« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

能勢の里山で、山菜と持ち寄り料理で野外バイキング

Dsc05149_2

GWの初日、‟大阪のてっぺん”能勢町の里山で、 猫の手倶楽部恒例の山菜パーティーを行いました。

曇り時々晴れでちょっと寒かったけれど、雨に洗われた新緑はくっきりと目に鮮やか・・・空気も澄み切っていました。

Dsc05148

米作りでお世話になっている原田ふぁーむさんの前庭で山菜摘み。ヨモギやワラビにカラスノエンドウ・・・どれが食べられる草?

Dsc05158

摘みたてのヨモギを湯がいて上新粉と混ぜ、子どもたちが『粘土遊び』 (#^^#)

Dsc05162

羽釜で茹でて・・・浮き上がってくればOK。

Dsc05164

ヨモギ団子の出来上がり。きな粉をまぶして、大人も子どももヨモギのいい香りを楽しみました。

Dsc05168

前庭で摘んだヨモギやワラビに、田んぼの畔で採取したセリやノビルも加え、お姉さまたちが山菜の天ぷらに・・・手際よくカラッと揚げていきます。

Dsc05172

ロケーションはこんなところ・・・緑がいっぱいでしょ(#^^#)

Dsc05175

揚げたての山菜天ぷらに加え、参加者が持ち寄った一品料理が勢ぞろい。

Dsc05176

Dsc05177

Dsc05178

和洋中華にエスニック・・・緑の里山に料理の花が咲きそろいました。

Dsc05180

「いただきまーーーす!」で一斉に料理に群がって

Dsc05183

Dsc05184

どれにしようか迷うよね(#^^#)

Dsc05186

「おいしい顔って こんな顔!」

Dsc05188

「わしゃそんな草よりこっちがええわー」とオーナーの原田さん。忙しい農作業の手を休め、顔を出してくれました。

相談の結果、今年の田植えは5月22日(日)に決定!

Dsc05190

近くでこだわりの養鶏を始めたばかりという人が、生みたての卵を差し入れ・・・さっそくゆで卵にしていただきました。

Dsc05196

美味しい料理はあっという間に売り切れ(^^;) 後はのんびりと里山の春を満喫しました。

緑に包まれて、時折ウグイスのBGMも・・・いやぁ~これこそ最高の贅沢だよねぇ~(#^^#)

Dsc05211

食後の運動もあるよ。カポエラというブラジル生まれの格闘技が、いま能勢町ではエクササイズとしてブレーク中?!

12715356_1001972499874350_431572951

こんな素敵な「大阪のてっぺん」能勢町で、5月15日(日)には‟ピース・マーケット のせ”という野外フェスティバルが開催されます。

場所は『浄瑠璃シアター』・・・これはオススメ!(#^^#)

猫の手倶楽部の米作りも、その後5月22日(日)の田植えからスタート。みなさん、いま能勢町が熱いよ!

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

沖縄・・・もう一つの日本のリアル『山城博明写真展』

13095890_226746461034185_9045215578

‟米軍占領下から日本へ復帰した沖縄の姿を、在沖新聞社を代表する報道カメラマンが40年以上接写してきた。いまなお米軍基地問題に蹂躙され、本土の政治に翻弄される沖縄。“本土並み”の真実と欺瞞に迫る。

必見、「里山」能勢から「街中」千里中央へ!この50枚の貴重な写真に定着された沖縄の歴史は、本土の記述された歴史では語られることのない、日本のほんとうの歴史がつづられています。”(Facebookから引用)

能勢に住む友人が、豊中で企画した報道写真展・・・テーマは『抗う島のシュプレヒコール』・・・重い厳しい基地の島沖縄の写真がずらっと並んでいるに決まっている。

軟弱派の私・・・できれば見たくない (~_~;) と逃げてしまいそうになるが、脳裏に浮かんだ生真面目な友人の顔に背中を押され、千里中央のコラボに出かけた。

Yamasiro1_3

1949年生まれの山城博明さんは、1970年安保闘争の最中に青春を迎えた同世代。米軍直接統治下での「コザ暴動」から「本土復帰闘争」、復帰後の基地内労働者による「全軍労」の闘い・・・日本に復帰後も米軍占領の実態は変わらない。

1995年に起きた、海兵隊による少女暴行事件に抗議する全島ぐるみの怒り、更には普天間基地近くの大学構内へのヘリ墜落・・・繰り返し繰り返し襲う理不尽な暴挙に屈せず、抗い続ける人々がいる。

そして21世紀になったいま、その矛先は日本政府に向けられるように・・・「普天間の危険除去のため」と称し、ジュゴンの住む辺野古の美しい海を埋め立て、「海兵隊専用の飛行場を造って差し上げる」という。

これが、安倍首相が取り戻す「美しい国日本」のリアルな現実だ・・・(>_<)

Img_1845

いまの私には眩しすぎる現実だが、直視する機会を与えてくれた友人に感謝。

今日までの開催だが、お近くの方はぜひどうぞ!

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

池田まきさんを東京選挙区の候補者に!

13082725_931355313630423_54997214_2

衆議院北海道5区の補欠選挙で大健闘した池田まきさん、政治への強い決意は揺らぐことなく、新たな闘志を燃やしているという。こんな人材を埋もれさせておくのは本当にもったいない・・・直ぐにでも国政に送り出して、安倍首相と国会で対峙してほしいもの。

夏の参議院選挙は2か月後に迫っている。焦点は一人区での野党共闘だが、市民が主導する形でバラバラだった野党が重い腰を上げ、32の選挙区の内20で共闘が実現する見込みと。

もう一つの焦点が首都東京選挙区。今回定数が5から6に一人増える。ここに池田まきさんを無所属候補として担ぐことを提案したい。

参議院選挙の候補者要件は、日本国籍を持つ30歳以上の有権者・・・居住地は関係ない。もちろん落下傘候補だけど、池田まきさんのエネルギーと能力を発揮するのに最高のステージではないか!

201603200007_001_m_2

SEALDsや「市民連合」は、北海道に乗り込んで池田まき選挙を応援したが、東京だとより一層運動を集中させることができることだろう。

3年前の東京・・・山本太郎の獅子奮迅の闘いを思い出す。「放射脳」と嘲られながら、一途に命がけで訴え続けた山本太郎・・・彼が国会に入って本当に良かったと思う。

池田まきの福祉にかける一途さも引けを取らない。「本当に困っている人を放っておかない」のが政治の役割・・・富裕層がほくそ笑む陰で、やせ細る子育て世代の悲鳴、介護現場のリアル・・・安倍首相や麻生財務相にぶつけてほしいと思わないか?

選挙母体は、「市民連合」が中心になって勝手連で担う。

資金は? 

クラウドファンディング(小口のカンパ)をSNSで募ればいい。一口1万円で1000口集まれば一千万円・・・不可能ではないだろう(#^^#)

奥田愛基さん、金沢の主婦さん、このアイデアどうでしょう!

