« インテリ高齢者の居場所って・・・ないんだよなぁ~ | トップページ | 国政も大阪も・・・非常事態なんだよなぁ~ »

2015年10月30日 (金)

田中研二の帰国ライブを京都の拾得で楽しむ

0189e0a94b27a6703f590da54d94d8021_2

オーストラリア在住のフォークシンガー、田中研二の帰国ライブが京都の拾得(じゅっとく)であった。40年ぶりに訪れた老舗のライブハウスは当時の雰囲気のまま。タナケンも昔と変わらずに、ぼそぼそとペーソスあふれる歌を弾き語っていた。

Img_1095

大阪の茨木市出身、信州大学で学ぶもフォークソングに魅せられてドロップアウト。大阪に帰ってきた彼と知り合ったのは、私がやっていたFREAK(フリーク)というロック喫茶だった。

共通の友人だった貧°苦(ピンク)は既に亡く、お互い前期高齢者となったが、最近Facebookでつながり、今回15年ぶりの再会となった。

Img_1111

バンジョーの名手古川豪がゲスト出演、京都にこだわり、下町の人情あふれる人々の暮らしを歌うスタイルは、今も全くぶれるところがない。

Img_1128

豊田勇造が登場・・・こちらはレゲエに魅せられた熱血のブルースシンガーだ。私の主催するコンサートに何度も出てもらった。

「タナケンはシンガーズ・シンガー・・・シンガーが好きなシンガー」だと語る勇造、最高の褒め言葉だよね(*^^*)

Img_1099

タナケンが着ているのは、伝説のフォークシンガー、ウッディーガスリーのギターに書いてあったという‟THIS MACHINE KILLS FASCISTS”をあしらったもの・・・彼の生きざまを象徴しているようだ。お連れ合いは、「KILLはよくない」って・・・これもいいなぁ~(*^^*)

Jyuttokulive

マンドリンの名手も加わってのジャムセッションは、タナケンの‟すすき川の流れるところ”(Youtubeでどうぞ:5分35秒)・・・♪もうずいぶん遠く離れてしまった すすき川の流れるところから・・・私の大好きな曲だ。

Img_1143

タナケンや古川豪、豊田勇造・・・変わらない熱い魂を持ちながら、ずうっと今を歌い続けるフォークシンガーたち。もう一つの生き方を求め続ける彼らと同世代を生きることを誇りに思う。

今度は豊中に来てよね(*^^*)

坂本 洋

|

« インテリ高齢者の居場所って・・・ないんだよなぁ~ | トップページ | 国政も大阪も・・・非常事態なんだよなぁ~ »

コメント

拾得は懐かしい昔の友人達が集まってくださり、気持ちよく演奏できました。
また、来たいです。次の時には豊中で。

投稿: 田中研二 | 2015年10月31日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/62576032

この記事へのトラックバック一覧です: 田中研二の帰国ライブを京都の拾得で楽しむ:

» 田中研二ライブ in 拾得 [黄昏の冬じたく]
<田中研二JAPANツアー>!・・・ 10月29日京都『拾得』のライブに駆けつけました。 思いがけない手術・入院が決まってしまったので、どうなることかと案じたのですが、何とか間に合って良かったです。 田中さんは1970年代に活躍したシンガー・ソングライター・・・ 華々しく脚光を浴びたわけではありませんが、この日勇造さんが指摘したように「シンガーズシンガー」として、プロのミュージシャンには今も多くのファンを持つ、いわば玄人好みのアーティストです。 彼はこの後、ニュージーランドをバイク... [続きを読む]

受信: 2015年11月 4日 (水) 11時20分

« インテリ高齢者の居場所って・・・ないんだよなぁ~ | トップページ | 国政も大阪も・・・非常事態なんだよなぁ~ »