« 福島の旅 一日目は『三春の滝桜』 | トップページ | 安達太良山登山 二日目 »

2016年4月10日 (日)

安達太良山(あだたらやま)登山 一日目



智恵子抄で、『本当の空』は安達太良山の上にあるとうたわれた山へ。


フキノトウが蕾を出し、妖精のようなカタクリが花開く登山道、残雪は深くぬかるんで歩きにくい(^_^;)
アイゼンを付け、踏み跡を慎重に辿る。


いきなりズボッと身体が沈む・・・雪の下が解けて空洞に…>_<…


登ること2時間でくろがね小屋へ。ダケカンバが陽光を浴びて輝いている。


前方に安達太良山系がそびえ立つ。天気がいいので、山頂まで往復することに。
残雪の急斜面を登り、『馬ノ背』と呼ばれる尾根へ。


北側の斜面からものすごい風が吹き上げてくる。かぜの道になっているわけだ…>_<…吹き飛ばされないよう身体を屈めて進む。
前方に安達太良山の山頂が見え、眼下には『沼の平』と呼ばれる溶岩河口・・・田部井淳子さんが、一度見て忘れられない光景と言った不気味な世界が広がっている。


山頂は何かに似てるよね〜そう、『乳首』・・・地図にもそう書いてあるんだよ(*^^*)


標高1699m、ここが頂上。360度のパノラマ眺望が広がっている・・・しかし、吹き飛ばされそうでゆっくり楽しんでいる余裕はない…>_<…



<!--image:13-->


<!--image:12-->

山小屋に戻り、温泉で解凍・・・これは有り難いよね(*^^*)

今日は下山して二本松に戻り、今夜は会津若松泊まり。天気がいいのが嬉しいね〜。

坂本洋

|

« 福島の旅 一日目は『三春の滝桜』 | トップページ | 安達太良山登山 二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63464385

この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山(あだたらやま)登山 一日目:

« 福島の旅 一日目は『三春の滝桜』 | トップページ | 安達太良山登山 二日目 »