もし実現したら、私も仕事を休んで(あるいは辞めて)東京に張り付いて応援するよ(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

緑のカーテンを準備して、電力会社も‟#iSwitch”

Dsc05144_2

まだ4月というのに連日の夏日が続き、すっかり初夏の陽気。長期予報によると、今年の夏は酷暑だと・・・(>_<)

エアコンを使わない我が家の強い味方が、ゴーヤによる緑のカーテン。菜の花畑になっていた庭を片付け、二階にまで届くネットを張り、ゴーヤの苗を植えた。

びっしりと茂って暑い日差しを遮い、ゴーヤの実はおいしい夏のスタミナ食・・・期待しているよ(#^^#)

Dsc05141

‟猫のひたい”ほどのスペースには、ミニトマトの苗。無農薬で実った完熟トマトもうれしいよね(#^^#)

ホームセンターにはびっしりと野菜苗がそろい、開店早々からものすごい人・・・空前の園芸ブームだけれど、苗の値段の高いこと高いこと。「接ぎ木苗」など300円以上のものばかり・・・それでも連作にも強く、素人でもそれなりの収穫が楽しめるとあって、じいちゃんばーちゃんはせっせと買い求める。

F1種というハイブリッド種の値段も高騰・・・ゴーヤの種も一袋450円! ちょっとねぇ~(>_<)

F1種の場合、去年の種を蒔いてもいい実は採れない・・・種苗業界ばかりが儲かる仕組みになっている。アグリ業界にも、グローバル企業の巨大な影が迫っているわけだ(~_~;)

Switchbos2_2

ともあれ、電力自由化となったので、原発にしがみつく関西電力にサヨナラして、我が家も大阪ガスに『アイ スイッチ!』。国際環境団体‟GREENPEACE”の『# iSwitch』には、先日舞鶴に寄港した‟虹の戦士号”船上で収録された私の映像も一コマ(^^;) みなさん、「# iSwitchで行きましょう!」

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

ピースカフェ豊中 with SEALDs KANSAI 20歳の若者と平和を語ろう!

Peacecafe1_2

24日の衆議院補欠選挙、北海道5区の池田まきさんは残念ながら及ばなかったが、京都3区の泉ケンタさんはおおさか維新などの候補を大差で破って当選。

13051501_498940236963473_6987077251

二つの選挙には多くの若者たちが関わっていた。(以下 HPから引用

【投票ガイドパンフレット配布】

本日のフライヤー配布、終了しました。
今回の補選用投票ガイド、全期間合わせて1万1000枚の配布です✨
配布のその都度交わしてきた個々人との対話やその風景が、民主主義の種となりますように。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました🙇
投票は本日20時まで‼️ (引用終わり)

Peacecafe3

SEALDs KANSAIの‟のまりく”こと野間陸さんもその一人。投票日当日まで、「選挙に行こうよ!」と呼びかけを続けた・・・。

そんな20歳の若者をゲストスピーカーに迎え、豊中でトークライブを開催します。

▼ピースカフェ豊中 with SEALDs KANSAI

日時:4月30日(土)14:00~16:00(開場13:30)

場所:とよなか国際交流センター「会議室2A・B・C」
             (豊中駅西口 エトレビル6階)

ゲストスピーカー:野間 陸さん(SEALDs KANSAI)

※ 参加無料! (カンパ歓迎)

#路上で、安倍政権に敢然と立ち向かうSEALDs KANSAIの若者たち。その中心メンバーの一人が野間陸(のまりく)君。

サウンドカーの上で、テンポのいい音楽に載せて叫ぶ彼のコールは、デモを魅力的な新しい文化に変えた。

その「のまりく君」を豊中に迎え、二十歳の若者の、コールに込めた平和への熱い思いを聞こう!

主催:ピースカフェ豊中実行委員会
     九条の会・豊中いちばん星、どうするこの国@とよなか、           Rolling60’s+ 他
Mail:peacecafetoyonaka@gmail.com 

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

残念 池田まきさん及ばず・・・(>_<)

Photo_2

北海道5区、自民党派閥の領袖、町村氏の死去に伴う補欠選挙は、娘婿の和田氏が当選、池田まきさんは残念ながら及ばなかった・・・。

自公が押す和田氏に対し、野党が一つになって池田氏を推薦、SEALDsや市民連合など、若者が現地に張り付いて必死の応援を繰り広げた。

今回の候補者の特徴は、現代の「息苦しい社会」を象徴していた。権力に直結する派閥の後継エリート対、シングルマザーでDVの被害も経験した介護の専門家・・・池田まきさんの生い立ちや苦労を知るほどに、その演説を聞くほどに大きな共感が広がった。

SNSを通じて池田まき応援の輪が広がり、現地に行けない人の中には遠くから電話作戦をするという、かってないほどの広がりと深まりをみせたのだが・・・。

これほどの素晴らしい女性候補が当選できなかったことは、政治だけでなく、社会にとって大きな損失だと思うが、まずは池田まきさんの勇気とご苦労に大きな拍手を贈りたい・・・本当にお疲れさまでした。

落ち込んでいる暇はない。「野党は共闘!」しなければ選挙にすらなりえない状況なのだ。今回の敗北を受け止め、さらに市民とつながる選挙を再構築してほしい。もちろん私も傍観者ではいられないよなぁ~(>_<)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

出来立てのビールが無料で飲めてつまみまで・・・アサヒビールの工場見学

P4230005_2

「アサヒビールの工場見学に行きませんか!」という催しがあり、酒飲みの私としては‟取材”を口実にもちろん出かけることに。

P4230007

大阪府吹田市(フキタではありません 笑)にある製造工場には巨大なタンクが林立し、大型トラックがひっきりなしに出入りする。

もう60年近く前、小学校の社会見学で来たことを微かに覚えている。当然その時に飲んだのはサイダーだった(^^;)

P4230011

レトロモダンなポスターが何ともお洒落・・・1891年(明治24年)、日本人の手による初めての近代的ビール工場として「大阪麦酒会社吹田村醸造所」(現アサヒビール吹田工場)が完成したという。

P4230018

雰囲気あるよねぇ~(#^^#)

工場内は撮影禁止・・・巨大な醸造タンクやコンベアライン、さらには「官能検査」というマイスターによる試飲検査の説明を聞く・・・特別な才能を持つ選ばれた人たちが、毎日1.5ℓほど飲んで検査すると・・・仕事とはいえ大変だよねぇ~。

P4230021_2

まぁ、みなさん見学より試飲が主な目的(^-^; 最後に広いホールで出来立てのビールをいただくことに。

-2.1℃のビールを、清潔な冷やされたグラスに程よい泡とともに注いでもらい・・・

P4230027

コンパニオンのお姉さんの合図で乾杯! いゃ~これは本当に美味かった(#^^#)

P4230023

3種類のとっておきのビールを試すことができ、おつまみまで付いて無料だからねぇ~。高齢者にとっては、格好の居場所にならないかと余計な心配も・・・(~_~;)

Img_1842

ビールの原料は麦芽とホップ・・・植物好きの私はホップも育てている。ビールを作ろうというわけではないけどね(^-^;

