« 我が家の菜の花畑もお終い | トップページ | 出来立てのビールが無料で飲めてつまみまで・・・アサヒビールの工場見学 »

2016年4月23日 (土)

百里ケ岳(ひゃくりがたけ)は霧の中

Dsc05044_2

滋賀と福井の県境にある百里ケ岳・・・百里四方が見渡せるところから名付けられたというが、生憎の天気で霧の中。

Dsc05021

Dsc05031

小雨が煙る尾根道、広葉樹の新緑が芽生え始めている。

Dsc05035

ブナの巨木があちこちにそそり立っている・・・霧の中も神秘的でいいなぁ~(#^^#)

Dsc05038

しっとりとした空気に包まれた登山道、シジュウカラやウグイスのさえずりを聞きながら登る。

Dsc05022

イワカガミが可憐な花を咲かせていた。

Dsc05082

こちらはイワウチワ・・・清楚な美しい花だ。

Dsc05054

コブシはほとんど終わりで、白い花びらを散らしていた。

Dsc05058

Dsc05059

霧の中に樹木のアートを探す。

Dsc05061

これも雰囲気あるでしょ(#^^#)

Dsc05065

最後の急坂を登ると・・・百里ケ岳山頂に。

Dsc05069

標高931mは霧の中・・・眺望は諦めて、久しぶりにアルコールストーブでお湯を沸かし、おにぎりとスープでゆっくりとランチタイム。

Dsc05098_2

Dsc05079

下山ルートは‟鯖街道”へ。その昔、若狭から京都へ塩鯖を運んだ街道という。

Dsc05097

Dsc05108

降りたところは朽木(くつき)村。

Dsc05110

北山杉が真っ直ぐに天に伸びている。

Dsc05114

奥深い山里にはまだ桜が残っていた。

Dsc05117

ソメイヨシノより花びらが大きい・・・たった一本で見事な花の森をつくっている。

Dsc05135

霧の原生林と遅い春を迎えるひなびた村・・・いやぁ~なかなか良かったなぁ~(#^^#)

坂本 洋

|

« 我が家の菜の花畑もお終い | トップページ | 出来立てのビールが無料で飲めてつまみまで・・・アサヒビールの工場見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63523955

この記事へのトラックバック一覧です: 百里ケ岳(ひゃくりがたけ)は霧の中:

« 我が家の菜の花畑もお終い | トップページ | 出来立てのビールが無料で飲めてつまみまで・・・アサヒビールの工場見学 »