« カメラ散歩で千里川沿いをぶらぶら | トップページ | なんだかなぁ~(>_<) »

2015年10月 8日 (木)

同じ太郎でも大違い(怒)

Nyukaku_2

自民党の数少ない良識派、脱原発の急先鋒と思われていた河野太郎氏が、第三次安倍内閣で国家公安委員長・防災担当大臣として初入閣・・・なんやねんそれは!(怒)

「安保法制」審議に関して、「なんか言えよ!」と思っていたが全くの音無し・・・言えない事情があったわけか・・・。

Tarou2_3

河野太郎と山本太郎・・・権力に対して‟恐れず ひるまず 囚われず”、歯に衣着せぬ言動でタブーに挑んでいたのではなかったのか?

川内原発再稼働を批判していたブログ、‟ごまめの歯ぎしり”も閉鎖だそうだ・・・「ごまめでは無力なので、閣内に入って改革」ってか? (笑)

「戦争法案」参議院での審議、委員会で「原発への核攻撃のリスク」、「アーミテージ・ナイレポートの完全コピー」暴露など、爆弾質問を繰り返し、最後の本会議では‟一人牛歩”、“自民党が死んだ日”のパフォーマンスを決行。

議場で「恥ずかしくないのか! 議員など辞めてしまえ!」と、命がけで必死のヤジを飛ばした山本太郎に比べ、余りにも情けない(>_<)

政治家が『豹変』するのが悪いわけではない。『過ちては改むるに憚(はばか)ることなかれ』とも・・・。

一番恥ずかしいのは、金や地位に目がくらみ、信念を曲げて権力に屈することではないのか! 「そうではない」というなら、態度ではっきりと示して欲しいものだ。

「寄らば大樹の陰」、「長いものには巻かれろ」・・・倫理や道徳を偉そうに宣(のたま)う政治家のセンセイたち、さぞかし子どもたちへの教育効果抜群だろうよ ( ̄▽ ̄)

自公極右政権が、これ以上続くのは耐えられない。‟奴らを通すな!”だよね。

坂本 洋

|

« カメラ散歩で千里川沿いをぶらぶら | トップページ | なんだかなぁ~(>_<) »

コメント

河野某に始まったことばかりじゃありません!選挙で「脱原発」を公約としながら、当選したら女性大臣のトップに納まり、まるで別人としか思えない森某女史とか豹変議員の巣窟としか思えないのです…あ~あ!

投稿: 空 | 2015年10月 8日 (木) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/62432800

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ太郎でも大違い(怒):

« カメラ散歩で千里川沿いをぶらぶら | トップページ | なんだかなぁ~(>_<) »