P4230037

こんな素敵な催しを企画したのは、『討論Barシチズン』・・・関大前にある硬派のスタジオだ。

P4230049

日本橋にあった際、白井聡さんのトークを聞きに行って以来・・・近くに越してきたのにご無沙汰していた。

P4230045

昨年の統一地方選挙で、吹田市議に当選したばかりという馬場慶次郎さんは、元小沢一郎さんの秘書をしていたというさわやかな若者。生真面目すぎるほど真面目に議員活動を続けている。

『お・維新』のマッチョな連中にはない、しなやかな瑞々しい感性を失わず、政治に取り組んでいってほしいもの(#^^#)

昼からビールでほろ酔い気分・・・アサヒビール工場見学は予約制で誰でも可。おススメですよ。

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

百里ケ岳(ひゃくりがたけ)は霧の中

Dsc05044_2

滋賀と福井の県境にある百里ケ岳・・・百里四方が見渡せるところから名付けられたというが、生憎の天気で霧の中。

Dsc05021

Dsc05031

小雨が煙る尾根道、広葉樹の新緑が芽生え始めている。

Dsc05035

ブナの巨木があちこちにそそり立っている・・・霧の中も神秘的でいいなぁ~(#^^#)

Dsc05038

しっとりとした空気に包まれた登山道、シジュウカラやウグイスのさえずりを聞きながら登る。

Dsc05022

イワカガミが可憐な花を咲かせていた。

Dsc05082

こちらはイワウチワ・・・清楚な美しい花だ。

Dsc05054

コブシはほとんど終わりで、白い花びらを散らしていた。

Dsc05058

Dsc05059

霧の中に樹木のアートを探す。

Dsc05061

これも雰囲気あるでしょ(#^^#)

Dsc05065

最後の急坂を登ると・・・百里ケ岳山頂に。

Dsc05069

標高931mは霧の中・・・眺望は諦めて、久しぶりにアルコールストーブでお湯を沸かし、おにぎりとスープでゆっくりとランチタイム。

Dsc05098_2

Dsc05079

下山ルートは‟鯖街道”へ。その昔、若狭から京都へ塩鯖を運んだ街道という。

Dsc05097

Dsc05108

降りたところは朽木(くつき)村。

Dsc05110

北山杉が真っ直ぐに天に伸びている。

Dsc05114

奥深い山里にはまだ桜が残っていた。

Dsc05117

ソメイヨシノより花びらが大きい・・・たった一本で見事な花の森をつくっている。

Dsc05135

霧の原生林と遅い春を迎えるひなびた村・・・いやぁ~なかなか良かったなぁ~(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

我が家の菜の花畑もお終い

Dsc04979_2

秋に種を撒き、冬の寒さを耐えた菜の花(ナバナ)・・・大寒のころから伸びてくるつぼみを摘み取り、湯がいてお浸しに。

からし醤油で和えるとほろ苦さが最高! パスタと一緒にバター炒めにすると、緑と小麦色の彩りも食欲をそそる(#^^#)

Dsc04982

2月3月は食材として存分に楽しんで、ご近所や友人にもおすそ分けし、最後は菜の花畑に。

Dsc05005

お役御免で片付けて、油粕ではないけれど緑肥としてすき込む。その後は、アサガオやヒマワリで門前を飾るつもり。

Dsc04984

庭ではツツジが主役に代わり、艶やかな花で虫たちを呼んでいる。

Dsc05012

その下にはシランの薄紫の花。

Dsc04997

Dsc04994

ウノハナが陽光を浴びて輝いている・・・うっとりと見とれるほど清楚で美しい(#^^#)

Dsc04990

Dsc05009

カラマツの新緑や茶の新芽もぐんぐん伸びて、命の輝きがまばゆい。

Dsc05007

植物フェチの私、めったやたらに増やし続けて・・・世話が追い付かないなぁ~(^^;)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

池田まき・・・市民が政治を動かす時代の魁(さきがけ)に!

12994458_833122440164706_38915345_2

4月24日投票の衆議院補欠選挙、京都3区は自民が擁立を見送ったこともあって野党候補が勝ちそうだが、北海道5区は大接戦という。

自民候補に挑むのは、全く無名の女性候補、池田まきさん。安倍政治の暴走を止めようと、SEALDsや市民連合が重い野党の尻を押し、何とか野党統一候補にこぎつけたが、当初は泡沫扱いだった。

しかし、シングルマザーでワーキングプァ、DVの被害者でもあった暗い過去をカミングアウト。苦労して社会福祉の資格を取って弱者に寄り添ってきた苦労人・・・「困っている人を放っておけない」という熱い思いが共感を呼び、みるみるうちに支持の輪が広がった。

野党は表に出ず、若者や女性が「名乗りの連帯」で池田まきへの支持を訴える・・・大きなウエーブが生まれ、自民候補を追い上げ、抜き去ろうという勢いだという。

北海道は遠く、九州での収まらない地震被害も気になるけど、どうか池田まきさんの勇気ある立候補が、いい結果に結びつくことを願って精一杯のエールを送ります!

16kumamotojishinkumamonchinataiwan0

どうしようもない情けない人物をリーダーにしているこの国だけど、ネット上のこんなイメージを見ると、まだまだ世界も捨てたもんじゃないなぁ~と思う。

世界は権力者や富裕層のものではない。99%がつながれば、きっと変えられる(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

「郵便局から」を装うメールにご用心!

20160219oyt8i50053n_2

ことしの始め、「郵便局から」を装うメールが届いた。丁度ネットで注文していたので疑問に思わず添付の圧縮ファイルを開いたら、パソコンがフリーズしてしまった。

Security_147

悪質なウイルスソフトで、強制終了したり電源を切ったりしても再起動できない(>_<)

以前はこういうこともよくあったが、XP以降はほとんどない。もちろんアンチウイルスソフトは導入している。

やむを得ずパソコンを「初期化」することに・・・ソフトやデータが消えるが仕方がないしね・・・。

ソフトは消えてしまったが、幸い文書や写真データはほとんど残った。(^^;)

苦労してソフトを入れ直し、何とか使えるようになったが・・・各種設定が大変。メールの送受信だけでなく、ホームページの管理も一からやり直し。

米作りの「猫の手倶楽部」だけでなく、アフリカンパーカッショングループ‟Mafolo(マフォロ)”のページも管理しているので、IDや転送もすべて再設定が必要に(>_<)

何とか以前のように使えるようになったが、そのパソコンも買って5年になる。それなりに高性能なのだが、映像処理の能力が低いのでイライラする。この際買い替えを・・・とDellの中級機を購入。

また一からの設定は疲れるので、「引っ越しソフト」を試してみたが・・・これが全くのハズレ(>_<) 結局ソフトもデータもすべて手作業で入れ直し。

OSもWindous10に変わり、一月ほど悪戦苦闘の末、なれない操作にもようやくなじみ何とか使えるようになった。

Windows95から始めてパソコン歴16年、何台目か忘れるくらいに買い替えたが、歳とともに面倒な作業が次第に億劫になってきた(~_~;)

みなさん、くれぐれも怪しいメールにはご用心! 知らない人からの添付メールは開かず削除を!

