« 東京選挙区の三宅洋平は、全国の野党共闘を元気づける! | トップページ | 三宅洋平の選挙フェスに参加 »

2016年6月24日 (金)

せっかく実現した18歳選挙権、しかし若者の関心は低い・・・

Tumblr_inline_njenevlzys1tn21we_2

先進国の中で唯一選挙権が20歳からだった日本も、ようやくこのたび18歳まで引き下げられたが、若者の関心は低いままのようだ。

150924_nendaibetsu_touhyouritsu

政治家は自分に投票してくれる有権者の方を見る・・・当たり前のことだ。高齢者は「先生 先生」とおだててくれるし「票になる」。一方若者は? そもそも政治に関心が低く、投票率も低い・・・これでは政治家は相手にしてくれないわなぁ~(>_<)

「うちの息子、今度から選挙権ができて、投票に行くそうです」・・・職場のお姉さんが話してくれた。「奨学金のこと、考えてくれる候補や政党に投票するといってます」

「奨学金といいいながら、実際は教育ローンやからねぇ~。山本太郎が『国が武富士やってるってことだよ!』と国会で追及してたけど・・・せめて利子は取らずに、返済が楽になるようにせんとアカンわなぁ~」と。

「待機児童問題でも、『保育所落ちた。日本死ね!』という過激な書き込みがあってようやく取り組みが始まるようやけど、声を上げんとねぇ~」とも。

安倍さんや麻生さんなんて、奨学金も保育所も別世界の話、1%の富裕層に期待したっておこぼれも落ちてこない。ましてや投票にも行かないのでは、舐められてもしかたないわなぁ~ (>_<)

持たざるものが富裕層を熱心に、あるいは無関心で結果的に応援する。99%の圧倒的多数派が、本来持っているパワーを富裕層のために惜しげもなく差し出す・・・このグロテスクな構図が情けなくも悲しい。

「分断して統治する」というのが権力者の常道。多数派は相変わらず足の引っ張り合いに執念を燃やす・・・「○○だけは絶対に許せない!」と。

大局を見れず、本来敵対すべきではない同志がいがみ合っている限り、安倍政権は安泰だ・・・改憲派が2/3を超える78議席を伺う勢いだという。本当にこれでいいの?

坂本 洋

|

« 東京選挙区の三宅洋平は、全国の野党共闘を元気づける! | トップページ | 三宅洋平の選挙フェスに参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63821751

この記事へのトラックバック一覧です: せっかく実現した18歳選挙権、しかし若者の関心は低い・・・:

« 東京選挙区の三宅洋平は、全国の野党共闘を元気づける! | トップページ | 三宅洋平の選挙フェスに参加 »