« 政治家はみな大臣を目指して「塀の上」を歩く・・・ | トップページ | 図書館主催のカメラ講座は満員の盛況 »

2016年1月30日 (土)

原発と心中しようという関西電力とは、お付き合いできないなぁ~

222915c1_2

高浜原発が再稼働されてしまった。福島原発事故以降日本は、昨年秋の川内原発再稼働まで2年近く原発ゼロの期間が続いたが、それでも電力不足は起きなかった。

それだけ省エネが進み、経済が成熟し、人口減少社会に入った日本は既に「脱成長」社会・・・エネルギー需要は徐々に減少しているわけだ。

私たち住民は原発ゼロでも困らない。困るのは原発に過度に依存してきた関西電力。収益が悪化し続けるにも関わらず、度重なる料金値上げでしのぎながら、ひたすら再稼働に期待・・・さながら一神教のように原発にすがりついてきた。

「企業努力が電気料金値上げ」って・・・まさしく恫喝だよね(>_<) 「毒食わば皿まで」というのはこのことか・・・。

「原発が動けば電気料金は下がる」というが、いったん事故が起きれば取返しが付かない大参事になる。地震列島の上に54基もの原発があることの恐ろしさ、3.11で私たちは骨身にしみたはずだけど、まだのど元も過ぎてないのにもう忘れるのだろうか・・・。

避難計画もほとんどできていない中、ヨウ素剤を配布された周辺住民・・・それでどうしろというわけ?

Osk201306120160

「原発銀座」と呼ばれる若狭湾、琵琶湖が汚染されたら近畿一円人が住めなくなる・・・そんなめちゃくちゃなリスクを背負ってまで、原発にしがみつく必要は全くない。

関電がつぶれるのと、関西に人が住めなくなる・・・それを天秤にかけるわけにはいかない。

4月からは、家庭でも電力会社を選ぶことができるようになる。原発と心中する関電には、お付き合いできないわなぁ~。

坂本 洋

|

« 政治家はみな大臣を目指して「塀の上」を歩く・・・ | トップページ | 図書館主催のカメラ講座は満員の盛況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63140048

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と心中しようという関西電力とは、お付き合いできないなぁ~:

« 政治家はみな大臣を目指して「塀の上」を歩く・・・ | トップページ | 図書館主催のカメラ講座は満員の盛況 »