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

増えるは『診察券』ばかりなり・・・

Hizatsuu_01_2

少し前から膝の痛みが出てきて困っている。

糖尿病の運動療法として、自転車生活を始めて8年目。コラーゲンとコンドロイチン配合のサプリを飲むようになって膝の痛みがなくなり、5年ほど前からは山登りにも行けるようになった。そのお陰で血糖値も安定しているのだが・・・ひざ痛がひどくなるとお手上げだ(>_<)

近くの整形外科でレントゲン撮影。医師によると、「水が溜まっているわけではないですね」で、・・・結局、加齢による『変形性膝関節症』と診断。ひざを曲げ伸ばしする筋肉がやせてきているので、筋肉を鍛える体操をしなさいと・・・。

治療としては、温シップと電気による刺激を勧められた。また一枚診察券が増えて、週に2~3回通うことに(^^;)

整形外科はどこも混んでいる。高齢化が進むと、「加齢による痛み」を持たない人の方が少ないだろう。動かない人も、同僚のマラソンランナーも、みなさん膝が痛い・・・。

温シップと、‟まじない”のような電気刺激で一回320円・・・高くはないが、延々と続く・・・リハビリの世話をする看護師さんは飛び回る忙しさだ(^^;)

体操といっても、毎日続けるのが難しい。サプリを変えて、『筋肉成分配合』のにしようかと・・・(^^;)

みなさん、「生きてる限りお元気で!」

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

中野晃一上智大教授は行動する知識人 SEALDsの頼りになる兄貴だ

E166ba6259064eb980642adfedf193ca_2

「とめよう改憲!おおさかネットワーク」の集会で中野晃一さんが講演・・・これはぜひとも聞きに行かないと。

1970年生まれの46歳、「安保法制に反対する学者の会」をけん引し、SEALDsの兄貴として国会前や路上でデモを繰り返す・・・今や行動する知識人の代表的存在だ。

昨年8月31日、国会前が12万人のデモで埋まり、私の目の前で歩道が「決壊」し車道が解放区になった歴史的日・・・中野先生もその中にいた。その話を始めたばかりで沈黙が続く。「思わずウルウルしてきて・・・」と、中野さんって熱い人なんだ(#^^#)

世界中で経済のグローバル化が進み、少数者が多数を支配する寡頭(かとう)政治が進む。1%対99%といわれるように、富や権力の集中はもはや国家を超えて巨大企業の手の中。

2000年の「アーミテージレポート」は日本に対するグローバル企業からの指令書・・・2000年といえば、中国の台頭もテロの脅威もまだ顕在化する以前の話。「我が国をとりまく安全保障環境の変化」ではなく、アメリカを牛耳る1%の都合によるものだ。

ハゲタカが世界中で自由に餌を漁るのに「憲法9条は邪魔だから無くせ!」・・・それを忠実に実行しているのが安倍政権。

円安というのは日本の富の安売り、一部の輸出企業は儲けたかもしれないが、ブラックでなければ生き残れない企業で若者は使い捨て・・・人が育たない、家庭を持てない、技術が身につかない・・・10年20年先の日本を考えれば実に暗澹たる気分に陥る。

寡頭政治の手段は「分断」と「無力感の植え付け」・・・うそとごまかしで壊しているのは人間の尊厳・・・これは諦めるわけにも負けるわけにも行かない。世界中で反乱が始まった。「ウオール街を占拠せよ!」はいま、バーニー・サンダースの大奮闘につながり、スペインではポデモス という若者政党が躍進。

日本でもSEALDsが路上で声を上げ、「保育所落ちたの私だ!日本死ね!」のブログが大きな衝撃を与えた。「女子ども」をバカにする安倍政権に、『名乗りを上げて』の反乱が始まった。

「分断して統治する」のが1%のやり方なら、99%の私たちが目指すのは「他者性を前提とした連帯」・・・路上でのSEALDsや「総がかり行動」が野党共闘を実現させつつあるように、違いを認め合っての連帯・・・この夏の参議院選挙、あるいは同日選挙に向けて、どれだけつながれるか・・・。

「学者の会ははしゃいでいる」と中野さん。東大では出会えなかった学生に、国会前で出会えた・・・これはうれしいよね(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

季節は進み、花から新緑へ

Dsc04796_2

‟金曜山歩き”で近場の中山へ。ミツバツツジは盛りを過ぎ、新緑がまばゆい季節になった。手軽に登れるコースとあって、高齢のハイカーとひっきりなしにすれ違う・・・私もその一人なんだけどね(^^;)

Dsc04783

Dsc04800

半月前に登った際は咲きはじめ、今回は散りはじめ・・・花のトンネルは今年はお預けだ。

Dsc04807

Dsc04812

それでもところどころに紫がかったツツジは残り、黄緑の新緑と絶妙のコントラストを見せている。

Dsc04833

歩くと汗ばむほどの陽気で、ウグイスやシジュウカラのさえずりを聞きながらの山歩きを楽しめるのを有り難いと思う。

Dsc04835

Dsc04862

ところどころで写真を撮りながらゆっくりと登る。

Dsc04877

ミツバツツジの新緑が陽光に透き通っている。

Dsc04884

Dsc04893

少し霞んでいるけれど、樹間からは阪神間の眺望も・・・。

Dsc04909

花と緑と眺望・・・贅沢だよねぇ~(#^^#)

Dsc04916

西には甲山から六甲山。

Dsc04928

南には伊丹空港と、遥かに霞む梅田のビル街。

Dsc04934_2

東には池田の町と五月山。

Dsc04936

穏やかなコースの最後が突然の岩場に変わる。

Dsc04938

このギャップも魅力のうちだ(#^^#)

満願寺から川西能勢口まで歩き、最後はさすがにくたびれた(^^;)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

14日の熊本地震は「前震」って?

620892b5b845210adfdac96fc7949355_2

4月14日(木)夜、熊本県益城町を襲った震度7の大地震・・・しかし、あれは「前震」で、16日(土)午前1時25分ごろに熊本県などで発生したM7・3、震度6強の地震が本震だったという。

Images

地震の規模はマグニチュードで表される。マグニチュードが小さくても、地表近くで起これば揺れは激しく、深いところで起こればマグニチュードは大きくても震度は小さい場合もある。

今回の場合、益城町の「前震」のマグニチュードは6・5、16日の「本震」は7・3で、阪神大震災並みの規模だったという。

P_102

地震列島ニッポンは、東日本は太平洋プレートで西に押され、西日本はフィリピンプレートで北に押されている。

フォッサマグナ(糸魚川静岡構造線)とメディアンライン(中央構造線)がその境界になっている。

Image1

気象衛星からの画像を見るとその様子がよくわかる。3000mを超えるアルプスの山々はプレートがぶつかり合ってできた‟地球のしわ”であり、紀伊半島と大阪平野の境・・・生駒金剛山系から四国山脈も同様。私が登っている山々はその‟しわ”なのだ。

Cgaiwjrumaafeg

剣山から石鎚山へ続く‟しわ”は、九州のど真ん中を貫き、鹿児島県の川内原発の傍に至っている。

こんなところに原発を造り、大地震が起こっても原子炉を停止させないなんて、狂気の沙汰としか思えない(>_<)

