« 小豆島アート散歩 写真日記 | トップページ | なぜこのような悲惨な事件が起きてしまったのか・・・ »

2016年7月26日 (火)

AR(拡張現実)に夢中になる若者たち・・・悲しい世の中やね(>_<)

Pokemon_2

‟ポケモンGO”というスマホアプリが世界中を席巻している。先行して提供されたアメリカに次いで日本でもダウンロードが始まり、たちまちものすごいブームを引き起こしている。

昨日、帰宅途中の緑地では、行き交う若者のほとんどがスマホをかざし、ゲームに興じていた。中には自転車に乗りながらのヤツも・・・(>_<)

Images

VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の機能をスマホに持たせたということで、屋外でゲームを楽しむわけだから、当然現実社会と摩擦を起こす・・・歩きスマホどころではなく、夢中になる余り既に衝突・追突・転落など事故が多発しているが、こちらは仮想ではなく現実だ。

開発担当者が、「ポケモンGOで屋外で遊ぶ子どもが増えて欲しい」といっていたのには笑ろたwww・・・(>_<)

今回の騒動を見て、三浦朱門・元文化庁長官の発言を思い出した・・・斎藤貴男氏のインタビューの中で、「「できん者はできんままで結構。できる者を限りなく伸ばすことに労力を振り向ける。やがて彼らが国を引っ張っていく。非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいい。それが『ゆとり教育』の本当の目的。エリート教育とは言いにくい時代だから、回りくどく言っただけの話だ」・・・

できん者はゲームにでも熱中しとけ・・・というわけだ(>_<)

ちなみに「お前は」って? 当然ダウンロードしたよ(^^;) 後学のためにね。

しかし、山や自然や美術の素晴らしさに夢中の私には、拡張現実の世界は要らんわなぁ~(#^^#)

坂本 洋

|

« 小豆島アート散歩 写真日記 | トップページ | なぜこのような悲惨な事件が起きてしまったのか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63967697

この記事へのトラックバック一覧です: AR(拡張現実)に夢中になる若者たち・・・悲しい世の中やね(>_<):

« 小豆島アート散歩 写真日記 | トップページ | なぜこのような悲惨な事件が起きてしまったのか・・・ »