« 車が来ても、よけない子どもたち | トップページ | 原発と心中しようという関西電力とは、お付き合いできないなぁ~ »

2016年1月29日 (金)

政治家はみな大臣を目指して「塀の上」を歩く・・・

Pol16012817450002p2_2

甘利経済再生担当大臣が、不明朗な政治献金を受けたことを認め閣僚辞任を表明・・・「政治とカネ」の疑惑は構造的なもの、現象ではなく原因を見ないと、「ハイ、次のニュースです」と・・・いつものごとく「消費」されてしまうよ (>_<)

全ての政治家は、まず当選を目指す。選挙にはカネが掛かるので、後援会・支援団体をつくることから始まる。

当選すれば、翌日からは次の選挙の事前運動・・・政治献金を集めることにまい進。

当選を重ねて行けば、次に目指すは大臣。大物政治家ともなれば「派閥」をつくらねばならない・・・政治家を束ねるには相当なカネがいる。

カネを出す側は? よく言われることだが、「企業が見返りを求めない政治献金をしたらそれは『背任』。見返りを求めれば『贈賄』」・・・いずれにしてもカネにはひもが付いているわけだ。

だから、「企業・団体献金の禁止」が必要なのだが・・・ほとんどの政党はそれをしようとしない。税金から「政党助成金」をもらっているくせにネ(共産党を除く)。

カネを稼ぐため、大物政治家は常に「塀の上」を歩くことに・・・塀の中に落ちれば政治生命がなくなるが、「人畜無害」な政治家では「出世」はできない。

この点で、二世・三世議員は「やばい橋」を渡る必要がない。「地盤・カバン・看板」がそろった選挙区を相続するので大きなアドバンテージがある。「相続税」の掛からない世襲議員が増え続ける理由はこれだが・・・苦労してのし上がった先代とは違って、‟ぼんくら”が多くなるのは世の常だよね(^^;)

今回の「贈収賄」事件、いつものごとく「秘書が、秘書が・・・」で「殿様は知らなかった」? あり得ないだろう(>_<) 本当に知らなかったとしたら、人を見る目もないぼんくら・・・ということになり、そんな政治家に大臣など任せられないよね。

複雑なようで実は単純・・・「権力」とは「金」のことなのだ。

もう一つ、田中角栄のロッキード事件は、アメリカの陰謀だったという指摘があり、これはほぼ裏付けられているが、今回もTPPを有利にするため、CIAによる工作ではないかという指摘・・・これはどうなんだろうね?

後任は、あの石原家のおぼっちゃま・・・「しょせんは金目でしょ」って・・・出来過ぎてるなぁ~( ̄▽ ̄)

企業・団体が支える議員ばかりでは、フツーの市民の声は絶対に反映されない。「市民が支える政治家」を市民自ら育てていかないと・・・ね。

坂本 洋

|

« 車が来ても、よけない子どもたち | トップページ | 原発と心中しようという関西電力とは、お付き合いできないなぁ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63135893

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家はみな大臣を目指して「塀の上」を歩く・・・:

« 車が来ても、よけない子どもたち | トップページ | 原発と心中しようという関西電力とは、お付き合いできないなぁ~ »