 千畳敷カールでは白い花を咲かせていたナナカマドが、下界では既に紅葉。

Dsc01076

市内を流れる女鳥羽川(めとばがわ)・・・在豪のシンガー・ソングライターで哲人の田中研二が、青春を過ごしたまち・・・名(迷)曲“女鳥羽川”の舞台だ。

Dsc01067

川のそばには歴史的景観保存地区が整備され、“縄手通り”には古い町並みが観光客を呼び込む・・・ちょっと“京都の嵐山”化しつつあるようで心配(^_^;)

Dsc01092

中町通りには、造り酒屋を移築してギャラリーが・・・雰囲気あるねぇ~。

Dsc01110

「電柱地中化」も成り、レトロな昭和30年代気分。

Dsc01116

またゆっくりと訪れたいまちだ。

坂本 洋

|

« 木曽駒ケ岳 千畳敷カールのお花畑 | トップページ | デイサービス送迎中の事故急増・・・ »

コメント

深志城(松本城)には入ったことがないです。その松本城公園南入口近くにあった便所が例の「松本城公園トイレジャック事件」の舞台です。

投稿: 田中研二 | 2015年7月27日 (月) 07時30分

松本は雰囲気のあるいいまちですね。青春時代をこんな素敵なまちで過ごしたタナケンが羨ましいね。

ちなみに、あがたの森通りって? あがた森魚はここから?

投稿: 坂本 洋 | 2015年7月27日 (月) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/61965181

この記事へのトラックバック一覧です: 山登りの後は松本市内を見物:

« 木曽駒ケ岳 千畳敷カールのお花畑 | トップページ | デイサービス送迎中の事故急増・・・ »