« 薬の確認から始まるデイサービスの送迎 | トップページ | 新宮晋風のミュージアムで‟シング シング シング” »

2015年10月 3日 (土)

久しぶりに金曜山歩きで‟釈迦ヶ岳”へ

Pa020015_2

SEALDsKansai の金曜街宣がひとまずなくなって・・・すごく寂しいが、久しぶりに山行きを復活。紀伊半島のど真ん中、大台ケ原に近い釈迦ヶ岳へ。(写真はクリックで拡大)

標高1100mの登山口、「クマ出没注意!」の看板が生々しい(>_<)

Pa020025

ブナの大木にはぎっしりと実が成っている・・・クマの好物らしい(^^;) 「ブナの実はウイスキーのあてに最高」らしい。

Pa020062

爆弾低気圧が去って、天気は回復・・・のはずが、一向に晴れず深い霧の中。

Pa020063

これはこれで幻想の世界・・・長谷川等伯の松林図を楽しむことにしよう。

Pa020069

Pa020076

倒木にはびっしりとコケが生え、もののけ姫の世界へいざなう。

Pa020086

ヤマガラが驚いて飛び立ち、遠くでキーンという鹿の鳴き声。誰一人出会わない静かな山中だが、尾根道だけに視界は開け、迷うこともない。

Pa020109

登るにつれ風が強くなってきた。真冬の高見山を思い出す・・・猛吹雪で吹き飛ばされそうだったなぁ~。

Pa020034

ようやく標高1799mの釈迦ヶ岳山頂へ。霧の中に釈迦如来像がぼんやり浮かんでいる。

ウインドブレーカーだけでは寒くてたまらない。早々に下山にかかる。

Pa020138

本来ならそびえ立つ大日岳まで足を延ばし、一枚岩にかかる15mのクサリ場を体験したかったのだが・・・この天気では諦めた。

Pa020161

昼過ぎになると、ようやく天気も回復して、青空が覗くようになってきた。

水墨画の世界が一気に印象派に!

Pa020148

Pa020164

本格的紅葉にはまだ早いが、広葉樹の森はそれぞれの彩を見せてくれる。

Pa020166

空が高くなり、ササが生い茂る尾根道をゆっくり歩く・・・いやぁ~実に気分がいい(*^^*)

Pa020184

Pa020204

Pa020205

Pa020213

出掛けて行かないと出会えない景色・・・これが山登りのだいご味だよね。

Pa020219

紅葉前線と休みの日と天気をにらめっこしながら、次はどこへ行こうかと悩むのもまた楽し。

坂本 洋

|

« 薬の確認から始まるデイサービスの送迎 | トップページ | 新宮晋風のミュージアムで‟シング シング シング” »

コメント

霧や靄の魔法で、山々は一気に錦秋の彩りになるのですねぇlovely

投稿: 空 | 2015年10月 3日 (土) 07時21分

晴れが最高ですが、霧の幻想的な世界もまたいいですね〜。
一雨ごとに寒くなり、役割を終えた葉っぱは落ちる前に精一杯の輝きを見せる・・・こうありたいもの、と思います(^_^;)

投稿: 坂本 洋 | 2015年10月 3日 (土) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/62399604

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに金曜山歩きで‟釈迦ヶ岳”へ:

« 薬の確認から始まるデイサービスの送迎 | トップページ | 新宮晋風のミュージアムで‟シング シング シング” »