地震と火山列島の上に伸びる日本列島。自然災害は無くすことはできないが、人間には処理できない放射能をまき散らす原発・・・これは人間の傲慢さが生み出したもの。『原発止めますか? 人間止めますか?』

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

♪ 咲いた 咲いた 赤白黄色・・・

Dsc04596_2

桜が終われば一気に春本番、百花繚乱の季節がやってきた。

Dsc04633

Dsc04609

チューリップ祭り開催中の万博公園は花盛り。

Dsc04605

色を選んで植えられた球根が咲きそろい、花のじゅうたんのようだ。

Dsc04619

Dsc04637

Dsc04641

 

Dsc04648

街角を彩るプランターもいいが、32種10万球がびっしりと植えられた広場はやはり圧巻。

Dsc04602

最近は、平日でもリタイヤ族が大挙してカメラ散歩・・・野外撮影会が行われていた。

Dsc04650

Dsc04653

こちらのモデルさんたちは、どんなに激写しても怒らないからねぇ~(^^;)

Dsc04659

もちろん私も素人なりに構図を考え、ぼかしたり接写したりと・・・

Dsc04710

Dsc04718

カメラ女子も本格的だ。レフ版まで繰り出して、『作品』作りに余念がない(*‘∀‘)

Dsc04734

チューリップだけじゃない。花の丘ではポピー祭りも同時開催。

Dsc04727

やわらかなパステルカラーの花がそよ風に揺られている。

Dsc04739

Dsc04752

芝生に寝転がって、のんびり眺めていたい雰囲気だ。

Dsc04757

EXPOCITYでお金を使うより、250円でたっぷり一日楽しめる自然文化園・・・この週末あたりいかがですか?

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

福島の旅アルバム② ‟安達太良山(あだたらやま)”

Dsc04069_2

‟日本百名山”の映像を見て、智恵子抄で『ほんとうの空』があるという安達太良山へ。残雪と眺望、温泉を楽しみ、猛烈な風の中、‟沼の平”の不気味な世界を覗き見・・・(写真はクリックで拡大)

Dsc04085

会津磐梯山(ばんだいさん)の東、福島県二本松市の登山口から登る。麓は雪も解け、フキノトウが顔を出し、スキー場は店じまい。

Dsc04093

陽光を浴びてダケカンバが輝いている。

Dsc04095

登るにつれて残雪が深くなり、アイゼンを付けてシャーベット状のルートを歩く。

Dsc04097

風は強いが晴れ時々曇り・・・遠くまで来た身にはありがたい天気(#^^#)

Dsc04108

雪解けが進み、木の根元はぽっかりと穴・・・踏み後を慎重にたどっていたのだが、突然身体がボソッと陥没・・・胸まで埋まってしまった(^^;)

Dsc04113

山全体がイオウの臭いに包まれ、8合目にある泉源から麓の温泉まで8kmに渡って‟引き湯”がされている。塩ビパイプなどなかった昔は、丸太をくりぬいて延々とつないだ・・・ってすごいよね(^^;)

Dsc04129

くろがね小屋を通り過ぎ、安達太良山山頂へ。

Dsc04144

森林限界を超えると、溶岩のガレ場・・・積雪が残る急斜面を慎重に踏み後を辿る。滑落したら大事だよね(^^;)

Dsc04152

Dsc04163

平地では見れないダイナミックな光景が広がる・・・これが登山のだいご味だ(#^^#)

Dsc04167

‟馬の背”と名付けられた細い尾根道・・・谷から吹きあがってくる強風に吹き飛ばされそうになる。砂塵が顔やカメラにぶつかって来て、一瞬も気を抜けない。

Dsc04182

ようやく山頂が見えてきた。

Dsc04193

ここが標高1699m、安達太良山の頂上だ。

Dsc04196

Dsc04201

360度さえぎる物のない眺望が広がる。

絶景なんだけど、風が強くてゆっくり楽しむ余裕はない(>_<)

Dsc04225

早々に引き返し、くろがね小屋へ。土曜日で満員の盛況ぶり。ほとんどがグループやペアでの登山で、そのにぎやかなこと(#^^#)

Dsc04245

泉源近くの小屋には温泉が付いている。イオウの臭いの薄黄色の湯に浸かってほっこり(#^^#)

これが朝食のメニュー・・・ご飯はお代わり自由で、三杯も食べる人もいた。

Dsc04248

山の朝は早い。7時にはほとんどのグループが出発。私も再び山頂への道を登る。

Dsc04249

昨日はゆっくり見れなかったが、これが‟沼の平”。周りとは全く別の不思議な世界。白いのは雪ではなくイオウが噴出したもの・・・噴火口なのだ。

Dsc04255

世界的な登山家田部井淳子さんが、中学生のころ初めて登ったのが安達太良山。その際に‟沼の平”の不思議な光景が強烈に印象に残った・・・と。登山家のルーツとなったわけだ。

写真では静かなイメージだが、実際には風速30mを超える砂塵混じりの強風を受けているので長居はできない。

Dsc04265_2

Dsc04212

下山ルートから見る安達太良山山頂・・・何かに似てるよね。そう‟乳首”。実際に地図にもそう書いてあるんだよ(#^^#)

Dsc04222

Dsc04276

Dsc04283

遥かに仰ぎ見る安達太良山系・・・雰囲気あるよねぇ~。

Dsc04287

二本松の生家から、智恵子が毎日見ていたのはこの空・・・‟ほんとうの空はこの上にあるという。

Dsc04304

空の青さは変わらないかもしれないけれど、放射能に汚染された空は、もう‟ほんとうの空”とはいえないよなぁ~(~_~;)

麓に降りると、雑木林の里山にはカタクリが妖精のような花を開いていた。

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

福島の旅アルバム① ‟三春の滝桜”

Dsc03897_2

「福島土産です」と、職場の同僚に菓子を配っていると、「ボランティアかいな」と。「いやぁ~遊びですよ(^^;)」とお恥ずかしい話。

スマホの写真よりは、少しは雰囲気を楽しんでいただければ嬉しいです。(クリックで拡大)

Dsc03908_2

「テレビで見たことあるわ~」と何人かは滝桜のことをご存じだった。

Dsc03911

Dsc03919

まだ五分咲きでこのボリュームだから、満開になればまさしく『滝が流れ落ちるよう』・・・というのも過言ではないのだろう。

Dsc03927

Dsc03938

のどかな里山の麓に、ポツンと一本だけ生えている紅枝垂れ桜。しかしその大きさ華やかさは尋常ではない。

Dsc03945

樹齢千年ともいわれ、既に江戸時代にはその名が轟いていたという。

三春は小さな城下町、殿様の命令で大事に守られてきたが、昭和に入ってからは地元の人々の懸命な努力が積み重ねられて今に至っている。

Dsc03946

Dsc03950

Dsc03970

Dsc03975

「歌右衛門の晩年の舞姿のようだ」とコメントをくれた友人も・・・確かに歌舞伎役者が‟大見得”を切っているようだよね(#^^#)

Dsc03976

Dsc03987

Dsc03989

Dsc03990

国の天然記念物に指定され、管理と手入れが行われているが、地元にとっては大切な観光資源、生育環境の悪化が心配になる・・・。

Dsc03994

Dsc03997

折しも桜まつりがオープンしたばかり。屋台や地元の人々の出店が並ぶ・・・もちろん滝桜に因んだグルメやスイーツばかり(#^^#)

