« マダニに咬まれた その後は? | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2016へ »

2016年7月21日 (木)

自転車通行ゾーンの表示が統一

As20160720000251_comml_2

自転車レーンの路面標示が統一されることになった。既に豊中市内では設置が進められているが、全国統一規格が決められたわけだ。

A34

青と白のペイントで矢羽マークもついて、くっきりと自転車優先レーンであることが分かる・・・これでサイクリストにとっては非常に走りやすく、安全性も増すことになる。(車はレーンに違法駐車しないでね)

Cimg5137

本来道交法では自転車は軽車両、車道の左端を通行することが義務付けられている(ってご存知でした?)

しかし、高度成長時代、増え続ける車社会に対応するために歩道に上げられた自転車・・・狭い歩道で人も自転車も我慢させられ続けてきたわけだ。
しかし高齢社会となり、今度は歩道で歩行者と自転車の事故が急増・・・ようやく当局も自転車を車道に戻すことを決断した。
既に、「自転車ツーキニスト」と呼ばれるスポーツ自転車愛好家の間では、ヘルメットをかぶり、颯爽と車道通行を実践する人たちが現れていた。
私もその仲間入りしたのだが、7年ほど前は車の嫌がらせに日々悩まされたもの・・・警笛を鳴らし、邪魔だといわんばかりに追い抜いて行く車、中にはわざと幅寄せしてくる車まで(>_<)

I320

さすがに最近は「自転車は車道の左端通行」が認知されるようになってきたが、今回の自転車レーンで更に棲み分けが進むことを期待したい。

ただ新たな課題も・・・電動アシスト自転車は、親子三人乗りでもふらつかないというメリットはあるが、スピードを出したまま歩道をぶっ飛ばす若い子育て世代と高齢者の衝突事故の急増を招く。
さらにスマホ片手の若者は、車道ではなく歩道を逆走してくるから危なくてしょうがない。
大人になってからでは遅い。小中学校で自転車の安全教育の徹底を望みたい。「自転車事故で自己破産」は他人事ではないのだ。
坂本 洋

|

« マダニに咬まれた その後は? | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2016へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134196/63944497

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車通行ゾーンの表示が統一:

« マダニに咬まれた その後は? | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2016へ »