« アフリカンパーカッショングループ“New Mafolo”がデビュー | トップページ | 安保法が施行されたって諦めない 「日本は戦争をしない国!」 »

2016年3月28日 (月)

生野高原の段ケ峰で、稜線パノラマ歩き

Dsc02281

兵庫県のど真ん中、生野高原にある段ケ峰へ。標高1000mの分水嶺を歩けば、360度のパノラマ眺望・・・いやぁ~素晴らしかった(#^^#)

Dsc02289

生野銀山近くのゴルフ場からの登山道、いきなりの急坂を1時間登るとススキの生い茂る稜線に出る。

Dsc02308

穏やかな春の日差しを浴び、アセビが清楚な花を付けていた。

Dsc02309

ところどころ、林間にはまだ雪が残る。

Dsc02311_2

抜ければ青空の下のパノラマ稜線・・・あの上を歩くのだ。

Dsc02327

一面に笹が茂る快適なハイキングコースが広がっている。

Dsc02341

起伏の少ない稜線は、日本海と瀬戸内海の分水嶺だという。

Dsc02348

Dsc02352_2

中国地方独特の穏やかな山並み・・・遥か南には播磨の山々が広がる。

Dsc02351

東には歩いてきた稜線が見え

Dsc02356

 

眼下には、朝来の町が谷間にへばりついている。

Dsc02357

若いファミリーの女の子は『年長さん』だそうだ。きっと山好きになることだろう(#^^#)

Dsc02361

ここが段ケ峰の山頂。

Dsc02367

遥か北には雪を戴いた山々・・・氷ノ山かな?

Dsc02368

Dsc02371

おにぎりを食べていると、ハイカーのグループがやってきた。リーダーは「山に憑りつかれた」おじさん(#^^#) 播磨・但馬・丹波の山の詳しい解説を聞かせていただいた。

Dsc02385

ガイド本には林道を下るコースが載っているが、「オススメできません」とピストンで折り返すようアドバイスを受けた。

Dsc02386

やはり自然の中を歩く方が楽しい・・・素直に従って正解かな(^^;) 

Dsc02395

下山すると、ミツマタの花が満開で迎えてくれた。本当に三つに分かれてるでしょ(#^^#)

新緑・紅葉・・・いやいや冬の雪の中も素晴らしそうだ。また訪れたいなぁ~。

坂本 洋

|

« アフリカンパーカッショングループ“New Mafolo”がデビュー | トップページ | 安保法が施行されたって諦めない 「日本は戦争をしない国!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63405849

この記事へのトラックバック一覧です: 生野高原の段ケ峰で、稜線パノラマ歩き:

« アフリカンパーカッショングループ“New Mafolo”がデビュー | トップページ | 安保法が施行されたって諦めない 「日本は戦争をしない国!」 »