Dsc04002

『滝桜』の苗を売っていた・・・欲しかったけど、ちょっとね(^^;)

Dsc04005

福島の春は遅い・・・滝桜の開花が引き金になったかのように、一斉に冬枯れの風景がフルカラーに色づく・・・命の芽生えの季節がやってきたようだ。

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

福島の旅 最終日は鶴ヶ城へ

Dsc04401

‟三春の滝桜”を見、‟安達太良山(あだたらやま)”に登った福島の旅、最終日は会津若松へ。

Dsc04380

NHK大河ドラマ‟八重の桜”の舞台となったところ・・・。

Dsc04362

「ならぬことはならぬ」・・・封建主義の精神がいまに残る。

Dsc04378_2

Dsc04410

会津の桜は丁度見ごろに・・・

Dsc04425

満開の桜が鶴ヶ城を彩っていた。

Dsc04436

最後の城主となった松平容保(かたもり)・・・滅びゆく幕府に最後まで忠誠を尽くした。

Dsc04437

新選組を取り込んで薩長に挑んだが・・・明治維新の巨大な津波に飲み込まれてしまった。

Dsc04438

取り壊される前の鶴ヶ城・・・おびただしい人々の犠牲と白虎隊の悲劇の舞台となった。

「勝てば官軍」に対する「ならぬものはならぬ」戦い・・・江戸や京都から遥かに離れた東北の田舎町。しかし厳しい環境の中で独自の歴史や文化をはぐくんできた。すぐ先には「米百俵」で有名な米沢藩がある。頑固な気質は今もひそかに息づいているのだろうか・・・。

Dsc04441

天守閣からは会津の町が一望の下。

Dsc04442

Dsc04447

 

大河ドラマ効果はまだ続いているようで平日でも満員の観光客。

Dsc04459

遥かに見えるのは磐梯山。

Dsc04467

時代劇の一場面みたいだよね(#^^#)

Dsc04475

Dsc04486

磐越線の車窓からは磐梯山がずうっーーと見えている。今度はあの山に登りたいな・・・と(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

安達太良山登山 二日目



安達太良山山頂近くのくろがね小屋、土曜日とあって満員。大きなダルマストーブを囲んでみなさん賑やかなこと(*^^*)


昨日、山頂の『乳首』には登ったのだが、風が強くて、噴火口の沼の平はよく見れなかった・・・もう一度見ようと再び山頂へ。




風は相変わらず物凄く強い。『馬ノ背』の手前から吹き付けてきて進むのもままならない…>_<… 身体を屈めて、岩を掴みながらなんとか尾根へ。
硫黄が噴出して、噴火口は灰色の世界・・・確かに現実とは思えない光景が広がっているのだが・・・ゆっくり見ている余裕はない。砂塵が顔に叩き付けてくる。カメラには写したがスマホを向けることは出来なかった…>_<…


山頂を目指すハイカーと交わすのは『風がすごいですね〜』のみ・・・>_<




安達太良山を時計と反対回りに周回して下山。


振り返ると安達太良山系が見える・・・素晴らしい眺めだ(*^^*)


智恵子抄に因んだ碑が建っている。「この上の空がほんとうの空です」と・・・智恵子が好きだった空の青さは変わらないかもしれないけれど、汚染された空はもう、『ほんとうの空』ではないよなぁ〜…>_<…

坂本 洋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

安達太良山(あだたらやま)登山 一日目



智恵子抄で、『本当の空』は安達太良山の上にあるとうたわれた山へ。


フキノトウが蕾を出し、妖精のようなカタクリが花開く登山道、残雪は深くぬかるんで歩きにくい(^_^;)
アイゼンを付け、踏み跡を慎重に辿る。


いきなりズボッと身体が沈む・・・雪の下が解けて空洞に…>_<…


登ること2時間でくろがね小屋へ。ダケカンバが陽光を浴びて輝いている。


前方に安達太良山系がそびえ立つ。天気がいいので、山頂まで往復することに。
残雪の急斜面を登り、『馬ノ背』と呼ばれる尾根へ。


北側の斜面からものすごい風が吹き上げてくる。かぜの道になっているわけだ…>_<…吹き飛ばされないよう身体を屈めて進む。
前方に安達太良山の山頂が見え、眼下には『沼の平』と呼ばれる溶岩河口・・・田部井淳子さんが、一度見て忘れられない光景と言った不気味な世界が広がっている。


山頂は何かに似てるよね〜そう、『乳首』・・・地図にもそう書いてあるんだよ(*^^*)


標高1699m、ここが頂上。360度のパノラマ眺望が広がっている・・・しかし、吹き飛ばされそうでゆっくり楽しんでいる余裕はない…>_<…



<!--image:13-->


<!--image:12-->

山小屋に戻り、温泉で解凍・・・これは有り難いよね(*^^*)

今日は下山して二本松に戻り、今夜は会津若松泊まり。天気がいいのが嬉しいね〜。

坂本洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

福島の旅 一日目は『三春の滝桜』



福島県郡山市の近く、三春町にある紅枝垂れ桜は国の天然記念物。樹齢1000年以上と推定されている巨木だ。
巨樹に惹かれる私としては是非とも見たいもの。


五分咲きということで、少し早いかな? と思ったが・・・いゃ〜凄かった(*^^*)



<!--image:10-->

エドヒガン系のベニシダレザクラで、満開になると白っぽくなってしまう。これくらいが見頃ですよと、タクシーの運転手さんが話してくれた。




見事な姿に圧倒されながら、夢中になって写真を撮りまくったが、いずれ帰ってからご紹介します。




平日ながらものすごい人出・・・土日は大変な混雑になることだろう(^_^;)
滝桜だけでなく、三春町には至る所にベニシダレザクラがある。みんな滝桜の娘、孫・・・小さな城下町で、江戸時代から守り育てられてきた賜物だ。
桜と歴史の趣きある町、ゆっくり一日過ごしたいなぁ〜(*^^*)

さて、今日は安達太良山へ。山小屋泊となるので、その様子は下山してからかな(#^.^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

‟ほんとうの空”を見に安達太良山へ

01cf1bade794cd610eed274714832ca1e_2

天気予報通りに、昨日は一日中強い雨・・・満開だった緑地の桜もすっかり散ってしまった。

016e3c9759110f5705112b09c535f25c564

花吹雪が木に張り付き、道はピンクのじゅうたんが敷かれたようだ。

Dsc_5376l

今日は、これから福島県の安達太良山(あだたらやま)へ。有名な高村光太郎の智恵子抄にうたわれた‟ほんとうの空”を見に行ってきます。(写真はネットから)

『日本百名山』の映像を見ていて、急に行ってみたくなった。

連れ合いはボランティアで何度も福島に通っているが、私のは全くの観光登山・・・うしろめたさを覚えながらですけれどね(^^;)

