« この冬一番の冷え込みの中で探鳥会・・・インストラクターの名解説を堪能 | トップページ | リサイクル本を仕入れに‟庄内REK”へ »

2016年1月26日 (火)

99%に属している人々が1%を応援する異常な日本社会

197c9ec5_2

世界中で究極の格差社会が進行中・・・2016年には、1%の富裕層の富が99%の人々の富を上回るそうだ。

もちろん日本も例外ではない。「一億総中流社会」は既に遠い過去の話なのだが・・・「自分はそうではない」と思っている層が、異常に多いのが現代の日本社会の特徴なのだろうか・・・。

先進国中最悪の子どもの貧困化が進み、若い世代がブラック企業に食い物にされ、余裕層と思っている人々も、世界一高額な教育費に足かせをはめられ、病気にでもなれば一気に沈没する・・・。

空前の内部留保を抱える大企業には減税し、逆進性の高い消費税は増税・・・でも安倍政権の支持率は未だに高止まり・・・「なんでやねん!」 と思うが・・・(>_<)

とっくに終わっているアベノミクスだが、世界中行き場のないマネーが、一時避難して日本株を買っているので破たんが見えないだけなんだろうけど・・・。

株高が続いている間に、悲願の「改憲」を成し遂げたい・・・A級戦犯の末裔は、グロテスクなまでに立憲主義を捻じ曲げ、この国をどこかの将軍様の国にしたいようだ。

145198456028644964178

この夏の参議院選挙は「天下分け目の関ケ原の戦い」のようなもの。ここでリベラル派が負ければ取返しのつかない事態に追い込まれてしまうことだろう。

未だに腰の定まらない最大野党の尻を、「ママの会」が叩く。「野党は共闘!」する以外に選択肢がないことなど、「子どもでも分かる」ことなんだけどね(>_<)

E89a031ab2f4ec96d8e57f6586b7f4b4

今夏の参院選で、安保関連法の廃止を掲げる候補を支援する団体、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」が発足。小林節氏を先頭に、オールリベラルの立憲党設立で、統一名簿作りをしてほしいもの。

E1c4ab8248658fe762dce2280508bae4201

「戦争を始めるのは年寄りで、いつも死ぬのは若者だ」・・・これは歴史の教訓だ。SEALDsの弟・妹たちが立ち上げた高校生グループT-nsSOWLが、東京・渋谷や東北、大阪などで二月二十一日に安保法に抗議する高校生の一斉デモを実施すると発表した。三万人の参加を目指す。

合言葉は国民も野党もメディアも「とりまユナイト」で――安保反対の高校生が「団結」を呼びかけた。

ママや高校生に尻を叩かれても立ち上がれない野党って? 存在意義はあるのか!

坂本 洋

|

« この冬一番の冷え込みの中で探鳥会・・・インストラクターの名解説を堪能 | トップページ | リサイクル本を仕入れに‟庄内REK”へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63123350

この記事へのトラックバック一覧です: 99%に属している人々が1%を応援する異常な日本社会:

« この冬一番の冷え込みの中で探鳥会・・・インストラクターの名解説を堪能 | トップページ | リサイクル本を仕入れに‟庄内REK”へ »