« 久しぶりに金曜山歩きで‟釈迦ヶ岳”へ | トップページ | 猫の手倶楽部の収穫祭2015 »

2015年10月 4日 (日)

新宮晋風のミュージアムで‟シング シング シング”

01e27b77bce0520aa752a902e93cc1491_2

兵庫県三田市にある‟風のミュージアム”は、世界的造形作家、新宮晋(しんぐう すすむ)さんの作品が常設展示された屋外美術館。広々とした公園で空中を自由に動き回るオブジェの数々を楽しむことができる。

昨日はそこで、‟風のジャズ”というコンサートがあった。春に行われた‟風の能”に続く野外イベントだ。

Dsc01895

快晴微風・・・これ以上はないというほどの絶好の秋晴れに恵まれ、澄み切った青空が高い。

Dsc01903

風のミュージアムには新宮さんの作品が並ぶ・・・全て風だけで動くのだが、普通の風車と違うのは動きが立体的だという点。

Dsc01917

精巧なベアリングが組み込まれた回転軸が、縦横高さの三次元の動きをする・・・まるで生き物のように、滑らかに複雑に動き回ることによって、‟時間”をも含めた四次元作品となるわけだ。この点が本当に素晴らしいと思う。

Dsc01920

公園の一角にある、「白鳥」という作品が展示された池が特設ステージ。

Dsc01922

白いオブジェがまるで生きているかのように首をかしげ、くるくると湖面を舞う。

Dsc01924

黄色いオブジェは‟ウインドキャラバン”という世界辺境ツアーから帰ってきたばかりだという。

Dsc01925

昼下がりに、ビッグバンドジャズの演奏が始まった。

Dsc01928

‟風ミュ・ジャズオーケストラ”は、この日のために結成されたビッグバンド。イン・ザ・ムード、ムーラント・セレナーデ、スターダスト・・・誰もが知っているグレンミラーサウンドが心地よい。

Dsc01929

真ん中が新宮晋さん、近くにあるアトリエで今も旺盛な創作活動を続ける。

Dsc01935_3

01e27b77bce0520aa752a902e93cc1491_3

休憩をはさんで、二部は地元出身のジャズボーカル、飯嶋ももこさんの歌に拍手を送り、最後はサルサのダンスで会場も一体となってのジャムセッション。

0101da16e12b6fba5cfc44c290a3c212ecf

「ジャズファンが多いのでさすがに踊りも素晴らしい」とMCのクリスさん。私の側のお姉さんもじっとしておれなくて立ち上がって踊りだした。

最後に新宮晋さんに捧げますと、‟シング シング シング”・・・(#^^#) 音楽に合わせ踊る人々、湖面の白鳥もまるで踊っているかのようだった。いゃぁ~良かったなぁ~。

風のミュージアム・・・子ども連れで一日ゆっくり過ごすのにオススメですよ!

坂本 洋

|

« 久しぶりに金曜山歩きで‟釈迦ヶ岳”へ | トップページ | 猫の手倶楽部の収穫祭2015 »

コメント

素敵lovelyの一言scissors 遊園地よりも、こういう施設が福島にも欲しいo(^-^)o

投稿: 空 | 2015年10月 4日 (日) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/62406201

この記事へのトラックバック一覧です: 新宮晋風のミュージアムで‟シング シング シング”:

« 久しぶりに金曜山歩きで‟釈迦ヶ岳”へ | トップページ | 猫の手倶楽部の収穫祭2015 »