ネット環境が不明なので、毎日ブログも更新できないかもしれないけど、できれば綺麗な写真をお土産にしたいなと・・・。

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

エドヒガンの群落を見に妙見山へ

Dsc03724_2

桜といえばソメイヨシノだが、ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの交配種。

Dsc03694

妙見山には、エドヒガンの群落があるというので仕事の合間に見に出かけた。

Dsc03689

ケーブルからリフトに乗り換える中腹の谷間に、白とピンクの桜が点在している。

Dsc03705

パステル調のやわらかな色彩がなんとも心地よく、ポカポカ陽気の中、散策路は時間が止まったかのようだ。

Dsc03709

Dsc03716

白いのが大島桜、花と葉が同時に開く。

Dsc03720

Dsc03726

ピンクが江戸彼岸桜・・・彼岸のころに咲くのに因んだそうだ。

白とピンクを交配したのがソメイヨシノ・・・なるほどねぇ~(#^^#)

Dsc03727_2

少し小ぶりの薄紅色が、そよ風に揺れているのも‟いとをかし”だよなぁ~(#^^#)

Dsc03713

Dsc03721

Dsc03744

エドヒガンは明るい里山でないと育たない・・・ボランティアによる不断の世話が行われているという。

Dsc03734

一番の大木がこれ・・・なかなかのボリュームだ。

Dsc03748

ソメイヨシノと違って、山桜はどれも長寿・・・巨樹フェチの私にとっては堪らないなぁ~( ;∀;)

Dsc03773

麓の黒川地区の里山にもエドヒガンの群落がある。

Dsc03799

公園や川沿いの桜並木とはまた違った趣がある。オススメですよ(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

舞鶴‟赤煉瓦パーク”、雰囲気あるんだけれどねぇ・・・

Dsc03455_2

先日、国際環境NGOグリーンピースの‟虹の戦士号”に体験乗船しに舞鶴港に出かけた。舞鶴といえば‟赤煉瓦”倉庫群で有名。明治時代に、旧海軍の補給庫として建設された煉瓦造りの建物が数多く保存されている。

近年、耐震補強を施し、歴史遺産を観光資源として活用する取り組みが進められている。

Dsc03454

古びた赤煉瓦の建物は、長い時の風化を経てなんともいえない雰囲気を醸し出している。

Dsc03417

古い町並みが大好きな私、さっそく‟赤煉瓦パーク”を散策。

Dsc03419

Dsc03426

古びた外観とは反対に、内部は綺麗に整備されていてレトロ感たっぷり・・・「オッシャレ!」となることだろう(#^^#)

Dsc03420

観光シーズンには早いのか、日曜日でも訪れている人はまばら・・・仮設のカフェが営業しているだけだった。

Dsc03436

イベントホールや結婚式、バザールなど多彩な催しの会場として利活用されているという。

Dsc03437

Dsc03449

土産物売り場には赤煉瓦に因んだ商品が並ぶが、「海軍カレー」、「東郷平八郎」がらみのグッズばかり・・・ちょっと引いてしまうなぁ~(>_<)

Dsc03442

「赤と青」・・・煉瓦と海がテーマカラーだという舞鶴は、風光明美な日本海に開けた港町。

Dsc03401

海鮮市場では新鮮な魚介類をその場で焼いて提供するとあって、こちらはすごい人気。

Dsc03408

昔海軍、いま自衛隊・・・すぐそばには海上自衛隊の基地があり、大きな「軍艦」が停泊している。

赤煉瓦パークの広い駐車場に車を止めた人々が、向かうのはほとんどが基地見学・・・自衛隊関係者だけでなく、「市民に愛される自衛隊」は着実に定着しているのだ・・・。

なんとなくすっきりしないまま、軍関連でない数少ない土産物の中から、「天橋立オイルサーディン」を購入。これはなかなかいけるんだよ(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

雨上がりの桜ってしっとりといいなぁ~(^-^)

Dsc03503_2

あっという間に満開になった今年の桜、しかし昨日はあいにくの雨・・・「雨上がりの桜っていいですよ!」とカメラカフェのお兄さんの言葉を思い出し、近隣の桜を見に行った。

Dsc03506

「青空とピンクはベストマッチ・・・曇り空はなるべく写さず美しいところだけを切り取る。」というのがプロのアドバイス。

Dsc03512

カメラならではの‟ボケの世界”を楽しもうというわけだが、ピント合わせが難しい(^-^;

Dsc03516

北千里の桜並木・・・近年はかっての華やかさがない。ところどころ、新しい木に植え替えている。

Dsc03537

雨が止んだら風が出てきて、花吹雪に。

Dsc03539

え! クリオネ?

Dsc03541

フロントグラスが水族館になった(#^^#)

Dsc03552

千里側沿いの桜も満開。

Dsc03554

このところの陽気で若葉の芽生えも急ピッチ。

Dsc03564

Dsc03565

Dsc03569

対岸の菜の花も満開だ。

Dsc03575

Dsc03579

曇り空ならではのしっとり感を写そうというのだが・・・難しいねぇ~(^-^;

Dsc03585

春休み中で子どもたちも元気に遊んでいる。入学式まで桜が残っているかな?

Dsc03587

Dsc03593

 

Dsc03608

有名な桜の名所もいいけれど、ご近所の桜も結構なものでしょ(#^^#)

Dsc03632

Dsc03654

暖かいのがありがたいよね。

木曜日には‟花散らしの雨”だそうだ。今年の桜もあとわずか・・・せいぜい楽しもう。

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

GREENPEACEの‟虹の戦士号”に体験乗船 (#^^#)

Dsc03325

「グリーンピースって?」 「捕鯨船に体当たりして抗議してる団体!」・・・それはシーシェパードというグリーンピースを辞めさせられた人が作った別の団体。GREENPEACEは、非暴力で緑と平和を訴える国際環境NGO。

彼らのヨット「‟虹の戦士号”に乗ってみませんか?」 という呼びかけに応募して舞鶴港へ。

Dsc03326

岸壁は立ち入り制限区域で、予め登録した人しか入れない。テロ対策警戒中と物々しい看板が目立つ。

Dsc03456

ヨットといってもすごくデカい! マストの高さは50mもあるそうだ。

Dsc03459_2

Dsc03338

案内の女性スタッフが、記念に写真を写してくれた (#^^#)

Dsc03340

世界中の海で活躍する船だけに、訪れた無数の地域のステッカーが貼ってある。もちろん観光ではなく、環境破壊の現場を世界に知らせるためだ。

Dsc03342

この船は三代目だそうで、他に2艇あるという。

Dsc03350

ヘリポートもあり、空からの観察にも対応・・・クルーは16名で女性も非常に多いと。

現在、日本人クルーは居ない・・・グリーンピースの船に乗っていたというと就職に差し支えると・・・(>_<)

Dsc03353

活動を支えるボートや道具がたくさん積み込まれているが、みんなロープでしっかりと固定されている。

Dsc03363

「サカモトさーん」という声、見上げると豊中の女性活動家のOさん! こんなところで会うとはねぇ~とお互いビックリ( ;∀;)

Dsc03367

Dsc03369

多岐に渡る活動を説明・・・強いインパクトを与える映像や、キャッチコピーに工夫があるのが特徴だ。世界中の、専門家や優秀な活動家が幅広く支えていることの表れだ。

Dsc03371

いま力を入れているのがミツバチを殺すネオニコチノイドという農薬問題・・・住友化学が作っているんだよ(>_<)

