« 市民に引かれて野党共闘実現へ! | トップページ | 万博公園の枝垂れ梅が見ごろに »

2016年2月25日 (木)

豊中の春は荒汐部屋から

0118bb5ce4cf0d9f0e5b2213f3e75c96dcf

青空にはためく巨大なのぼりが、大相撲荒汐部屋の豊中宿舎に掲げられた。3月13日(日)から始まる大阪場所に向けて、そろそろ力士たちが豊中にやって来る・・・ワクワクするなぁ~(*^^*)

Img_0533_2

近所の、稲荷神社の境内に張ったテントの中に土俵が作られ、早朝から激しい稽古が行われる。見学自由なので、毎年楽しみに出かけている。

Enq02

親方は元小結・大豊、最高位の力士は蒼国来(そうこくらい)・・・中国内モンゴル出身のイケメンだ。1月場所は前頭5枚目で勝ち越したので、上位との取り組みが楽しみだ。

高齢者の通所施設で送迎の仕事をしているが、大の相撲好きのおじいさんがいる。彼は寝屋川市出身の豪栄道の大ファンだったのだが・・・大関になってからのあまりの不甲斐なさと、週刊誌ネタにされた黒い噂で「絶縁してやりました」って・・・(>_<) 先場所から、同じ大阪府交野市出身の(いきおい)に乗り換えてしまった(^^;)

Images

勢もイケメンで、友人の女性にも大ファンがいる。

毎年、荒汐部屋の稽古をビデオに写して楽しんでもらっているが、勢のいる伊勢ノ海部屋の宿舎は、松原市三宅・・・ちょっと遠いなぁ~(^^;)

坂本 洋

|

« 市民に引かれて野党共闘実現へ! | トップページ | 万博公園の枝垂れ梅が見ごろに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63260633

この記事へのトラックバック一覧です: 豊中の春は荒汐部屋から:

« 市民に引かれて野党共闘実現へ! | トップページ | 万博公園の枝垂れ梅が見ごろに »