Dsc03373

ZARAという若者に人気のファストファッション・・・染料に有害な物質が含まれていることをアピール。改善の方向に向かっているようだ。

Dsc03393

4月からの電力自由化・・・電力会社をスイッチしよう! Oさんも私も『IーSWITCH!』

Dsc03389

Dsc03466

Dsc03468

虹の戦士号は、辺野古を訪れ、福島沖の海底で放射能汚染の調査をし、次は韓国に向かうという。

Dsc03461

何もできないけれど、せめてサポーターになろうと・・・。

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

京都で桜三昧

Dsc02905_2

一気に満開となった今年の桜・・・この日しかないと、京都に出かけた。

Dsc02906

観光シーズン・満開の桜・土曜日・晴れ・・・これだけそろえば、桜より人ごみを見に行くようなものだけどねぇ~ (^^;)

Dsc02919

まずお目当ては円山公園の枝垂れ桜。

Dsc02928

7分咲きくらいだけれど、見事なものだ(#^^#)

Dsc02936

朝の8時過ぎなのに、早くも見物客でいっぱい。

Dsc02941

広い公園は花見の場所取りのござがびっしりと敷かれている。ライトアップされた桜の下で大いに盛り上がることだろう。暖かいのがいいよね(#^^#)

Dsc02968

知恩院では巨大な三門越しの桜を楽しむ。

Dsc02976

Dsc02993

古刹で見る桜は特別美しいように思う。

Dsc03024

蹴上(けあげ)まで上って行くと、インクライン(傾斜鉄道)は桜で埋まっていた。

Dsc03041

ものすごい観光客が、廃線の両脇に植えられた満開の桜を楽しんでいた。

Dsc03051

あちこちでいろんな外国語が飛び交っているが、みなさん笑顔でカメラの前でハイポーズ(#^^#)

Dsc03076

疎水沿いに歩いて南禅寺へ。

Dsc03085

Dsc03087

このあたりから、桜よりも観光客を写すのが面白くなってきた。

Dsc03119

京都はどこを歩いても絵になる町・・・風景も街並みも人々も・・・。

Dsc03122

日本の伝統衣装も、この町では浮くことはない。最近は外国人女性に和装が人気だそうだ。

Dsc03135

桜三昧の最後は哲学の道へ。

Dsc03187

満開の桜の下の観光客も満開・・・同じ人ごみでも、都心と違ってみなさんどこか穏やかだ(#^^#)

Dsc03211

一日歩いてさすがに疲れたが、帰る前にぽんぽこ食堂に寄って生ビールでホッと一息。ううーーーーん最高やね(#^^#)

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

映画『わたしの自由について ~SEALDs 2015~』の試写会

20160226044926popopo_2

「映画『わたしの自由について ~SEALDs 2015~』の試写会があるから来ない?」と友人からのお誘い。

大阪の十三で、‟第七藝術劇場”という独立系シアターを主宰する女性が、マスコミ向けに開く試写会・・・私のような素人が? と戸惑うが、SEALDsの映画ってぜひ観たいよネ(^^;)

Aml_main_small700x466

雨が降りしきる国会前、「安保法制絶対反対!」、「集団的自衛権は要らない!」、「アベは辞めろ!」・・・まだ数少ない学生たちの金曜抗議行動。

News_xlarge_about_my_liberty2016033

やがて潮目が変わり、路上でのスピーチやデモは大きなうねりとなって盛り上がりを見せるように・・・。

Ecd9d19040f7c08ced6419e90022cac2

2015年8月30日(日)、SEALDsと総がかり行動がジョイントした抗議集会には、12万人が国会前に集まり、歩道が決壊して車道が市民で埋まってしまった・・・その歴史的瞬間に、私もその場にいたのだ(#^^#)

C66c6246

SEALDsの中心メンバー、奥田愛基君と牛田悦正君、そして柴田万奈さんを縦糸に、精力的に現場を撮り続けたドキュメント・・・西原孝至監督(33歳)は、当初から映画を撮るために密着取材していたのはすごいよね。

News_xlarge_about_my_liberty20160_2

SEALDsKANSAIの追っかけをしている私にとって、路上での映像は見ているだけでウルウル・・・(>_<) ハンカチではなくタオルが要るなぁ~。

興味深かったのは舞台裏・・・若者たちが、試行錯誤しながらデモや街頭宣伝を企画していく様子が丹念に描かれている。べ平連を思い出すが、私たちと決定的に違うのはセンスの良さと表現力の豊かさ・・・実におしゃれでカッコいいのだ(#^^#)

Ceovslcxeaaxbfq

2015年9月19日未明・・・憲法違反の「安保法案」が強行可決され成立、2016年3月29日には施行されてしまった。

70年続いた「戦争をしない国ニッポン」というナショナルブランドは、安倍政権によって溝に捨てられてしまった・・・しかし、「不思議なほど挫折感はないんですよね。」と奥田君。

「後30年後、ぼくたちの次の世代と一緒に、『100年間戦争しない国で要られたね』って言いましょうよ!」 と。

映画『わたしの自由について ~SEALDs 2015~』
西原孝至監督・撮影・編集 

2016年5月14日(土)より全国公開

大阪では、‟第七藝術劇場”で上映!

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

万博公園は、桜より先に人で満開に

Dsc02707_2

そろそろ見ごろを迎える桜、しかし週末は天気が悪そうなので、仕事の合間にまず万博公園へ。

Dsc02715

全体としてはまだ3分咲き程度だが、ポカポカ陽気の春休みとあって、人出の方は早満開。

Dsc02716

Dsc02729

春霞とソメイヨシノが混ざり合って、あたり一面がぼんやりと・・・のんびりムードが心地よい(#^^#)

Dsc02719

Dsc02742

子ども連れのファミリーも多いが、若いカップル、さらにはデイサービスのお花見に外国人観光客・・・桜の下でお弁当は最高だろう。

Dsc02745

折しも、全国陶器市が開催中。

Dsc02768

掘り出し物を探すおじさんに交じって、若い女性も結構多い。

こういうのが大好きな私、美濃焼の‟訳あり品”を買ってしまった(^-^;

Dsc02784

大道芸のお姉さん、見物客を乗せようと懸命のパフォーマンス・・・静かなブームだよねぇ~。

Dsc02810

Dsc02814

花見の様子をウオッチングした後は、桜の撮影に集中・・・。

Dsc02823

曇り空がひと時晴れて、青空が広がった。

Dsc02843

カメラカフェで教わったように、「切り取りたいポイント」を探す。

Dsc02857

Dsc02861

太陽の塔の裏側が雰囲気あるんだけど、桜が満開でないのが少し残念(^-^;

Dsc02865

Dsc02867

Dsc02868

結局、いつものように数多くシャッターを押すだけに終わってしまった・・・難しいもんだ。

Img_4928

こちらはI-Phonに魚眼レンズを付けて・・・

Img_4942

これなんかなかなか面白いでしょ(^-^;

坂本 洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »